2013年3月

新刊・近刊情報

2013年3月の新刊・近刊情報

いしいしんじ『いしいしんじの本』

いしいしんじ『いしいしんじの本』

2013年03月01日 白水社 1995円 ISBN:9784560082546

自分にとって大切なものとなる本は、向こうからやってくる――「私を私の外へひらく」身体経験としての読書をめぐるエッセイ集。

いとうせいこう『想像ラジオ』

いとうせいこう『想像ラジオ』

レビューあり、レビューコーナーへ

2013年03月02日 河出書房新社 1470円 ISBN:9784309021720

耳をすませば、聴こえるはず----
ヒロシマ、ナガサキ、トウキョウ、コウベ、トウホク......生者と死者の新たな関係を描いた世界文学の誕生
16年の沈黙を破る、「声」の物語。

井沢元彦/呉善花『困った隣人 韓国の急所』

井沢元彦/呉善花『困った隣人 韓国の急所』

2013年03月02日 祥伝社新書 861円 ISBN:9784396113131

いまも続く日韓双方の誤解、その源がどこにあるのか、その原因はなんなのかを探るという目的でこの対談は企画された。そのためには韓国の現状を正しく把握し、歪曲も誇張もされない本当の姿を知り、さらに遡って韓国の歴史を理解することが不可欠である。作家であり歴史について独自の"井沢史観"を展開する井沢元彦氏と、韓国人でありながらグローバルな視点で評論活動をする呉善花氏が、マスコミの報道では知ることのできない韓国を伝える一冊!

赤坂真理『ミューズ/コーリング』

赤坂真理『ミューズ/コーリング』

レビューあり、レビューコーナーへ

2013年03月05日 河出文庫 788円 ISBN:9784309412085

歯科医の手の匂いに魅かれ恋に落ちた女子高生を描く野間文芸新人賞受賞作「ミューズ」と、自傷に迫る「コーリング」――『東京プリズン』の著者の代表作2作をベスト・カップリング!

角田光代/栗田有起/川上弘美ほか『女ともだち』

角田光代/栗田有起/川上弘美ほか『女ともだち』

2013年03月06日 小学館文庫 440円 ISBN:9784094088052

人気女性作家5人が競演! 5編の女子小説
女ともだちは、恋人よりも愛おしい。

池澤夏樹『文明の渚』

池澤夏樹『文明の渚』

2013年03月07日 岩波ブックレット 525円 ISBN:9784002708645

これまでと同じようには、生きられない――
東日本大震災と原発災害から2年。この間、私たちは何をしてきたのでしょうか。そして、何がわかったのでしょうか。ボランティアとして、また取材者として被災地を歩き、被災者とともに、涙し、悩み、考えてきた作家が、この大災害の意味と原発を生んだ文明について、根底から問い直します。信州岩波講座での講演の記録。

伊坂幸太郎『ガソリン生活』

伊坂幸太郎『ガソリン生活』

2013年03月07日 朝日新聞出版 1680円 ISBN:9784022510624

大学生の望月良夫は愛車のデミオ運転中に、偶然会った女優の翠を目的地へ送り届けることに。だが翌日、翠は事故死する。本当に事故だったのか? 良夫とその弟で大人びた小学5年生の亨は、翠を追いかけ回していた芸能記者・玉田と知り合い、事件に首を突っ込み始める。姉、母まで望月一家が巻き込まれて、謎は広がるばかり――。朝日新聞夕刊の人気連載が待望の単行本化。物語の語り手はなんと本邦初!?の「車」。町を走る様々な車たちの楽しいおしゃべりが全編にさんざめく、前代未聞のユーモアミステリーにして、のんきな長男・大人びた弟...と個性的なキャラが揃った家族の暖かいエピソードに溢れた、チャーミングで愛すべき長編家族小説!

