2012年2月

新刊・近刊情報

2012年2月の新刊・近刊情報

谷川俊太郎『一時停止』

谷川俊太郎『一時停止』

2012年02月02日 草思社文庫 735円 ISBN:9784794218803

1955年から2010年まで発表した作品から著者本人の自選による散文集。詩人の精神の足跡をたどることができる。単行本未収録の作品も収載。

いしいしんじ/西村賢太/吉村萬壱ほか『東と西 2』

いしいしんじ/西村賢太/吉村萬壱ほか『東と西 2』

2012年02月03日 小学館文庫 650円 ISBN:9784094086874

日本のどこかを描いた新しい小説集第二弾
漁師たちが、伝説のマグロと奇妙な遭遇をする『野島沖』。来世をセミとして生きる男が主人公の『来世不動産』。交際相手の女性が出先から纏ってきた匂いをもとに話が転じる『肩先に花の香りを残す人』。江戸の酒問屋に嫁いだ元花魁に駄賃をねだる父に災厄が訪れる『続すみだ川』。戦時中から残る建物を改築した謎のホテルを舞台にした『ダラホテル』。暴力的な恋人から逃れ、姉とともに郷里へと向かう妹の顛末を描く『帰省』。ある日、高校生の集団を突如襲った謎の物体Xが世界を変えてしまう『微塵島にて』。日本をテーマに描いた新しいかたちの小説集の第二弾。

長嶋有『ねたあとに』

長嶋有『ねたあとに』

レビューあり、レビューコーナーへ

2012年02月07日 朝日文庫 861円 ISBN:9784022646514

小説家のコモローと、その仲間たちが過ごす夏の山荘で、退屈な時間を紛らわすために発明された独創的なゲームたち。麻雀牌がデッドヒートを繰り広げる「ケイバ」、サイコロの目が恋人のキャラクターを決めていく「顔」、経験と高度な知能戦が要求される「軍人将棋」など、山荘を離れてしまえば無為とも思える遊びの数々が、ひと夏の時間を忘れられないものに変えていく。遊びと企みに満ちた大人の青春小説。

桜井亜美『禁触 a Boy loves a WOMAN』

桜井亜美『禁触 a Boy loves a WOMAN』

2012年02月09日 幻冬舎文庫 600円 ISBN:9784344418042

夫と三人の子どもに恵まれ充実した日々を送っていた中学音楽教師の倫子。だが、14歳の教え子・瑛と出会ったことで運命が大きく変わりはじめる。禁忌と知りながらも強く惹かれ合う二人。家族か、彼か、究極の選択を迫られた倫子が選んだ結末とは?甘く切なく、淫らな純愛小説。

川上未映子『魔法飛行』

川上未映子『魔法飛行』

レビューあり、レビューコーナーへ

2012年02月10日 中央公論新社 1365円 ISBN:9784120043215

いま最も注目される女性作家が綴った、波乱の一年、穏やかな生活、夢見るような現実の日々。人気連載「発光地帯」シリーズ第二弾。

荻原浩『幸せになる百通りの方法』

荻原浩『幸せになる百通りの方法』

2012年02月10日 文藝春秋 1575円 ISBN:9784163811703

恋人が突如「歴女」になってしまった、リストラを家族に言い出せない、不倫の恋の踏ん切りがつかない......そんなあなたのための7つの物語。

戸梶圭太『なぎら☆ツイスター』

戸梶圭太『なぎら☆ツイスター』

2012年2月10日 文春文庫 1010円 ISBN:9784167718022

寒風吹きすさぶ北関東の町にエリートヤクザが降り立った時、驚天動地のカウントダウンが始まる。これは現代版「仁義なき戦い」だ!

