2011年3月

新刊・近刊情報

2011年3月の新刊・近刊情報

江國香織『いちねんせいになったあなたへ』

江國香織『いちねんせいになったあなたへ』

2011年03月01日 小学館 1260円 ISBN-10:4097264400

2009年4月号から2011年3月号まで「小学一年生」に連載された「一年生の詩」を単行本化。江國香織さんの繊細で深みのある詩と、井口真吾さんのポップでインパクトのある絵が奇跡のコラボレーション!

井沢元彦『戦国の古戦場を歩く』

井沢元彦『戦国の古戦場を歩く』

2011年03月01日 祥伝社新書 819円 ISBN-10:4396112327

名高い戦い、知る人ぞ知る戦い、それぞれにドラマがあり、いにしえの合戦を偲ぶには絶好の場所――それが古戦場。本書は東北から九州まで、30の古戦場を歴史推理の第一人者・井沢元彦氏がピックアップした、歴史好きを満足させる好ガイドです。合戦の様子、勝者と敗者、こぼれ話などを記述し、地図・周辺案内・写真などを付けて戦国合戦を浮き彫りに!

東野圭吾『麒麟の翼』

東野圭吾『麒麟の翼』

2011年03月03日 講談社 1680円 ISBN-10:4062168065

東野圭吾作家生活25周年特別刊行、第1弾ここから夢に羽ばたいていく、はずだった。大切な人を守りたい、それだけだった。誰も信じなくても、自分だけは信じよう――加賀シリーズ最高傑作、書き下ろし!

泉麻人『東京考現学図鑑』

泉麻人『東京考現学図鑑』

2011年03月09日 学習研究社 1995円 ISBN-10:4054046266

今氏や吉田氏が残した膨大なスケッチ(工学院大学図書館・管理者・著作権継承者全面協力)から東京の今昔を知る。また、スケッチ集としても、どこから読んでも面白く、ツボにはまる人にははまる、今&吉田ワールド!

伊藤比呂美『女の絶望』

伊藤比呂美『女の絶望』

2011年03月10日 光文社文庫 560円 ISBN-10:4334749291

伊藤比呂美『女の絶望』発売情報。

村上春樹『パン屋再襲撃 新装版』

村上春樹『パン屋再襲撃 新装版』

レビューあり、レビューコーナーへ

2011年03月10日 文春文庫 520円 ISBN-10:4167502119

深海のイメージによせて描かれる6つの佳品
妻は断言した、「もう一度パン屋を襲うのよ」彼にかけられた呪いを解くための企みはいかに!? 村上ワールド全開の初期の傑作短篇集

糸井重里『あたまのなかにある公園。』

糸井重里『あたまのなかにある公園。』

2011年3月11日 東京糸井重里事務所 1470円 ISBN-10:490251639X

糸井重里が、ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」に書いた、
1年分の「今日のダーリン」と
「ダーリンコラム」から、
心にのこることばを厳選して、まとめた本です。

糸井重里『ともだちがやって来た。』

糸井重里『ともだちがやって来た。』

2011年03月11日 東京糸井重里事務所 1470円 ISBN-10:4902516381

この『ともだちがやって来た。』は
糸井重里がウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」にて
2008年1月1日~12月31日のあいだに書いた
原稿のなかから、こころに残ることばを集めて編んだ本です。

橋本治『勉強ができなくても恥ずかしくない』

橋本治『勉強ができなくても恥ずかしくない』

2011年03月11日 ちくま文庫 798円 ISBN-10:4480428062

学校の中で、自分の役割を見つける事に最大の喜びを感じるケンタくん。小学校入学から大学受験まで、教育の本質を深く考えさせられる自伝的小説。

池上永一『統ばる島』

池上永一『統ばる島』

2011年03月11日 ポプラ社 1575円 ISBN-10:4591123928

八重山諸島の8つの島々を舞台に紡がれる物語はすべて織り合わさり大きな感動を呼ぶ。物語を味わう喜びが存分に感じられる傑作。

糸井重里『小さいことばを歌う場所』

糸井重里『小さいことばを歌う場所』

2011年03月11日 東京糸井重里事務所 1365円 ISBN-10:4902516365

糸井重里『小さいことばを歌う場所』発売情報。

糸井重里『思い出したら、思い出になった。』

糸井重里『思い出したら、思い出になった。』

2011年03月11日 東京糸井重里事務所 1470円 ISBN-10:4902516373

糸井重里『思い出したら、思い出になった。』発売情報。

糸井重里『羊どろぼう。』

糸井重里『羊どろぼう。』

2011年03月11日 東京糸井重里事務所 1470円 ISBN-10:4902516411

糸井重里『羊どろぼう。』発売情報。

宮本輝『三十光年の星たち 上』

宮本輝『三十光年の星たち 上』

2011年03月12日 毎日新聞社 1575円 ISBN-10:4620107670

恋人と職を失った三十歳の坪木は金貸しの老人の運転手として雇われ、借金取り立ての旅に出る。かくして二人の奇妙な旅が始まった。

宮本輝『三十光年の星たち 下』

宮本輝『三十光年の星たち 下』

2011年03月12日 毎日新聞社 1575円 ISBN-10:4620107689

老人との旅で坪木は多くの人生に触れ交流を深めていく。ある日老人から料理店の開店を任せたいと言われるが・・希望あふれる長編小説。

穂村弘『短歌ください』

穂村弘『短歌ください』

レビューあり、レビューコーナーへ

2011年03月18日 メディアファクトリー 1470円 ISBN-10:4840138648

ルールは五・七・五・七・七だけ。本の情報誌『ダ・ヴィンチ』の短歌投稿コーナー「短歌ください」に寄せられた短歌から、人気歌人・穂村弘が傑作を選出。鮮やかな講評が、短歌それぞれの魅力をいっそう際立たせます。