柴田元幸『生半可版英米小説演習』

柴田元幸『生半可版英米小説演習』

2013年03月07日 朝日文庫 861円 ISBN:9784022646958

メルヴィル、サリンジャー、ピンチョンにP・オースターetc。様々な作家の代表作のさわりと対訳、そしてそれぞれに熱のこもった長い解説が付く。英米文学の世界への扉となる入門書にして、より深く英米文学を味わい楽しむための知的よみもの。

山崎ナオコーラ『お父さん大好き』

山崎ナオコーラ『お父さん大好き』

2013年03月08日 文春文庫 490円 ISBN:9784167838485

『人のセックスを笑うな』『論理と感性は相反しない』など、時代の空気感を掬い取るビビットな文体とセンスで人気の山崎ナオコーラさんの中短編集。恋人ではないけれどセックスはする会社の先輩と、セックスはしないけれどつきあっている30歳年上の上司との間で揺れる20代女性を描いた「手」(芥川賞候補作)。NHKラジオ文芸館で紹介され異例の話題となった、血のつながらない娘と暮らす44歳のサラリーマンが主人公の、『お父さん大好き』など4作を収録。おじさんたちが可愛く思えてくる、ウィットと切なさに満ちたナオコーラ・ワールドが堪能できます(2009年刊の単行本『手』を改題)

重松清『きみ去りしのち』

重松清『きみ去りしのち』

2013年03月08日 文春文庫 660円 ISBN:9784167669133

幼い息子を喪った父。〈その日〉をまえにした母に寄り添う少女。日本の美しい風景のなか、生と死がこだまする、ふたりの巡礼の旅。

渡辺浩弐『2999年のゲーム・キッズ 上』

渡辺浩弐『2999年のゲーム・キッズ 上』

2013年03月08日 星海社文庫 910円 ISBN:9784061389441

【300万PV】Webで連載中の新シリーズが300万PV超えの大ヒット!『ゲーム・キッズ』シリーズ文庫化第5弾!

井沢元彦『学校では教えてくれない日本史の授業 3 悪人英雄論』

井沢元彦『学校では教えてくれない日本史の授業 3 悪人英雄論』

2013年03月08日 PHP研究所 1680円 ISBN:9784569810928

あの「大化の改新」を成し遂げた天智天皇は、実は悪人だった!? 通説の人物評価をくつがえす「井沢元彦の日本史の授業」、第3弾!

川上未映子『安心毛布』

川上未映子『安心毛布』

2013年03月08日 中央公論新社 1365円 ISBN:9784120044786

結婚・妊娠・出産......作家・川上未映子に起きた心と体の大変化。果敢に創作と育児の両立に挑む日々を綴った日記的エッセイ最新刊。

綿矢りさ『憤死』

綿矢りさ『憤死』

2013年03月08日 河出書房新社 1260円 ISBN:9784309021690

「命をかけてた恋が、終わっちゃったの!」失恋して自殺未遂したと噂される女友達。見舞いに行った私に、彼女が語った恋の真相とは!? 綿矢りさの新たな魅力あふれる初の連作短篇集。

重松清『また次の春へ』

重松清『また次の春へ』

2013年03月09日 扶桑社 1470円 ISBN:9784594067861

終わりから、始まる。
厄災で断ち切られたもの、それでもまた巡り来るもの。
喪失の悲しみと、再生への祈りを描く、7つの小さな物語。

伊坂幸太郎『バイバイ、ブラックバード』

伊坂幸太郎『バイバイ、ブラックバード』

2013年03月13日 双葉文庫 680円 ISBN:9784575515657

星野一彦の最後の願いは何者かに〈あのバス〉で連れていかれる前に、五人の恋人たちに別れを告げること。そんな彼の見張り役は「常識」「愛想」「悩み」「色気」「上品」。これらの単語を黒く塗り潰したマイ辞書を持つ粗暴な大女、繭美。なんとも不思議な数週間を描く、おかしみに彩られた「グッド・バイ」ストーリー。

