2012年7月

新刊・近刊情報

2012年7月の新刊・近刊情報

山田正紀/青山智樹/東浩紀ほか『NOVA 8』

山田正紀/青山智樹/東浩紀ほか『NOVA 8』

2012年07月05日 河出文庫 998円 ISBN:9784309411620

好評の完全新作アンソロジー。山田正紀の怒濤の中編、飛浩隆の二本立て短編、東浩紀の火星シリーズ完結編ほか、青山智樹、粕谷知世、片瀬二郎、北野勇作、友成純一、松尾由美の全十編。

東野圭吾『プラチナデータ』

東野圭吾『プラチナデータ』

2012年07月05日 幻冬舎文庫 760円 ISBN:9784344418844

国民の遺伝子情報から犯人を特定するDNA操作システム。警察庁特殊解析研究所・神楽龍平が操るこのシステムは、現場の 刑事を驚愕させるほどの正確さを持って次々と犯人を特定していく。検挙率が飛躍的に上がる中、新たな殺人事件が発生。殺さ れたのは、そのシステム開発者である天才数学者・蓼科早樹とその兄・耕作で、神楽の友人でもあった。彼らは、なぜ殺されたの か?現場に残された毛髪を解析した神楽は、特定された犯人データに打ちのめされることになる。犯人の名は、『神楽龍平』――。 追う者から追われる者へ。事件の鍵を握るのは『プラチナデータ』という謎の言葉。そこに隠された陰謀とは。果たして神楽は警察 の包囲網をかわし、真相に辿り着けるのか。

阿部和重『クエーサーと13番目の柱』

阿部和重『クエーサーと13番目の柱』

レビューあり、レビューコーナーへ

2012年07月05日 講談社 1575円 ISBN:9784062177696

元写真週刊誌の記者・タカツキリクオは、雇い主のカキオカサトシの指示のもと、人気アイドルをターゲットとしたパパラッチ行為を生業とするモニタリングチームの一員。ターゲットの呼称は「Q」。ある日、カキオカは追跡のターゲットをそれまでのアイドル・ユイから新興のアイドルグループ・ED(エクストラ・ディメンションズ)のミカに突如変更する。それに伴いチームも再編されることになるが、ミカを追跡するにつれ、新たに加わったメンバー、謎の新人のニナイケントという男が不穏な動きを見せ始める......。
雇い主の真意は? 「Q」の意味とは? そしてニナイの本当の目的とは? 『ピストルズ』から2年、手に汗握るノンストップエンタメ長篇。

東浩紀/桜坂洋『キャラクターズ』

東浩紀/桜坂洋『キャラクターズ』

レビューあり、レビューコーナーへ

2012年07月05日 河出文庫 693円 ISBN:9784309411613

「文学は魔法も使えないの。不便ねえ」批評家・東浩紀とライトノベル作家・桜坂洋は、東浩紀を主人公に小説の共作を始めるが、主人公・東は分裂し、暴走し......衝撃の問題作、待望の文庫化。

赤坂真理『東京プリズン』

赤坂真理『東京プリズン』

レビューあり、レビューコーナーへ

2012年07月06日 河出書房新社 1890円 ISBN:9784309021201

戦争は忘れても、戦後は終らない......16歳のマリが挑んだ現代の"東京裁判"を描き、朝日、毎日、産経各紙で、文学史的事件と話題騒然! 著者9年ぶりとなる感動の超大作。

大江健三郎『定義集』

大江健三郎『定義集』

2012年07月06日 朝日新聞出版 1680円 ISBN:9784022508102

源氏物語、ドストエフスキー、井上ひさしなど、人生の様々な場面で出合った忘れがたい言葉を書き写し、もう一度読み直す。

鹿島田真希『冥土めぐり』

鹿島田真希『冥土めぐり』

2012年07月07日 河出書房新社 1470円 ISBN:9784309021225

あの過去を確かめるため、私は夫と旅に出た――裕福だった過去に執着する母と弟。彼らから逃れたはずの奈津子だが、突然、夫が不治の病になる。だがそれは完き幸運だった......著者最高傑作!

