2011年10月

新刊・近刊情報

2011年10月の新刊・近刊情報

椎名誠『わしらは怪しい雑魚釣り隊 エピソード3 マグロなんかが釣れちゃった篇』

椎名誠『わしらは怪しい雑魚釣り隊 エピソード3 マグロなんかが釣れちゃった篇』

レビューあり、レビューコーナーへ

2011年10月03日 マガジン・マガジン 1400円 ISBN-10:4864449805

椎名誠『わしらは怪しい雑魚釣り隊 エピソード3 マグロなんかが釣れちゃった篇』発売情報。

長嶋有『いろんな気持ちが本当の気持ち』

長嶋有『いろんな気持ちが本当の気持ち』

2011年10月06日 ちくま文庫 693円 ISBN-10:4480428860

何を見ても何をしてもいろいろ考えてしまう。生活も仕事も家族も友情も遊びも、すべて。初エッセイ集が新原稿を加えついに文庫化。

伊藤比呂美/斎藤学/渡辺ペコ『あかるく拒食 ゲンキに過食 リターンズ』

伊藤比呂美/斎藤学/渡辺ペコ『あかるく拒食 ゲンキに過食 リターンズ』

2011年10月06日 平凡社 1470円 ISBN-10:4582513255

「摂食障害」に悩む若者たちのインタビューを中心にして、詩人と精神科医がその原因と意味について対話する──本人と親と医師の三つの視点で、次へのステップを示す快著!

阿川佐和子/角田光代/重松清ほか『あなたに、大切な香りの記憶はありますか?』

阿川佐和子/角田光代/重松清ほか『あなたに、大切な香りの記憶はありますか?』

2011年10月07日 文春文庫 560円 ISBN-10:4167801566

忘れられない"香り"がありますか?
人間の記憶の中で"香り"は一番忘れがたいものとされている。遠いあの日を思い出す、8人の作家が描く"香り"を題材にした短篇小説集

井沢元彦『<決定版>世界の[宗教と戦争]講座』

井沢元彦『<決定版>世界の[宗教と戦争]講座』

2011年10月07日 徳間文庫 690円 ISBN-10:419893441X

世界の平和や世界の民族との協調を考えるには、彼らの宗教がどのようなものなのか理解することが必要である。それは同時に、我々日本人の宗教を把握することでもある。宗教音痴といわれる日本人の精神基盤に光をあてた格好の入門書。

D[di:]『どうぶつのこゝろ図鑑』

D[di:]『どうぶつのこゝろ図鑑』

2011年10月07日 角川書店 1995円 ISBN-10:4041100526

多分野で活躍する気鋭作家・D[di:]の、美麗イラスト&ショートショート。悲しくて、寂しくて、かわいい動物たちで紡がれる、25本のヒーリングストーリー。

北村薫『鷺と雪』

北村薫『鷺と雪』

2011年10月07日 文春文庫 520円 ISBN-10:416758607X

〈ベッキーさん〉シリーズ最終巻の直木賞受賞作
日本にいるはずのない婚約者が写真に映っていた。英子が解き明かしたからくりは――。そして昭和11年2月、物語は結末を迎える

枡野浩一『すれちがうとき聴いた歌』

枡野浩一『すれちがうとき聴いた歌』

2011年10月08日 リトル・モア 1470円 ISBN-10:4898153208

じゃあまたいつかと言ったままのあの人
道でよく見かけるけど知りあうこともないあの人
今朝たまたま電車で隣りあったあの人

近くて遠い、あなたと彼らの物語。

重松清『さすらい猫ノアの伝説 勇気リンリン!の巻』

重松清『さすらい猫ノアの伝説 勇気リンリン!の巻』

2011年10月08日 講談社青い鳥文庫 651円 ISBN-10:4062852500

重松清氏、青い鳥文庫に初登場!
5年1組の教室に、とつぜん黒猫が現れた。しかも首にミョーな風呂敷包みを巻きつけて。中の手紙にはこうあった。「あなたのクラスは黒猫ノアに選ばれました!」

東野圭吾『ガリレオの苦悩』

東野圭吾『ガリレオの苦悩』

2011年10月08日 文春文庫 680円 ISBN-10:416711013X

科学を殺人の道具に使う人間は許さない――。絶対に
「悪魔の手」を名乗る人物からの犯行予告。警視庁のみならず湯川学を名指しで挑発する犯人の意図とは? 大人気シリーズ待望の文庫化

川上未映子『すべて真夜中の恋人たち』

川上未映子『すべて真夜中の恋人たち』

レビューあり、レビューコーナーへ

2011年10月13日 講談社 1680円 ISBN-10:4062172860

たぶん、会ったときから、好きだった
真夜中は、なぜこんなにも綺麗なんだろう。あまりにも純粋な言葉が光のように降り注ぐ、すべての女性の胸を打つ、終わらなかった恋の物語。