花村萬月『裂』

花村萬月『裂』

2011年03月18日 講談社 1680円 ISBN-10:4062168057

「小説を書くことしか取り柄がないくせに」 編集者の羽田御名子に、小説家志望の安良川王爾から持ち込まれた原稿〈裂〉。登場人物には御名子の名が使われ、穢されていた。二人は小説を作りあげられるのか。

中原昌也『死んでも何も残さない―中原昌也 自伝―』

中原昌也『死んでも何も残さない―中原昌也 自伝―』

レビューあり、レビューコーナーへ

2011年03月18日 新潮社 1470円 ISBN-10:4104472034

こんな四十にだけはなりたくなかった! 21世紀の『人間失格』が今、降臨する。青山に生まれ育ち、「暴力温泉芸者」の名で世界デビュー。文学賞三つも貰ったけれど、ホームレス寸前。もはや生きる伝説となった最後の無頼派作家/ミュージシャンの魂の軌跡全告白。

小川洋子『科学の扉をノックする』

小川洋子『科学の扉をノックする』

2011年03月18日 集英社文庫 480円 ISBN-10:4087466744

本当は面白い科学の世界へご一緒に!
小柴昌俊氏推薦。「この本は科学の面白さを伝える著者の小川洋子さんが科学の世界を時には驚きながらこころから楽しんで書いている点ですぐれた科学への入り口になっています。」

山田詠美『ライ麦畑で熱血ポンちゃん』

山田詠美『ライ麦畑で熱血ポンちゃん』

2011年03月22日 新潮社 1260円 ISBN-10:4103668148

世の中はこんなにも愛おしく愚かな人々に満ちている! なんて、私こそ愚行の女王? いや、ハモニカ愚連隊だ! 美味しいもの、酒、読書、ドラマ、アイドル、恋......。興味は尽きず、歯に衣着せぬ毒舌爽やか。ポンちゃん今日も絶好調。人気エッセイ最新刊!

吉田修一『静かな爆弾』

吉田修一『静かな爆弾』

レビューあり、レビューコーナーへ

2011年03月23日 中公文庫 480円 ISBN-10:4122054516

テレビ局に勤める早川俊平はある日公園で耳の不自由な女性と出会う。音のない世界で暮らす彼女に恋をする俊平だが。恋愛小説の新境地を切り開く意欲作。

笙野頼子『人の道御三神といろはにブロガーズ』

笙野頼子『人の道御三神といろはにブロガーズ』

2011年03月23日 河出書房新社 2100円 ISBN-10:4309020321

昔、国と名前を奪われ来歴を消された三人の女神がいた そんな神々の知られざる歴史を紹介するネット内神社「人の道御神宮」とは? 書き下ろし「楽しい!? 論争福袋」を収録。

角田光代『よなかの散歩』

角田光代『よなかの散歩』

2011年03月25日 オレンジページ 1300円 ISBN-10:4873037506

雑誌『オレンジページ』で連載中の人気エッセイが、待望の単行本化!
大好きな食べ物や料理の話、新しい家族への愛、旅行への熱い思い......などなど。
日々のことを、やわらかで、軽やかな視点で見つめたエッセイ集。

乙一『箱庭図書館』

乙一『箱庭図書館』

2011年03月25日 集英社 1365円 ISBN-10:4087713865

『ZOO』『失はれる物語』に続く待望の作品集!
コンビニ強盗との奇妙な共同作業。暗くてイタい文芸部員男女の不器用なやりとり。お正月に降った雪がもたらす不思議な出会い。読者を魅了する、6篇収録の最新作。

中上健次『軽蔑』

中上健次『軽蔑』

レビューあり、レビューコーナーへ

2011年03月25日 角川文庫 780円 ISBN-10:4041456126

死を賭して女を守る。壮絶な現代版ロミオとジュリエット、映画化!
新宿歌舞伎町のポールダンスバーの踊り子、真知子と、名家の一人息子として生まれながら、上京しヒモになっていたカズ。熱烈に惹かれ合った二人は、故郷に帰って新しい生活を始めるが。

よしもとばなな『もりだくさんすぎ―yoshimotobanana.com 2010―』

よしもとばなな『もりだくさんすぎ―yoshimotobanana.com 2010―』

2011年03月28日 新潮文庫 580円 ISBN-10:4101359385

いい仕事をしよう。大好きな人たちが幸せである姿に力をもらいながら。旅をした。つらい治療にも通った。楽しいことと同じくらい、悲しい知らせも次々とどいた、もりだくさんすぎな一年。そして、みんなで準備した下北沢フリマでは、噂を聞きつけた人たちがいっぱい集まり......。読者の皆さんと感動をわけあったイベントをふり返る特別エッセイも収録、感謝山盛りの日記+Q&A。

沢木耕太郎『あなたがいる場所』

沢木耕太郎『あなたがいる場所』

2011年03月30日 新潮社 1365円 ISBN-10:4103275146

呼び覚まされるのは、あの日の記憶――理不尽なイジメにあう少年が、川辺で下す決断。突然娘を失くした父親が断ち切った、ある想い。バスを降りたその町で、人々は傷つき憂え、そして静かに痛みを超える。九つの物語を収録した、著者初めての短編小説集。

このページへのコメント