2012年1月

新刊・近刊情報

2012年1月の新刊・近刊情報

東海林さだお/椎名誠『大日本オサカナ株式会社』

東海林さだお/椎名誠『大日本オサカナ株式会社』

2012年01月04日 朝日文庫 840円 ISBN:9784022646477

人気エッセイスト同士の「食」をめぐる軽妙かつ含蓄ある対談。僕らはカレーライスの中の肉が、ただひとつの肉だった、ラーメン残量スープ水深二センチ問題、タンメンは野菜の甲子園だった、リポビタンDと絶壁の問題、正しいションベン、明るいウンコ、人生の午後、或いはカツ丼と神様について、魚介月旦、地球は串焼きで結ばれる、ハンペンの悦び、チクワブの哀しみ、深夜の徘徊活字中毒者......。

沢木耕太郎『貧乏だけど贅沢』

沢木耕太郎『貧乏だけど贅沢』

2012年01月04日 文春文庫 730円 ISBN:9784167209186

旅について語り尽くす10人との対話
人はなぜ旅をするのか? 井上陽水、阿川弘之、群ようこ、高倉健など、全地球を駆けめぐる豪華な面々との優雅なるダイアローグ

椎名誠『ももんがあ からっ風作戦』

椎名誠『ももんがあ からっ風作戦』

2012年01月04日 文春文庫 630円 ISBN:9784167334345

パワーも酒量も健在! 20冊目の赤マント
日本有数の長寿コラム、20冊目に突入。世界各国を股にかけ、うまいもんを食べ、ビール片手にブンメイにもの申す力強さは健在!

穂村弘『にょにょっ記』

穂村弘『にょにょっ記』

レビューあり、レビューコーナーへ

2012年01月04日 文春文庫 550円 ISBN:9784167801663

退屈な日常をくしゅっとまるめたいあなたへ
不思議でファニーな世界へようこそ。くすくす笑って、ちょっと考えこんで、時に爆笑。フジモトマサルの楽しいイラストも満載です

辻仁成『まちがい』

辻仁成『まちがい』

2012年01月05日 集英社 1575円 ISBN:9784087714371

高級エステの経営者・芹沢秋声は、友人で実業家の榊原大悟に資金援助を申し込む。すると「自分の妻と関係を持ってほしい」という条件を出される。秋声は困惑しつつも大悟の妻・榊原冬に近づく・・・。

村上龍『カンブリア宮殿 村上龍×経済人3 そして「消費者」だけが残った』

村上龍『カンブリア宮殿 村上龍×経済人3 そして「消費者」だけが残った』

2012年01月06日 日経ビジネス人文庫 900円 ISBN:9784532196226

「消費者の側に立ち、消費者の心理を推理し、消費者が喜ぶことを徹底的に考えた企業にだけ、経済の女神は微笑む。」(村上龍) カンブリア宮殿の単行本第3弾を文庫化。消費不況の中、圧倒的な成功を誇る23人の経済人に、村上龍が迫る。

いしいしんじ/栗田有起/西加奈子ほか『東と西 1』

いしいしんじ/栗田有起/西加奈子ほか『東と西 1』

2012年01月07日 小学館文庫 710円 ISBN:9784094086812

日本のどこかを描いた意欲的な小説集
突然、左半身だけになってしまった男が、長野・松本での人生最初の記憶と邂逅する『T』。世間の流れに乗れない二十代半ばの仲良し三人組女子が日光への旅であることに気づく『猿に会う』。一万五十歳で生を閉じたはずの河童らしき生物が思わぬ場所に漂着する『極楽』。デザイン事務所見習いの男が謎のインク製造所で働くことになる『赤、青、王子』。江戸の酒問屋の跡取り息子と吉原の花魁との恋の顛末を描いた『すみだ川』。ある習わしに縛られた岡山の一族から脱出した女優の生涯を綴った『東の果つるところ』。日本のどこかを描いた意欲的な短編集。

戸梶圭太『迷宮警視正』

戸梶圭太『迷宮警視正』

2012年01月07日 徳間文庫 690円 ISBN:9784198934897

権力で捜査を横取りし、どんな事件も超絶我流でねじ伏せる?あいつに任せていいのか!?警察小説に新ヒーロー(?)誕生!

馳星周『沈黙の森』

馳星周『沈黙の森』

2012年01月07日 徳間文庫 760円 ISBN:9784198934903

軽井沢を舞台としたノンストップ・アクション・ノワール。森の枯れ葉が、欲望に彩られた生き血に染まる! 馳星周の真骨頂!