松尾スズキ『ニッポンで笑う お婆ちゃん! それ、偶然だろうけどリーゼントになってるよ!!3』

松尾スズキ『ニッポンで笑う お婆ちゃん! それ、偶然だろうけどリーゼントになってるよ!!3』

2013年03月14日 東京ニュース通信社 1500円 ISBN:9784863363021

雑誌「テレビブロス」での連載「お婆ちゃん! それ、偶然だろうけどリーゼントになってるよ!!」(2008年1月~2012年12月)をまとめた単行本の第3弾。連載開始から10年以上が経ち、完成形に到達したといっても過言ではない松尾スズキのコラムと、河井克夫によるシュールな4コマ漫画の絶妙なコンビネーションがたっぷり5年分楽しめる。毎年末恒例の映画コスプレ企画「私をスターにしてください! 」も再録。

柳美里『ファミリー・シークレット』

柳美里『ファミリー・シークレット』

2013年03月15日 講談社文庫 680円 ISBN:9784062775007

「愛する子供への虐待」「26年ぶりの父との対峙」......小説のなかに閉じ込めてきた家族の闇を初めて綴った感動ノンフィクション。

村上龍/坂本龍一『村上龍と坂本龍一 21世紀のEV. Cafe』

村上龍/坂本龍一『村上龍と坂本龍一 21世紀のEV. Cafe』

2013年03月15日 スペースシャワーネットワーク 1575円 ISBN:9784906700790

21世紀に蘇った伝説の対談。 村上龍、坂本龍一のふたりは現在の日本をどのように俯瞰するのか!? 80年代にカルト的な熱狂を持って迎えられた対談、鼎談シリーズの「EV.Cafe」。村上龍と坂本龍一のふたりの「龍」がその知性と感覚を研ぎ澄ましたこの対談シリーズが、3.11後の日本で復活しました。日本のいまと将来を憂う21世紀の対談とともに、かつて20世紀末に行われた同シリーズの対談、鼎談を今回、単行本初収録をしました。盟友・浅田彰から、現MITメディアラボ所長の伊藤穰一、自民党・塩崎恭久まで各界の論客を招いてのスリリングな鼎談も、今回まとめて読むことができる、話題の一冊となりました!

吾妻ひでお/西原理恵子『実録!あるこーる白書』

吾妻ひでお/西原理恵子『実録!あるこーる白書』

2013年03月15日 徳間書店 1260円 ISBN:9784198635862

アルコール依存の体験者・吾妻ひでおと、伴侶が依存症だった西原理恵子──2人の天才漫画家が語るお酒にまつわるさまざまな話。

戸梶圭太/スケコロ『おじいちゃんもう一度最期の戦い』

戸梶圭太/スケコロ『おじいちゃんもう一度最期の戦い』

2013年03月19日 オークラ出版 NMG文庫 680円 ISBN:9784775520215

専門学校を卒業しても就職先が見つからない直人。そんな時、父が不祥事をやらかしてしまい、幼少一度きりしか会ったことがない祖父の住む白光団地へ引越しをすることに。そこで直人を待ち受けていたものは...創造を絶する荒廃団地の地獄絵図!! 絶望的な状況の中、直人はじいちゃんの力を借りて、美人エジプト人(バツイチ、子持ち)水槽系女子(いま流行りの?)を救うために立ち上がる!?

佐川光晴『おれのおばさん』

佐川光晴『おれのおばさん』

レビューあり、レビューコーナーへ

2013年03月19日 集英社文庫 473円 ISBN:9784087450507

父が突然逮捕!? それでも少年は前を向く!
父の逮捕。一家離散の危機に、中学生の"おれ"は養護施設で働くおばさんに預けられて─。どうにもならない壁にぶつかり、悩んで、少年は少しずつ大人になる。第26回坪田譲治賞受賞作。

中村航『さよなら、手をつなごう』

中村航『さよなら、手をつなごう』

2013年03月19日 集英社文庫 525円 ISBN:9784087450521

さよならに抱かれて、ぼくらは生きている
宇宙を目指していた兄とその仲間たちとの、輝いていた幼い日々。好きな女の子ができて変化した、親友との関係...。懐かしくて、切なくて、イノセント。「青春からの卒業」を描いた心揺さぶる短編集。

