2013年1月

新刊・近刊情報

2013年1月の新刊・近刊情報

椎名誠『三匹のかいじゅう』

椎名誠『三匹のかいじゅう』

2013年01月04日 集英社 1260円 ISBN:9784087714913

『岳物語』から30年。「じいじい」の大変で幸福な毎日
出産のためアメリカから帰国した息子・岳ファミリー。風太、海、新顔の琉太、孫たちとの毎日に「じいじい」は大忙しだ。そして、3月の大震災。家族たちの決断は・・・。シーナ家の物語、最新作。

白石一文『ほかならぬ人へ』

白石一文『ほかならぬ人へ』

2013年01月10日 祥伝社文庫 620円 ISBN:9784396338107

白石一文『ほかならぬ人へ』発売情報。

丸山健二『我、涙してうずくまり』

丸山健二『我、涙してうずくまり』

2013年01月10日 岩波書店 1995円 ISBN:9784000257794

存在の悲しみに膝を屈し、孤絶と諦念に生きる中年の「私」。その静かな日常に不思議な裂け目となって襲いかかるさまざまな死。死を生きるかのような「私」と、死してなお響く彼らの声。生者と死者の交錯の果てに待ち受けていた奇跡は「私」を再生へと導くか――。独自の小説世界を疾走する作家が放つ純文学特別書き下ろし作品。

宮本輝『三千枚の金貨 上』

宮本輝『三千枚の金貨 上』

2013年01月10日 光文社文庫 650円 ISBN:9784334765156

宮本輝『三千枚の金貨 上』発売情報。

宮本輝『三千枚の金貨 下』

宮本輝『三千枚の金貨 下』

2013年01月10日 光文社文庫 650円 ISBN:9784334765163

宮本輝『三千枚の金貨 下』発売情報。

島田雅彦『傾国子女』

島田雅彦『傾国子女』

2013年01月11日 文藝春秋 1680円 ISBN:9784163818900

本作のヒロインの名は白草千春。13歳のときに画家である父が多額の借金を残して失踪。母とともに父の知人である小児科医宅に移り住むが、果たして彼は少女偏愛者であった――つねに男たちの注目を集め争いの元になる「災いの女」でありながら、自分自身に正直であり続け、幸せを貪欲に追い求めた千春。絶えざる誘惑と困難にさらされ、ジェットコースターさながらに浮き沈みの激しい人生をおくった彼女が、最後に行き着く先はどこなのか!?
島田雅彦が絶妙の女一人語りで紡ぎだす「現代版・好色一代女」。装画は「テルマエ・ロマエ」のヤマザキマリ。

佐川光晴『山あり愛あり』

佐川光晴『山あり愛あり』

2013年01月16日 双葉社 1575円 ISBN:9784575238044

周三は大手都銀で不良債権処理に追われる日々を送った。20年後、早期自主退職した周三は趣味の山登りを再開するつもりだった。だが、ある弁護士の恩義に報いるため、母子家庭支援のNPOバンク設立に向けて奔走することになる。任務に充足感を憶え始めた矢先、周三を襲ったのは...? 社会で働くことの意義を見つめる傑作長編!

中島らも『ロバに耳打ち』

中島らも『ロバに耳打ち』

2013年01月16日 講談社文庫 500円 ISBN:9784062774550

笑う門にもウツ来る!タイで悪戦苦闘した入院生活、初めて語った父と母。中島らもの独特なユーモアで綴る、笑って泣けるエッセイ集。

田中慎弥『犬と鴉』

田中慎弥『犬と鴉』

2013年01月16日 講談社文庫 500円 ISBN:9784062774222

空から落とされた無数の黒い犬が戦争を終わらせた。悲しみによって空腹を満たすため、私は図書館に篭る父親の元へ通い続ける。歪んだ家族の呪われた絆を描く力作 (『犬と鴉』)。家業を継がず一冊の本に拘泥するのはなぜか、父と息子が抱く譲れない思い(『血脈』)。定職を持たず母と二人で暮らす三十男、古びた聖書が無為な日々を狂わせる(『聖書の煙草』)。