佐川光晴『ぼくたちは大人になる』

佐川光晴『ぼくたちは大人になる』

レビューあり、レビューコーナーへ

2012年01月11日 双葉文庫 630円 ISBN:9784575514803

高校3年生の達大は医学部進学をめざし、サッカー部引退後は受験勉強に励む毎日だ。そんなある日、彼は級友の喫煙を学校側に密告した。その行為は達大自身や周りの日常を大きく変えてゆく。18歳の少年が本当の「大人」になるための、挫折や心の揺れ、そして新たな出発を描く成長小説。

花村萬月『私の庭 蝦夷地篇 上』

花村萬月『私の庭 蝦夷地篇 上』

2012年01月12日 光文社文庫 900円 ISBN:9784334763572

幕末、開国、内戦の動乱期に両親を早くに亡くした権助は浅草、吉原を生活の場所として天涯孤独に生きていく。ただひとり「爺」と呼ばれる元徳川幕府の高位幕臣とおもわれる老人から、この世のあり方、人の生き方というものの教育を受ける。崩壊する身分制度を逆手にとり「侍狩り」で生計を維持し、生き抜いてきた権助だが、浅草にいられない羽目になり、蝦夷地へ向けて出奔する。社会の呪縛を自らの力で打ち破る、男の生き様を著者初の時代小説の手法で描く大河巨編。

花村萬月『私の庭 蝦夷地篇 下』

花村萬月『私の庭 蝦夷地篇 下』

2012年01月12日 光文社文庫 860円 ISBN:9784334763589

幕末、開国、内戦の動乱期に両親を早くに亡くした権助は浅草、吉原を生活の場所として天涯孤独に生きていく。ただひとり「爺」と呼ばれる元徳川幕府の高位幕臣とおもわれる老人から、この世のあり方、人の生き方というものの教育を受ける。崩壊する身分制度を逆手にとり「侍狩り」で生計を維持し、生き抜いてきた権助だが、浅草にいられない羽目になり、蝦夷地へ向けて出奔する。社会の呪縛を自らの力で打ち破る、男の生き様を著者初の時代小説の手法で描く大河巨編。

横尾忠則『坐禅は心の安楽死 ぼくの坐禅修行記』

横尾忠則『坐禅は心の安楽死 ぼくの坐禅修行記』

レビューあり、レビューコーナーへ

2012年01月12日 平凡社ライブラリー 1365円 ISBN:9784582767520

アップルの創始者スティーブ・ジョブズは禅から多くのことを学んだ。横尾忠則は総持寺、永平寺、青苔寺等での坐禅修行で何をつかんだのか? その心のドキュメント。

白石一文『幻影の星』

白石一文『幻影の星』

2012年01月12日 文藝春秋 1418円 ISBN:9784163810904

この世はすべて幻影? 震災後の生と死を鋭く問う問題作
郷里を離れ、東京で酒造メーカーに勤める熊沢武夫。震災後に起きた不思議な出来事をきっかけに、ある女性の顔が頭に浮かぶ......

鴻上尚史『あなたの思いを伝える表現力のレッスン』

鴻上尚史『あなたの思いを伝える表現力のレッスン』

レビューあり、レビューコーナーへ

2012年01月17日 講談社文庫 500円 ISBN:9784062771146

「思っていれば、きっと伝わる」は大間違い
表現の技術がなければ、あなたの気持ちや考えを、的確に相手に伝えることはできません。人気演出家が「声」「体」「感情」「言葉」を駆使した表現の基礎を伝授。

中島らも『あの娘は石ころ』

中島らも『あの娘は石ころ』

2012年01月17日 講談社文庫 580円 ISBN:9784062771573

ロックンローラー中島らもの音楽への愛! 爛酔の小説家そして孤高のロックンローラー中島らものハードコアエッセイ。十代の頃から書きためたオリジナルソング35篇と戯曲「ハードロックじじい」も収録!

花村萬月『信長私記』

花村萬月『信長私記』

2012年01月18日 講談社 1680円 ISBN:9784062174350

ここに私の真実がある――織田信長氏絶賛!あの『信長公記』も真っ青!? 膨大な資料を丹念に読み解き、史上最凶の日本人、織田信長の実像に迫る。全ての点が線になる花村文学だから成しえた奇跡の一品。

東野圭吾『歪笑小説』

東野圭吾『歪笑小説』

2012年01月20日 集英社文庫 650円 ISBN:9784087467840

東野圭吾、いきなり文庫で登場!
新人編集者が初めての作家接待ゴルフで目の当たりにした、"伝説の編集者"の仕事ぶりとは。単発のドラマ化企画の話に舞い上がる、若手作家・熱海圭介のはしゃぎっぷり。文壇ゴルフに初めて参加した若手有望株の作家・唐傘ザンゲのさんざんな一日。会社を辞めて小説家を目指す石橋堅一は、新人賞の最終候補に選ばれたはいいが・・・・・・。小説業界の内幕を暴露!!作家と編集者、そして周囲を取りまく、ひと癖ある人々のドラマが楽しめる、全12話の連続東野劇場。