戸梶圭太『レジスタンス・ニッポン』

戸梶圭太『レジスタンス・ニッポン』

2013年03月20日 双葉社 1680円 ISBN:9784575238129

音楽活動の夢破れた活人は叔父が所長を務める結婚相談所で働く。自分勝手な要求ばかりの会員の態度に心身疲れ果てる。そんな活人の前に、一人の男が現れる。彼は外国の傭兵だった。一方活人の叔父は、なにやら怪しい仕事に手を出していた。活人の人生に何が起こるのか?怒涛の3部構成で贈る、他を寄せ付けないぶっちぎりのエンターテインメントが誕生!

高橋源一郎『国民のコトバ』

高橋源一郎『国民のコトバ』

2013年03月20日 毎日新聞社 1680円 ISBN:9784620321813

政治、ファッション、漫画、官能、人工知能などなど、爆笑と驚きと発見に充ちた日本語との邂逅。

椎名誠『世界どこでもずんがずんが旅』

椎名誠『世界どこでもずんがずんが旅』

2013年03月23日 角川文庫 620円 ISBN:9784041007372

思えばいろいろ旅をしてきた。 マイナス50℃の世界から灼熱の砂漠まで――地球の端から端までずんがずんがと駆け巡り、見て、食べて、撮って、話してきたそのまんまをつづった30年の軌跡!旅と冒険の達人・シーナが贈る極上フォトエッセイ!

西原理恵子『ああ息子』

西原理恵子『ああ息子』

レビューあり、レビューコーナーへ

2013年03月23日 角川文庫 580円 ISBN:9784041007310

男の子をもつ日本全国お母さんの笑いと涙がテンコ盛りのコミックエッセイ!
耳を疑うような爆笑エピソードの数々。でもみんな、本当にあった息子の話、なんです――!! 息子の「あちゃちゃ」なエピソードに共感の声続々! 育児中のママ必携の愛溢れるコミックエッセイの傑作。

三砂ちづる/よしもとばなな『女子の遺伝子』

三砂ちづる/よしもとばなな『女子の遺伝子』

2013年03月26日 亜紀書房 1260円 ISBN:9784750513072

「これは吉本隆明からの遺言です」 私たち、もっと、楽しく、心も体も、 しんから楽しく生きたいんです。 「子どもは1歳までに、母親が子どもにどう接したかで、その子の人 格形成の核の部分が決まる」、これはよしもとばななさんの父であ る吉本隆明氏の持論だった。赤ちゃんは母親の無意識から大きな 影響を受けるので、母親が安定していないと、この世に生まれてき たことの安心感を得られないのだという。現在の20代、30代の女 性たちは、鬱病、生理不順などの心身の不調や、漠然とした見捨 てられ不安を訴え、どこか内向きで、自信なさげである。急激な近 代化を生き抜いた70代、80代の女性たちに育てられた40代、50 代のお母さんたちは、とっても真摯に、世の中の役に立つ立派な 娘を育てようとした。それは間違いではないけれど、それは女子と して、幸せなことなの? 母子保健の研究者である三砂ちづるさんと、世界的作家であるよしもとばななさんが、自らの妊娠、出産、おっぱい、両親との関係、子育てなどなど、自らが現代に生きる女たちのロールモデルとなるべく、すべての女性に向けて語り合った。

江國香織『はだかんぼうたち』

江國香織『はだかんぼうたち』

2013年03月27日 角川書店 1575円 ISBN:9784041104101

終わりも答えもない恋愛の真実
9歳年下の鯖崎と付き合う桃。母の和枝を急に亡くした桃の親友の響子。桃がいながらも響子に接近していく鯖崎......。"誰かを求める"思いに、あまりに素直な男女たち="はだかんぼうたち"のたどり着く地とは――。