谷川俊太郎『自選 谷川俊太郎詩集』

谷川俊太郎『自選 谷川俊太郎詩集』

2013年01月17日 岩波文庫 735円 ISBN:9784003119211

デビュー以来、半世紀を超えて人々に喜びと感動をあたえてきた谷川俊太郎(1931─)の二千数百篇におよぶ全詩から、作者自身が厳選した173篇を収録。子どもが読んで楽しめることばあそびから引用文だけで構成された実験的な長編詩まで、さまざまな文体で書き分けられたリズム感あふれることばの宇宙を俯瞰する。

田中慎弥『共喰い』

田中慎弥『共喰い』

2013年01月18日 集英社文庫 441円 ISBN:9784087450231

話題の芥川賞受賞作、文庫化!
セックスのときに女を殴る父と右手が義手の母。自分は父とは違うと思えば思うほど、遠馬は血のしがらみに翻弄されて──。映画化が決定した、第146回芥川賞受賞作。瀬戸内寂聴氏との対談を新たに収録。

小野正嗣『獅子渡り鼻』

小野正嗣『獅子渡り鼻』

2013年01月19日 講談社 1470円 ISBN:9784062182072

入江と山に囲まれた土地を舞台に、その母の故郷を頼ってやってきた10歳の少年「尊(たける)」を主人公に、ある夏の彼の生活を描く。都会で心身不自由な兄と、男にだらしなく家に寄りつかない母と暮らしていた尊は、母の親戚に連れられ、母が大嫌いだった田舎へとやってきた。豊かな自然、素朴な人々、現実を超えた霊的な存在に触れ、尊は再生していく。児童文学、神話、近代小説、叙事詩......あらゆる形式を超えた奇蹟の物語です。

佐藤友哉『1000年後に生き残るための青春小説講座』

佐藤友哉『1000年後に生き残るための青春小説講座』

2013年01月22日 講談社 1680円 ISBN:9784062181105

「1000年に一度」の大震災を経験した今、小説は生き残れるか? 野間宏、武田泰淳、椎名麟三、太宰治、サリンジャー。戦後、若者たちに熱狂的に支持されながら多くが時代の波に消えていった「戦後文学」を独創的に読み直し、「1000年後に生き残る小説とは何か?」を切実に追求する、佐藤友哉式・不滅の青春文学探求講座。

辻仁成『その後のふたり』

辻仁成『その後のふたり』

2013年01月22日 河出書房新社 1365円 ISBN:9784309909738

映画『その後のふたり』(辻仁成監督)と同じ骨格を持ちながら、映画で描かれた世界の裏側に潜んでいたもう一つの真実を文学化。ジャンルを超越する表現者辻仁成の新たな試み。

西原理恵子『いきのびる魔法: いじめられている君へ』

西原理恵子『いきのびる魔法: いじめられている君へ』

2013年01月23日 小学館 1050円 ISBN:9784091791801

西原理恵子のマンガ絵本シリーズ第1弾
朝日新聞に掲載されて評判となった「いじめられている君へ」への寄稿文を絵本化しました。オールカラーの絵本です。西原理恵子氏の最高傑作「うつくしいのはら」も収録。「人生画力対決」最新第5集と同時発売。

岡田利規『遡行 変形していくための演劇論』

岡田利規『遡行 変形していくための演劇論』

2013年01月23日 河出書房新社 1995円 ISBN:9784309273143

芸術の可能性に挑み続ける現代演劇の旗手・岡田利規(チェルフィッチュ)による初の書き下ろし演劇論。自らの遍歴を遡りながら、思考と関心に即して自分自身を変形していくための方法を探る。

西原理恵子『西原理恵子の人生画力対決 5』

西原理恵子『西原理恵子の人生画力対決 5』

レビューあり、レビューコーナーへ

2013年01月23日 小学館 880円 ISBN:9784091791795

あの画力対決が遂にガンダムに挑む!!
どこまで行くのか?お絵描き対決!豪華すぎる対戦相手は安彦良和・ヤマザキマリ・福本伸行・板垣恵介・吉田戦車・伊藤理佐・藤田和日郎・島本和彦!日本美術界からは山口晃画伯!さいとう・たかを氏の仕事場訪問も!