村上春樹『サラダ好きのライオン 村上ラヂオ3』

村上春樹『サラダ好きのライオン 村上ラヂオ3』

2012年07月09日 マガジンハウス 1470円 ISBN:9784838724505

男がオムレツを作るとき、どんな風景がいちばんふさわしいでしょう?
おたくの猫には、音楽の好き嫌いがあると思いますか?
村上春樹さんは占い師として、はたして大成したでしょうか?etc.
最新のムラカミ情報満載! の「村上ラヂオ」第三作。
雑誌アンアン連載中は、"猿もカモシカも狸も、わざわざ山を下りて「アンアン」を毎週買いに来た"というほどの人気ぶり、とか。
くれぐれも読み逃しのないよう、よろしくおねがいします。

角田光代『月と雷』

角田光代『月と雷』

2012年07月09日 中央公論新社 1680円 ISBN:9784120043994

不意の再会で人生が思わぬ方向へ...社会の「かくあるべし」を質してきた著者の真骨頂。30代の選択を描き〈生活〉の意味を問う長篇。

荻原浩『ひまわり事件』

荻原浩『ひまわり事件』

2012年07月10日 文春文庫 790円 ISBN:9784167809027

隣接する老人ホーム「ひまわり苑」と「ひまわり幼稚園」。園児と老人の交流を大人の事情が邪魔するが......。勇気あふれる熱血幼老物語!

江國香織/小川洋子/川上弘美ほか『甘い罠 8つの短篇小説集』

江國香織/小川洋子/川上弘美ほか『甘い罠 8つの短篇小説集』

2012年07月10日 文春文庫 560円 ISBN:9784167838041

当代一の作家たちの逸品を収めたアンソロジーが待望の文庫化。「蛾」「巨人の接待」「告白」......個性が凝縮された短篇をお楽しみ下さい。

北村薫『謎の部屋 謎のギャラリー』

北村薫『謎の部屋 謎のギャラリー』

2012年07月10日 ちくま文庫 998円 ISBN:9784480429612

不可思議な異世界へ誘う作品から本格ミステリまで、「豚の島の女王」「猫じゃ猫じゃ」「小鳥の歌声」など17篇。宮部みゆき氏との対談付

渡辺浩弐『1999年のゲーム・キッズ 下』

渡辺浩弐『1999年のゲーム・キッズ 下』

レビューあり、レビューコーナーへ

2012年07月11日 星海社文庫 810円 ISBN:9784061389359

広告マッチングシステム、ペアレンタルコントロール、情報統制、ライフログ、はてはビデオオンデマンドまで......、世界の光と影に顕在し、潜在する、当たり前としての"現代"は、自身の作品を通じ、未来を予言し続けてきた作家/渡辺浩弐の描く、定められた"未来"だった――! あの『ファミ通』で毎週連載された伝説的傑作にして20世紀最大の"予言の書"が、星海社文庫で"決定版"としてついに復刻。この一冊があれば、未来へいける。

町田康『宿屋めぐり』

町田康『宿屋めぐり』

レビューあり、レビューコーナーへ

2012年07月13日 講談社文庫 1100円 ISBN:9784062773072

執筆7年。新たな傑作長編小説の誕生!
主はいつも言っていた。「滅びにいたる道は広く、光にいたる道は狭い。おまえらはいつも広い道ばかり行こうとするが、それは天辺から誤りだよ」
主の命により大権現へ大刀を奉納すべく旅をする鋤名彦名は、謎のくにゅくにゅの皮に呑まれ、「偽」の世界にはまりこむ。嘘と偽善に憤り真実を求めながら、いつしか自ら嘘にまみれてゆく彦名の壮絶な道中。その苦行の果てに待ち受けるものは。俺は俺の足で歩いていくのだ。俺の2本の足で正しい道を。

舞城王太郎『SPEED BOY!』

舞城王太郎『SPEED BOY!』

レビューあり、レビューコーナーへ

2012年07月13日 講談社文庫 470円 ISBN:9784062773140

この速さは舞城王太郎にしか描けない!
成雄は走る。独りで走る。走り続けて、加速して、限界を超えて、誰も到達し得ない場所に辿り着いてしまった。限界の向こう側へ行ってしまった成雄を巡る物語。