伊坂幸太郎『モダンタイムス 上』

伊坂幸太郎『モダンタイムス 上』

2011年10月14日 講談社文庫 590円 ISBN-10:4062770784

――実家に忘れてきました。何を?勇気を。「ある2つの単語」を同時に検索した人間に、不幸が訪れるとしたら......恐妻家のSE・渡辺の周囲で起こる奇妙な出来事の連鎖、それは偶然か、仕組まれた罠か。

伊坂幸太郎『モダンタイムス 下』

伊坂幸太郎『モダンタイムス 下』

2011年10月14日 講談社文庫 690円 ISBN-10:4062770792

得たいの知れない仕組みに立ち向かう勇気!国家が自分の延命のために、独裁者を出現させ、戦争を起こす? 「2つの単語」を結びつける秘密に迫る渡辺だったが......システムを巡る物語の黒幕は誰なのか。

山崎ナオコーラ『長い終わりが始まる』

山崎ナオコーラ『長い終わりが始まる』

2011年10月14日 講談社文庫 470円 ISBN-10:4062770709

大学4年生の小笠原は、マンドリンサークルに所属している。未来になんて興味がなく、就職活動よりも人間関係よりも趣味のマンドリンに命をかけている。そして、とても好きな人がいる。いつまでも流れていく時間を描いた青春文学

清水義範『いい奴じゃん』

清水義範『いい奴じゃん』

2011年10月14日 講談社文庫 680円 ISBN-10:4062770687

シミズ博士からロスジェネへ贈る応援小説
25歳で人生が決まってたまるか! 日本一アンラッキーな男、鮎太は起きる不幸にも動じず幸せになることに図々しく生きていくのだ。読めばきっと元気になれる!

絲山秋子『ラジ&ピース』

絲山秋子『ラジ&ピース』

2011年10月14日 講談社文庫 470円 ISBN-10:4062770660

当てのない漂流の果てにたどり着く場所は? 他人とはうまくつきあえない、幼い頃から自分に自信がない女性がたどり着いたのは、北関東の町。ラジオの電波を通じて感じる見えない人々の温度。最新小説。

みうらじゅん/リリー・フランキー『どうやらオレたち、いずれ死ぬっつーじゃないですか』

みうらじゅん/リリー・フランキー『どうやらオレたち、いずれ死ぬっつーじゃないですか』

2011年10月15日 扶桑社 1260円 ISBN-10:4594063055

みうらじゅん/リリー・フランキー『どうやらオレたち、いずれ死ぬっつーじゃないですか』発売情報。

椎名誠『そらをみてますないてます』

椎名誠『そらをみてますないてます』

2011年10月15日 文藝春秋 1470円 ISBN-10:4163809600

過去と現在を往還して出会った、一番大切な人のこと
流血事件を起こし職場を転々とするおれは、後に妻となる女性と出会った。青春の最も甘く苦い部分を初めて描いた渾身の純文学巨篇

花村萬月『武蔵 二』

花村萬月『武蔵 二』

2011年10月15日 徳間書店 1680円 ISBN-10:4198632677

若き日の弁之助こと宮本武蔵。好敵手や女人らとの邂逅の先に見た剣術の真髄とは。不世出の武芸者をかつてない視点で描く大河小説

井沢元彦『新装版 平家物語の怪』

井沢元彦『新装版 平家物語の怪』

2011年10月19日 世界文化社 1470円 ISBN-10:4418115110

栄華から滅亡へと転落した平家の悲劇、語り継がれる義経・弁慶の伝説、戦乱の世に翻弄された女たち・・・。
能舞台で数多く演じられている「平家物語」。そこには源平の争いの裏側で繰り広げられた、数多くの人間ドラマがあった。深い怨念を抱いた人々が繰り広げる歴史絵巻の真相がここにある。

井沢元彦『英傑の日本史 浅井三姉妹編』

井沢元彦『英傑の日本史 浅井三姉妹編』

2011年10月20日 角川書店 1785円 ISBN-10:404621497X

茶々、初、江――。天下人の血脈が、歴史をどう変えたのか!?
豊臣と茶々、京極と初、徳川と江――。天下の覇権をめぐるドラマの陰で、悲劇の姫たちは歴史にどう関わったのか。井沢元彦が定説に斬り込み、英傑たちが生きた時代の視点で歴史の真相に迫る!

谷川俊太郎/内藤里永子『一夜だけの詩遊び』

谷川俊太郎/内藤里永子『一夜だけの詩遊び』

2011年10月21日 メディアファクトリー 1365円 ISBN-10:4840142750

谷川俊太郎/内藤里永子『一夜だけの詩遊び』発売情報。

沢木耕太郎『ポーカー・フェース』

沢木耕太郎『ポーカー・フェース』

2011年10月21日 新潮社 1680円 ISBN-10:4103275154

冷静さの裏に潜むのは、しびれるように真摯なダンディズム──。
靴磨きの老女の節くれだった指。高峰秀子の潔さ、尾崎豊への後悔。ビートルズになり損ねた男たち。そして、あのサリンジャーが死んだ――彼我の人生が連なり、ひとつの環を成してゆく。圧倒的な清潔感と独自の美意識に溢れた13篇を収録。『バーボン・ストリート』『チェーン・スモーキング』を超える、エッセイ集の金字塔!