伊藤比呂美『閉経記』

伊藤比呂美『閉経記』

2013年01月24日 中央公論新社 1400円 ISBN:9784120044656

50代半ば、詩人は戦っている。閉経に向かう肉体と。父の介護と。夫へのムカつきと――。更年期を生きる女たちに捧ぐ喜怒哀楽エッセイ

金原ひとみ『TRIP TRAP』

金原ひとみ『TRIP TRAP』

2013年01月25日 角川文庫 580円 ISBN:9784041006610

女たちの旅は、いつも危うくて本気――
ハワイ、パリ、江ノ島......6つの旅で傷つきながら輝いていく女たち。凝縮された時と場所ゆえに浮かび上がってくる興奮と焦燥。終わりがあるゆえに迫って来る喜びと寂しさ。鋭利な筆致が女性の成長と旅立ちを描く。

田中慎弥『実験』

田中慎弥『実験』

2013年01月28日 新潮文庫 452円 ISBN:9784101334837

新作が書けぬ小説家・下村に届いた旧友春男の近況。長く疎遠だった春男は、三十を過ぎうつ病を発症したという。青春の華やぎを一切拒絶して引きこもる息子を案じ、両親の相談を受けた下村は、筆の進まぬ窮状を脱する好機と、ある不穏な「実験」を思いつくが......。潮風と砂が吹きつける海峡の町で、孤独かつ平和という泥濘であがく人々の精神の危機を冷徹にえぐる表題作ほか2篇。

西原理恵子『スナックさいばら おんなのけものみち 七転び八転び篇』

西原理恵子『スナックさいばら おんなのけものみち 七転び八転び篇』

2013年01月29日 角川書店 840円 ISBN:9784041103760

『生きる悪知恵』の上をゆく、さらに実践的なオンナのための人生指南書!
恋愛、結婚、出産、子育て、そして嫁姑問題等々、どの人生のステージにおいてもリアルな悩みが山積の女のけもの道。キレイゴトでは済まない問題に、スナックのママに扮したサイバラが胸にずんとくるアドバイスを送る

椎名誠『にっぽん全国 百年食堂』

椎名誠『にっぽん全国 百年食堂』

2013年01月31日 講談社 1470円 ISBN:9784062178143

「めし」「定食」好きでおなじみの著者が、日本各地で100年ほど続いている大衆食堂を訪ね歩き、その魅力を綴ります。
お店と味わい深い料理とのショッキングな出会いと魅力、親父さん女将さん看板娘との面白&温かいエピソード、めしや食堂のシーナ流ウンチク、旅の騒動などを、肩の力を抜いて描く珍道中記。
椎名テイスト&椎名ワールドが炸裂します。

江國香織『ちょうちんそで』

江國香織『ちょうちんそで』

2013年01月31日 新潮社 1365円 ISBN:9784103808107

いい匂い。あの街の夕方の匂い──人生の黄昏時を迎え、一人で暮らす雛子の元を訪れる人々の秘密と雛子の謎。記憶と愛をめぐる長篇。

舞城王太郎『キミトピア』

舞城王太郎『キミトピア』

レビューあり、レビューコーナーへ

2013年01月31日 新潮社 1785円 ISBN:9784104580064

僕とキミはなぜ離れるの?私とアナタはなぜ壊れるの?――でも信じよう、二人だけのこの世界を。書下し300枚を加えた最新小説集。

このページへのコメント