穂村弘『整形前夜』

穂村弘『整形前夜』

レビューあり、レビューコーナーへ

2012年07月13日 講談社文庫 580円 ISBN:9784062772310

女の人、エレガンス、憧れてるのにわからない! そんな焦りを独特のユーモアでつづった、人気歌人・穂村弘による傑作エッセイ集。

佐藤友哉/笹井一個『星の海にむけての夜想曲』

佐藤友哉/笹井一個『星の海にむけての夜想曲』

2012年07月13日 星海社FICTIONS 1103円 ISBN:9784061388314

3.11後の世界に向けて放つ、星海社二周年企画。突如現れた「花」に汚染されていく未来の地球。それでもひとは生き続けていく―。

十文字青/小泉陽一朗/佐藤友哉ほか『星海社カレンダー小説2012 上』

十文字青/小泉陽一朗/佐藤友哉ほか『星海社カレンダー小説2012 上』

2012年07月13日 星海社FICTIONS 1103円 ISBN:9784061388338

星海社ウェブサイト『最前線』にて話題を呼んだ好企画、一年の記念日にちなんだ短編書き下ろし競作「カレンダー小説」ついに刊行!

犬村小六/渡辺浩弐/滝本竜彦ほか『星海社カレンダー小説2012 下』

犬村小六/渡辺浩弐/滝本竜彦ほか『星海社カレンダー小説2012 下』

2012年07月13日 星海社FICTIONS 1260円 ISBN:9784061388345

星海社ウェブサイト『最前線』にて話題を呼んだ好企画、一年の記念日にちなんだ短編書き下ろし競作「カレンダー小説」ついに刊行!

舞城王太郎『短篇五芒星』

舞城王太郎『短篇五芒星』

レビューあり、レビューコーナーへ

2012年07月13日 講談社 1050円 ISBN:9784062179096

「美しい馬の地」「アユの嫁」「四点リレー」「バーベル・ザ・バーバリアン」「あうだうだう」。綺羅星の如く輝く、五つの物語。デビュー当時の"文圧"はそのままに、透明感を増す、舞城ワールドの新ステージ!

椎名誠『どーしてこんなにうまいんだあ!』

椎名誠『どーしてこんなにうまいんだあ!』

2012年07月14日 マキノ出版 1400円 ISBN:9784837671817

しょうゆマヨスパゲティ、リンさんチャーハン、西川屋のホットサンド、タマネギ丸ごと10個炒め......
椎名誠とあやしい仲間たちが焚き火を囲んで考案した「青空料理」の数々をオールカラーで紹介。
著者初の料理本の登場! シーナワールド全開の一冊。

花村萬月『よろづ情ノ字 薬種控』

花村萬月『よろづ情ノ字 薬種控』

2012年07月19日 光文社 1680円 ISBN:9784334928353

江戸の町で、張り型から麻薬まであらゆる薬を扱う男、情ノ字。天性の嫌味無い心掌握術と容貌で、男も女も彼に惹かれる。

古井由吉/佐伯一麦『往復書簡 言葉の兆し』

古井由吉/佐伯一麦『往復書簡 言葉の兆し』

2012年07月20日 朝日新聞出版 1575円 ISBN:9784022509895

震災に直面して以後、言葉の回復を問う佐伯と、震災後と終戦後の風景を重ね差異を見出す古井。文学者が語る言葉を刻む迫真の書簡集。

西原理恵子『生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント』

西原理恵子『生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント』

2012年07月20日 文春新書 840円 ISBN:9784166608683

人気漫画家の西原理恵子さんが、波瀾万丈な人生経験をもとに、恋愛、就活、家族関係、金銭トラブルなどあらゆる悩みに答えます。

伊藤計劃/円城塔/小川一水ほか『THE FUTURE IS JAPANESE』

伊藤計劃/円城塔/小川一水ほか『THE FUTURE IS JAPANESE』

2012年07月20日 早川書房 1785円 ISBN:9784152093103

ハヤカワSFシリーズ Jコレクション日本SFはここまで来た!──伊藤計劃、円城塔、小川一水、菊地秀行、飛浩隆という五人の日本作家に加え、ブルース・スターリングら八人の米作家が豪華競作を果たした画期的アンソロジーが登場