佐川光晴『静かな夜』

佐川光晴『静かな夜』

2012年02月10日 左右社 1680円 ISBN:9784903500713

穏やかな時間の中にいた家族に突如訪れる運命ーー。生と死、出会いと絆をしずかに見つめ、弱さが生む光を描く傑作中編4作品。作家・佐川光晴の原点といもいうべき北大恵迪寮を舞台にした自伝的青春スケッチ「二月」「八月」を収録。

桜井亜美『FUKUSHIMA DAY』

桜井亜美『FUKUSHIMA DAY』

2012年02月11日 祥伝社 1260円 ISBN:9784396633790

桜井亜美『FUKUSHIMA DAY』発売情報。

花村萬月『少年曲馬団 下』

花村萬月『少年曲馬団 下』

2012年02月15日 講談社文庫 860円 ISBN:9784062771917

惟朔が幸子と過ごすヰタ・セクスアリスな日々。自伝的作品『百万遍』へと続く、小学校四年生までの、はじめの一歩。

花村萬月『少年曲馬団 上』

花村萬月『少年曲馬団 上』

2012年02月15日 講談社文庫 860円 ISBN:9784062771900

惟朔少年の、幼い日。母子寮で育つが突然戻った父との同居が始まる。父親は働かず、惟朔に岩波文庫を読ませる。渾身の半自伝的小説。

原田宗典『たまげた録』

原田宗典『たまげた録』

2012年02月15日 講談社文庫 630円 ISBN:9784062772013

模様替えであんぐり、和式トイレで冷や汗、変態映画館で泣きが入る。世の中驚くことばかり!原田節が炸裂する報復絶倒エッセイ!!

辻仁成『右岸 上』

辻仁成『右岸 上』

レビューあり、レビューコーナーへ

2012年02月17日 集英社文庫 700円 ISBN:9784087467932

日本とパリを舞台に描かれる大河小説。
茉莉ちゃんは恋人でも妻でもないのに、ぼくの心の片隅にいつづけてくれました。不思議だね――。60年、博多に生まれた少年・九と幼馴染みの少女・茉莉。多くの人々と出会いと別れを繰り返す。

辻仁成『右岸 下』

辻仁成『右岸 下』

レビューあり、レビューコーナーへ

2012年02月17日 集英社文庫 700円 ISBN:9784087467949

人気作家のコラボレーション、再び!
自らの不思議な力に目覚めた九は、放浪の旅に出るが、人を救うことが出来ずに苦しみ、苛酷な運命に翻弄される。パリで最愛の女性ネネに出会う...。愛を信じることができるあなたに贈る大きな希望の物語。

江國香織『左岸 上』

江國香織『左岸 上』

2012年02月17日 集英社文庫 780円 ISBN:9784087467956

対岸を歩み続ける二人の壮大な愛の物語。
人生が一本の河だとしたら、あたしたちはどこに流れ着くのだろう――。早熟で気難しい兄の惣一郎。そして幼馴染みの九に護られていた少女時代。だが、それはある日突然、終わりを告げた...。

江國香織『左岸 下』

江國香織『左岸 下』

2012年02月17日 集英社文庫 780円 ISBN:9784087467963

男と女はわかりあえるのか?
踊ることと兄が大好きだった茉莉は、17歳で駆け落ちをし、同棲、結婚、出産を経験する。でも、いつも思う。家族みたいに懐かしく安心な九のそばにいたいと...。夢を信じることが出来るあなたに贈る、柔らかな幸せの物語。

椎名誠『大きな約束』

椎名誠『大きな約束』

2012年02月17日 集英社文庫 540円 ISBN:9784087467970

『岳物語』から25年。シーナ、「じいじい」になる
忍びよる老いを意識しながらも、相変わらず旅に原稿に忙しいシーナ。だが、アメリカに住む息子に子供が生まれ「じいじい」になるという変化が。家族の物語、新章スタート。