黒柳徹子/糸井重里『タマネギのひみつ。』

黒柳徹子/糸井重里『タマネギのひみつ。』

2013年03月27日 祥伝社 1365円 ISBN:9784396614522

大人気サイト「ほぼ日刊イトイ新聞」で最も面白かった対談に選ばれた、黒柳徹子さんと糸井重里さんの豪華組み合わせによる珠玉の対談が完全書籍化!
いつもは「聞く」立場にある黒柳さんが「聞かれる」側となって、日常の些細な発見から、大物芸能人のエピソードまで紹介。

椎名誠『流木焚火の黄金時間 ナマコのからえばり7』

椎名誠『流木焚火の黄金時間 ナマコのからえばり7』

2013年03月27日 毎日新聞社 1470円 ISBN:9784620321851

この難儀な時代にわしらは何を考えるべきなのか。釣りと映画から、放射能汚染に自然破壊まで、椎名流の野生の思考が語り出す。

よしもとばなな『人生のこつあれこれ2012』

よしもとばなな『人生のこつあれこれ2012』

2013年03月28日 新潮文庫 746円 ISBN:9784101359410

10年間続いた公式サイトの日記連載が一新。新エッセイシリーズが始まりました。毎日を健康で過ごし、いい小説だけを書いていきたい。鋭いカルチャー批評と、深く豊かな日々の思い。そしてたくさんの学びをのこした最愛の両親との別れ......。波瀾万丈な一年間の学びをつめこんだ、あなたと考える人生論です。巻末には、電子書籍アプリBanakobanashiからのボーナスエッセイも収録。

宮沢章夫『彼岸からの言葉』

宮沢章夫『彼岸からの言葉』

2013年03月28日 新潮文庫 452円 ISBN:9784101463261

彼岸――それは人間の隠された暗部。精神科の待合室で「俺は何ともないけど、家族が行け行けってうるさいんだよ」と繰り返す老人。最大級の飴を「でかいでしょ」と誇らしげに口に含み、「アグァアガガ」と苦しんで訴える人。断るときは「やめてちょ」、驚くと「びっくりしたな、もう」、お礼は「ありがたや、ありがたや」と来る言葉のダダ漏れ男。元祖脱力エッセイスト、伝説の最高傑作。

星野智幸『俺俺』

星野智幸『俺俺』

レビューあり、レビューコーナーへ

2013年03月28日 新潮文庫 578円 ISBN:9784101164526

なりゆきでオレオレ詐欺をしてしまった俺は、気付いたら別の俺になっていた。上司も俺だし母親も俺、俺ではない俺、俺たち俺俺。俺でありすぎて、もう何が何だかわからない。増殖していく俺に耐えきれず右往左往する俺同士はやがて――。他人との違いが消えた100%の単一世界から、同調圧力が充満するストレスフルな現代社会を 笑う、戦慄の「俺」小説! 大江健三郎賞受賞作。

西原理恵子/佐藤優『とりあたま事変』

西原理恵子/佐藤優『とりあたま事変』

2013年03月28日 新潮文庫 662円 ISBN:9784101370736

無頼派まんが家西原理恵子と、知の巨人にして前科者の佐藤優。この最凶コンビにかかれば、政治も経済も実に明快。高額納税企業の経営者を議員にしろ! 税金取る前に官僚の金銭感覚なんとかせい。東京五輪が来たら歌舞伎町は解散? 自由は有料、老若男女みな働け。外務省はちゃんと竹島守れ! 二人ならではの暴論=正論がてんこもり、過激コラム集。『週刊とりあたまニュース』改題。

白石一文『砂の上のあなた』

白石一文『砂の上のあなた』

2013年03月28日 新潮文庫 662円 ISBN:9784101340722

僕が死んだら、愛する女性の骨と一緒に眠らせてほしい――。亡父が残した愛人への手紙。それは砂上の出会いから続く「運命」の結実だった。愛を失った夫。結婚を誓った元婚約者。愛人の息子を名乗る男。35歳の主婦・美砂子は、自らを取り巻く人間関係の根源に、千億の愛すら呑み込む「超越」をみる。生きるとは何か。人はなぜ、子を成すのか。果てなき愛への答えを示す、小説の究極。