小川洋子『とにかく散歩いたしましょう』

小川洋子『とにかく散歩いたしましょう』

2012年07月21日 毎日新聞社 1365円 ISBN:9784620321400

人気作家の日常。締切を前に白紙の恐怖に怯え、店員とのやりとりに傷つき、ハダカデバネズミに心奪われる。たとえ何があっても、愛犬と散歩すれば前に進める・・・心温まるエッセー集。

桜井亜美『スキマ猫』

桜井亜美『スキマ猫』

2012年07月25日 祥伝社文庫 580円 ISBN:9784396337773

桜井亜美『スキマ猫』発売情報。

村上龍『カンブリア宮殿 村上龍×経済人 変化はチャンス』

村上龍『カンブリア宮殿 村上龍×経済人 変化はチャンス』

2012年07月26日 日本経済新聞出版社 1680円 ISBN:9784532168407

「不況は"変化"へのサイン」大山健太郎(アイリスオーヤマ社長)、「クレームは宝の山」宗次徳二(壱番屋創業者)。消費者の微細な変化に、いかに俊敏にそしてきめ細かく対応できるか。作家・村上龍が成功の秘訣に迫る。

橋本治『浄瑠璃を読もう』

橋本治『浄瑠璃を読もう』

2012年07月27日 新潮社 2100円 ISBN:9784185524575

近代日本人はここに始まる!『仮名手本忠臣蔵』から『冥途の飛脚』まで最高の案内人と共に主要作品を精読。浄瑠璃の面白さを再発見!

町田康『この世のメドレー』

町田康『この世のメドレー』

レビューあり、レビューコーナーへ

2012年07月28日 毎日新聞社 1680円 ISBN:9784620107868

小生意気な友人の挑発で沖縄に行くことになった「余」。なぜかバンドに加入してライブデビュー。妄想がはじける爆笑珍道中、「どつぼ超然」待望の続編。

青来有一『夢の栓』

青来有一『夢の栓』

2012年07月28日 幻戯書房 2940円 ISBN:9784901998994

青来有一『夢の栓』発売情報。

池澤夏樹『カデナ』

池澤夏樹『カデナ』

レビューあり、レビューコーナーへ

2012年07月28日 新潮文庫 788円 ISBN:9784101318219

沖縄カデナから北ベトナムへ飛び、爆弾の雨を降らせる巨大爆撃機B-52。その攻撃を無力化するため、見ず知らずの4人は基地の内と外を結ぶ小さなスパイ組織をつくった。ベトナム戦争末期の沖縄を舞台に、戦争という抗いがたい現実に抗おうとするごくふつうの人たちの果敢な姿を、沖縄戦後史を通して描きだす。著者の沖縄在住十余年の思索と経験のすべてを注ぎ込んだ傑作長編小説。

宮沢章夫『考えない人』

宮沢章夫『考えない人』

レビューあり、レビューコーナーへ

2012年07月28日 新潮文庫 578円 ISBN:9784101463254

見舞い品としてウクレレを持参する人、テレビで健康にいいと紹介されると納豆が売りきれる謎、大仏を見たときに思わずつぶやく「でかいな」のひと言、行き先を知らずに走り出すタクシー運転手――。巷に溢れる「考えない人たち」の行状を描く「考えない」ほか、「ぎりぎりの人」が思わず口にする言葉を考察した「がけっぷちからの言葉」など、読む方も思いきり力が抜けるエッセイ集。

綿矢りさ『ひらいて』

綿矢りさ『ひらいて』

レビューあり、レビューコーナーへ

2012年07月31日 新潮社 1260円 ISBN:9784103326212

ひらくことは、生きてるあかし――。やみくもに、自分本位に、あたりをなぎ倒しながら疾走する、女子高生の初めての恋。大江健三郎賞受賞後第一作!

このページへのコメント