丸山健二『人生なんてくそくらえ』

丸山健二『人生なんてくそくらえ』

2012年02月17日 朝日新聞出版 1785円 ISBN:9784022509383

「好き勝手に生きていい人生だということを本当に理解しているのか」 定職につけない、結婚相手がいない、親の面倒を見なければならない......現在にも未来にも不安や迷いを抱える人々に、辛口に喝を入れると同時に、人生なんてくそくらえ!と吹き飛ばすパワーを与えてくれるエッセイ。仕事、親、学歴、国家、宗教、恋愛、死といった問題について、「自立して生きる」を実践してきた著者だからこそ書ける、空疎で陳腐な前向きな人生論を超え、心にまっすぐに切り込む一冊。

伊坂幸太郎『仙台ぐらし』

伊坂幸太郎『仙台ぐらし』

2012年02月18日 荒蝦夷 ?円 ISBN:9784904863183

伊坂幸太郎『仙台ぐらし』発売情報。

いとうせいこう/佐々木中『BACK 2 BACK』

いとうせいこう/佐々木中『BACK 2 BACK』

レビューあり、レビューコーナーへ

2012年02月22日 河出書房新社 1470円 ISBN:9784309020891

「立ち上がろう、立ち上がることができるなら。続けよう。続けることができるなら」 震災下の列島においてチャリティとして打ち合わせなしの即興で創作された共作小説。印税全額寄付。

町田康『おっさんは世界の奴隷か テースト・オブ・苦虫6』

町田康『おっさんは世界の奴隷か テースト・オブ・苦虫6』

レビューあり、レビューコーナーへ

2012年02月23日 中公文庫 620円 ISBN:9784122056039

食事に誘われたのに予約をとらされ、身勝手で一方的な原稿依頼を受けそうになり――。大人の味のエッセイ集、苦み走って好調第六弾!

山崎ナオコーラ『私の中の男の子』

山崎ナオコーラ『私の中の男の子』

2012年02月24日 講談社 1260円 ISBN:9784062174589

小説家の雪村は女性として扱われるのが何よりコンプレックス。戸惑いの果てに彼女が下した決断とは。働く全ての女性に届けたい意欲作

村上龍/角田光代/川上未映子ほか『それでも三月は、また』

村上龍/角田光代/川上未映子ほか『それでも三月は、また』

2012年02月25日 講談社 1680円 ISBN:9784062175234

あの忘れられない日を心に刻む、胸に迫るアンソロジー。2011年3月11日に発生した東日本大震災により、甚大な被害を受けた日本。福島第一原発の重大事故との闘いは、今後何十年も続く。大きく魂を揺さぶられた作家、詩人たちは、何を感じ、何を考えたのか? 谷川俊太郎、多和田葉子、重松清、小川洋子、川上弘美、川上未映子、いしいしんじ、J.D.マクラッチ、池澤夏樹、角田光代、古川日出男、明川哲也、バリー・ユアグロー、佐伯一麦、阿部和重、村上龍、デイヴィッド・ピース。
日本、アメリカ、イギリス同時刊行!本書の著者印税相当額/売り上げの一部は震災復興のため寄付されます。

町田康『爆発道祖神』

町田康『爆発道祖神』

レビューあり、レビューコーナーへ

2012年02月25日 角川文庫 860円 ISBN:9784041000748

写真と文、虚構と現実の正面衝突!濃密斬新なフォトストーリー!
独特の言語宣センスで日本文学史上唯一無二の光を放ち続ける異才・町田康。著者撮影の写真と、それに触発された文章の組み合わせによる、かつて見たこともない自由で新しい表現。町田節全開、パワフルで濃密な作品集

高橋源一郎『「あの日」からぼくが考えている「正しさ」について』

高橋源一郎『「あの日」からぼくが考えている「正しさ」について』

レビューあり、レビューコーナーへ

2012年02月25日 河出書房新社 800円 ISBN:9784309020921

タカハシさんと考える、「あの日」からの294日
3月11日以降、高橋源一郎は何を考えて来たのか。震災、仕事、子育......Twitterや各媒体で発表したものを一冊に!