清水義範/西原理恵子『清水義範のイッキによめる! 日本史人物伝 平安時代×武士の誕生編』

清水義範/西原理恵子『清水義範のイッキによめる! 日本史人物伝 平安時代×武士の誕生編』

2013年03月29日 講談社 1260円 ISBN:9784062182713

清水義範が、桓武天皇、空海、平将門、平清盛、北条時宗、足利尊氏など、歴史上の人物を、小説方式で解説。
イラストは、清水義範とのコンビもおなじみ、映画化でも話題の人気漫画家、西原理恵子。インパクトのあるイラストは、子ども達にも支持されるはずです。
ユーモアたっぷりの語り口と、一度見たら忘れられないイラストのコラボレーションで、楽しく歴史を学べます。

橋本治『自然主義の王国 失われた近代を求めてII』

橋本治『自然主義の王国 失われた近代を求めてII』

2013年03月29日 朝日新聞出版 2310円 ISBN:9784022510549

島崎藤村『破戒』、田山花袋『蒲団』から私小説へ。日本の「自然主義」は「言えない秘密」を抱える男達の物語だった。それがいつしか「事実」を告白する小説へと変貌する。藤村の「自分語り」を通して、自然主義の本質に迫る橋本流近代文学論。

川上未映子『愛の夢とか』

川上未映子『愛の夢とか』

2013年03月29日 講談社 1470円 ISBN:9784062177993

『ヘヴン』『すべて真夜中の恋人たち』と一作ごとに新境地を開拓する川上未映子の多彩にきらめく魅力が一冊になった初・短編小説集!

石鍋真澄/堀江敏幸『誰も知らないラファエッロ』

石鍋真澄/堀江敏幸『誰も知らないラファエッロ』

2013年03月29日 新潮社 1680円 ISBN:9784106022425

抜群の構成力と色彩の妙で盛期ルネサンスの「理想美」を描き出し、古典主義の範を創り上げて、西洋美術史にレオナルド、ミケランジェロをも凌駕する多大な影響を及ぼした早世の天才画家。美丈夫で人柄も良く万人から愛された彼には、未だ知られざる貌があった!

梨木香歩『鳥と雲と薬草袋』

梨木香歩『鳥と雲と薬草袋』

2013年03月29日 新潮社 1365円 ISBN:9784104299089

心惹かれる土地の来歴を知りたい。飛ぶ鳥や雲の様を眺めつつ旅して、地名に召喚される土地の記憶を物語る、滋養に充ちた葉篇随筆。

よしもとばなな『さきちゃんたちの夜』

よしもとばなな『さきちゃんたちの夜』

2013年03月29日 新潮社 1365円 ISBN:9784103834106

その日、〈さきちゃん〉にささやかな奇跡が訪れた。きつい世の中を元気に生き抜く女性たちに贈る、物語のエール。待望の短篇集。

k.m.p.『10日でおいくら? くるくる バルセロナ!』

k.m.p.『10日でおいくら? くるくる バルセロナ!』

2013年03月29日 JTBパブリッシング 1260円 ISBN:9784533090493

人気ユニットk.m.p.のバルセロナ旅行記。アパートを借りて、10日間の「暮らすような旅」の中で、かかった金額を毎日全て公開。アパート探しに始まり、暮らし始めるための準備、2階建ての市内観光バスやレンタサイクルの利用、サグラダ・ファミリアをはじめとするガウディ建築巡り、美術館巡り、バルでの寛ぎ、スーパーやデパ地下、市場でのショッピング、お土産探し、路地歩きで見つけた可愛いものなど、イラストと豊富な写真でバルセロナ旅行のヒント満載。

このページへのコメント