堀江敏幸『本の音』

堀江敏幸『本の音』

2011年10月22日 中公文庫 700円 ISBN-10:4122055539

本の音に耳を澄まし、本の中から世界を望む――。積みあげられた本の山を崩しながら、著者が向き合い、書き溜めてきた、84冊についての書評集。

いとうせいこう/みうらじゅん『見仏記 ゴールデンガイド篇』

いとうせいこう/みうらじゅん『見仏記 ゴールデンガイド篇』

レビューあり、レビューコーナーへ

2011年10月25日 角川文庫 540円 ISBN-10:4041846064

見仏コンビのゴールデンな旅、文庫最新作!
仏友ふたりの見仏の旅、今回はゴールデンな香りを出そうと、京都奈良と有名どころを歩くはずが、二人の足はいつの間にか東北・福島に向かっていた......。

重松清『とんび』

重松清『とんび』

2011年10月25日 角川文庫 660円 ISBN-10:4043646070

父親は、悲しみを飲み込んでいく海になれ――
昭和37年の夏の日、瀬戸内海の小さな町の運送会社に勤める"ヤス"に息子アキラ誕生。家族に恵まれ幸せの絶頂にいたが、それも長くは続かず......。高度経済成長に活気づく時代と町を舞台に描く、父と子の感涙の物語。

久間十義/山崎ナオコーラ/星野智幸ほか『人はお金をつかわずにはいられない』

久間十義/山崎ナオコーラ/星野智幸ほか『人はお金をつかわずにはいられない』

2011年10月25日 日本経済新聞出版社 1470円 ISBN-10:4532171105

好評の日経電子版小説シリーズ第2弾! 今回の短編競作テーマはお金。生きるためには稼がなくてはならない。では何のためにつかうのか。欲望を満たすため? それとも......お金がまったく別の生きもののように見えてきます。

綿矢りさ『かわいそうだね?』

綿矢りさ『かわいそうだね?』

レビューあり、レビューコーナーへ

2011年10月28日 文藝春秋 1365円 ISBN-10:4163809503

優しくても、美人でも、それだけじゃ幸せになれないの?
私の彼は元彼女と同棲中......週刊誌連載時から話題を呼んだ表題作と、女子同士の複雑な友情を描く「亜美ちゃんは美人」の2篇収録

角田光代『くまちゃん』

角田光代『くまちゃん』

2011年10月28日 新潮文庫 620円 ISBN-10:4101058288

風変わりなくまの絵柄の服に身を包む、芸術家気取りの英之。人生最大級の偶然に賭け、憧れのバンドマンに接近したゆりえ。舞台女優の夢を捨て、有望画家との結婚を狙う希麻子。ぱっとしない毎日が一変しそうな期待に、彼らはさっそく、身近な恋を整理しはじめるが......。ふる/ふられる、でつながる男女の輪に、学生以上、社会人未満の揺れる心を映した共感度抜群の「ふられ」小説。

帚木蓬生『風花病棟』

帚木蓬生『風花病棟』

2011年10月28日 新潮文庫 620円 ISBN-10:4101288216

乳癌と闘いながら、懸命に仕事を続ける、泣き虫先生(「雨に濡れて」)。診療所を守っていた父を亡くし、寂れゆく故郷を久々に訪れた勤務医(「百日紅」)。三十年間地域で頼りにされてきたクリニックを、今まさに閉じようとしている、老ドクター(「終診」)。医師は患者から病気について学ぶのではなく、生き方を学ぶのだ――。生命の尊厳と日夜対峙する、十人の良医たちのストーリー。

k.m.p.『かわいいね。』

k.m.p.『かわいいね。』

2011年10月28日 JTBパブリッシング 840円 ISBN-10:4533084117

パンダの「まんまるちゃん」絵本第4弾。「かわいいね」は、親が幼児に対してもっとも頻繁に投げかける肯定の言葉・褒め言葉であり、幼児が自分より小さなものに向けて笑顔とともに発する慈しみの表現。「まんまるちゃん」親子がさまざまなものを「かわいいね」と慈しむ様子を描き、最後は母子間での愛情に満ちた「かわいいね」のやり取りで終わる。子供の人や物に対する優しい気持ち、愛されているという実感を育む絵本。

いとうせいこう/みうらじゅん『見仏記 ぶらり旅篇』

いとうせいこう/みうらじゅん『見仏記 ぶらり旅篇』

レビューあり、レビューコーナーへ

2011年10月31日 角川書店 1575円 ISBN-10:404110033X

仏友ふたり、本当にぶらりな見仏の旅、最新刊!
ぶらりと寺をまわりたい......。遷都1300年にわく奈良、法然800忌で盛り上がる京都、そして不思議な巡り合わせを感じる名古屋。すばらしい仏像たちを前に二人の胸に去来したのは......。

このページへのコメント