丸山健二『ブナの実はそれでも虹を夢見る』

丸山健二『ブナの実はそれでも虹を夢見る』

2012年01月 求龍堂 1680円 ISBN:9784763011466

丸山健二『ブナの実はそれでも虹を夢見る』発売情報。

宮沢章夫『演劇は道具だ』

宮沢章夫『演劇は道具だ』

2012年01月22日 イースト・プレス 1260円 ISBN:9784781690285

演劇を通じて手に入れた知恵
自己表現が苦手な人は演劇に向いている。不自由な、かたいからだをぐいっと動かしたときに、きしむ音。
それこそが表現というものだから。「演劇」を使って世界や自分やあれこれを考える。
いつの日か効いてくる、こつこつ遠回りな演劇入門。

よしもとばなな/内田春菊/中村うさぎほか『わたしのままでママをやる』

よしもとばなな/内田春菊/中村うさぎほか『わたしのままでママをやる』

2012年01月23日 WAVE出版 1470円 ISBN:9784872905526

3・11後。いま、命の話、母の話。
精神科医がサポートする「濃い女子会」!

西村賢太『人もいない春』

西村賢太『人もいない春』

2012年01月25日 角川文庫 460円 ISBN:9784041001264

芥川賞作家の渾身作
親類を捨て、友人もなく、孤独を抱える北町貫多17歳。製本所で短期契約のアルバイトを始めた貫多は、持ち前の自己中心的な短気さと喧嘩っぱやさでまたしても独りになってしまう......。話題の芥川賞作家の渾身作!

井沢元彦『学校では教えてくれない日本史の授業 2』

井沢元彦『学校では教えてくれない日本史の授業 2』

2012年01月25日 PHP研究所 1785円 ISBN:9784569802084

なぜ天皇は永久不滅なのか。天皇のルーツから日本独自の宗教観まで、歴史の裏側を明らかにする「井沢元彦の日本史の授業」、第2弾!

穂村弘/東直子/沢田康彦『ひとりの夜を短歌とあそぼう』

穂村弘/東直子/沢田康彦『ひとりの夜を短歌とあそぼう』

レビューあり、レビューコーナーへ

2012年01月25日 角川ソフィア文庫 700円 ISBN:9784044054038

ヒマな夜を無駄に過ごすなら、こんな短歌と遊んじゃえ!
私かて声かけられた事あるねんで(気色の悪い人やったけど)←これ、短歌? 短歌です。女優、漫画家、高校生...。異業種の言葉の天才たちが思いっきり遊んだ作品を、人気歌人の穂村と東が愛を持って厳しくコメント!

円城塔『道化師の蝶』

円城塔『道化師の蝶』

レビューあり、レビューコーナーへ

2012年01月27日 講談社 1365円 ISBN:9784062175616

第146回芥川賞受賞作!
無活用ラテン語で記された小説『猫の下で読むに限る』。
希代の多言語作家「友幸友幸」と、資産家A・A・エイブラムスの、
言語をめぐって連環してゆく物語。
SF、前衛、ユーモア、諧謔...すべての要素を持ちつつ、常に新しい文章の可能性を追いかけ続ける著者の新たな地平。

田中慎弥『共喰い』

田中慎弥『共喰い』

2012年01月27日 集英社 1050円 ISBN:9784087714470

第146回(平成23年度下半期) 芥川賞受賞

橋本治『巡礼』

橋本治『巡礼』

2012年01月28日 新潮文庫 515円 ISBN:9784101054179

男はなぜ、ゴミ屋敷の主になり果てたのか? いまはひとりゴミ屋敷に暮らし、周囲の住人たちの非難の目に晒される男・下山忠市。戦時中に少年時代を過ごし、昭和期日本をただまっとうに生きてきたはずの忠市は、いつ、なぜ、家族も道も、失ったのか――。誰もが目を逸らすような現在のありさまと、そこにいたるまでの遍歴を、鎮魂の光のなかに描きだす。橋本治、初の純文学長篇。

荻原浩『オイアウエ漂流記』

荻原浩『オイアウエ漂流記』

2012年01月28日 新潮文庫 882円 ISBN:9784101230368

南太平洋の上空で小型旅客機が遭難、流されたのは......無人島! 生存者は視察旅行中のサラリーマンと接待先の御曹司、成田離婚直前の新婚夫婦、ボケかけのお祖父ちゃんと孫の少年、そして身元不明の外国人。てんでバラバラな10人に共通しているのはただひとつ、「生きたい!」という気持ち。絶体絶命の中でこそ湧き上がる、人間のガッツとユーモアに感涙する、サバイバル小説の大傑作。

金井美恵子『ピース・オブ・ケーキとトゥワイス・トールド・テールズ』

金井美恵子『ピース・オブ・ケーキとトゥワイス・トールド・テールズ』

2012年01月31日 新潮社 1890円 ISBN:9784103050049

あたしとまだ三つだったあんたを置いて、とうさんは家を出て行った。普段着で自転車に乗って、ちょっと出かけて来る、と言ってそれっきり帰ってこなかった――。濃密な記憶と詳細な描写による重層的なコラージュが織り成す甘美な物語。5年ぶり待望の新作小説。

このページへのコメント