馳星周『弥勒世 上』

馳星周『弥勒世 上』

2012年02月25日 角川文庫 940円 ISBN:9784043442096

沖縄の怒りと闇を描きだす、傑作暗黒小説!
沖縄返還直前、タカ派御用達の英字新聞記者・伊波は、CIAから反戦運動家たちへのスパイ活動を迫られる。多額の報酬に惹かれて承諾した彼は、地元ゴザへと戻るが――。

馳星周『弥勒世 下』

馳星周『弥勒世 下』

2012年02月25日 角川文庫 940円 ISBN:9784043442102

沖縄の怒りと闇を描きだす、傑作暗黒小説!
沖縄返還直前、タカ派御用達の英字新聞記者・伊波は、CIAから反戦運動家たちへのスパイ活動を迫られる。多額の報酬に惹かれて承諾した彼は、地元ゴザへと戻るが――。

山田詠美『学問』

山田詠美『学問』

2012年02月27日 新潮文庫 662円 ISBN:9784101036267

東京から引っ越してきた仁美、リーダー格で人気者の心太、食いしん坊な無量、眠るのが生き甲斐の千穂。4人は友情とも恋愛ともつかない、特別な絆で結ばれていた。一歩一歩、大人の世界に近づく彼らの毎日を彩る生と性の輝き。そしてやがて訪れる、それぞれの人生の終わり。高度成長期の海辺の街を舞台に、4人が過ごしたかけがえない時間をこの上なく官能的な言葉で紡ぐ、渾身の長編。

西原理恵子『西原理恵子の太腕繁盛記: FXでガチンコ勝負!編』

西原理恵子『西原理恵子の太腕繁盛記: FXでガチンコ勝負!編』

2012年02月27日 新潮文庫 620円 ISBN:9784101370729

博打は身銭を切ってナンボが信条の西原理恵子が、自腹1千万を元手にFXに初挑戦。外国通貨を売買して、目指すは借金1億6千万返済! 六本木で働くIT社長とタッグを組み、大荒れの不況海原へいざ出陣。しかし直後にサブプライム打撃の襲来を受け、「リーマン・ブラザーズってどこの兄弟?」と壊滅的な知識が露呈......この勝負一体どうなる? 手に汗握る大爆笑のガチンコ奮闘記。

山崎ナオコーラ『男と点と線』

山崎ナオコーラ『男と点と線』

2012年02月27日 新潮文庫 483円 ISBN:9784101383712

妻の離婚資金でクアラルンプールに暮らす老夫婦、男友達と卒業旅行でパリ行く女子大生、上海への出張に戸惑う32歳の会社員、東京で水族館デートする高校生カップル、幼馴染にNYに誘われた42歳の独身男、カレにドタキャンされた友人と世界最南端の町へ行く28歳の小説家――この瞬間にも男と女は出会い、つながっていく。ささやかな日常の中で、愛と友情を再発見する6つの軽やかな物語。

山崎ナオコーラ/柴崎友香/中上紀ほか『29歳』

山崎ナオコーラ/柴崎友香/中上紀ほか『29歳』

2012年02月27日 新潮文庫 662円 ISBN:9784101285733

20代最後の晩、あなたは何をしているのだろう。あるいは、していたのだろう。もうとっくに大人になってしまったけれど、その夜はこれまでの人生を振り返るのにうってつけの日。捨てるもの、残すもの、変わるもの、変われないもの。8人の作家が向き合う、29歳それぞれのリアル――不完全でも途中でも、今をちゃんと生きてる女子たちへ送る、エネルギーチャージ小説!

いしいしんじ『ある一日』

いしいしんじ『ある一日』

2012年02月29日 新潮社 1260円 ISBN:9784104363032

こんどこそ、この世に生まれてきてほしい――。赤ん坊の誕生という紛れもない奇跡。人生最大の一日を克明に描きだす、胸をゆすぶられる「出産小説」。

角田光代『紙の月』

角田光代『紙の月』

2012年02月29日 角川春樹事務所 1575円 ISBN:9784758411905

角田光代『紙の月』発売情報。

このページへのコメント