2014年1月

新刊・近刊情報

2014年1月の新刊・近刊情報

よしもとばなな『ジュージュー』

よしもとばなな『ジュージュー』

2014年01月04日 文春文庫 431円 ISBN:9784167900038

下町の小さなステーキ&ハンバーグのお店「ジュージュー」を舞台に繰り広げられる、おかしくも切ない物語。美津子は両親から受け継いだお店を、遠縁で元恋人でもある進一と共に切り盛りしている。常連のお客さんたちは、みんなどこかに欠落を抱えながらも、背一杯今日を生きている人ばかり。世の中はどうにもならないことばかり。でも、おいしいハンバーグを食べれば、つらいことがあっても元気を取り戻せる! 生きることの喜びをギュッと閉じ込めた傑作。

白石一文『彼が通る不思議なコースを私も』

白石一文『彼が通る不思議なコースを私も』

2014年01月06日 集英社 1680円 ISBN:9784087715347

椿林太郎、元教師。本気で世界を変えようと思っている男。人は彼のことを「神の子」と呼ぶ──。
人間がそれぞれ生まれ持つ「時間」(寿命)とは何か。生への根源的な問いを投げかける渾身の一作。

長嶋有『祝福』

長嶋有『祝福』

2014年01月08日 河出文庫 609円 ISBN:9784309412696

女ごころを書いたら、女子以上! ダメ男を書いたら、日本一!! 女主人公5人VS.男主人公5人で贈る、夢の紅白短篇競演。

堀江敏幸『戸惑う窓』

堀江敏幸『戸惑う窓』

2014年01月09日 中央公論新社 2310円 ISBN:9784120045844

立っても、坐っても、視線を外に向けると、いつか、必ず、何かが起きるような気がする――〈私と世界〉を静かに映す長篇エッセイ

安部譲二/山田詠美『人生相談劇場』

安部譲二/山田詠美『人生相談劇場』

2014年01月10日 中央公論新社 1680円 ISBN:9784120045851

アウトロー街道を突っ走る二人が、皆さまのお悩みに答えます。恋愛問題から、伴侶の死まで??。読めば心が軽くなる(かも)?

重松清『あすなろ三三七拍子 上』

重松清『あすなろ三三七拍子 上』

2014年01月15日 講談社文庫 693円 ISBN:9784062777377

重松清『あすなろ三三七拍子 上』発売情報。

重松清『あすなろ三三七拍子 下』

重松清『あすなろ三三七拍子 下』

2014年01月15日 講談社文庫 693円 ISBN:9784062777384

重松清『あすなろ三三七拍子 下』発売情報。

町田康『人間小唄』

町田康『人間小唄』

レビューあり、レビューコーナーへ

2014年01月15日 講談社文庫 630円 ISBN:9784062777421

国民の無意識に影響力を及ぼして混乱を招来する糺田両奴の文学を根底から破壊する。罠にはまった糺田に課された難題の行き着く果て。

江國香織『抱擁、あるいはライスには塩を 上』

江國香織『抱擁、あるいはライスには塩を 上』

2014年01月17日 集英社文庫 630円 ISBN:9784087451504

江國香織『抱擁、あるいはライスには塩を 上』発売情報。

江國香織『抱擁、あるいはライスには塩を 下』

江國香織『抱擁、あるいはライスには塩を 下』

2014年01月17日 集英社文庫 630円 ISBN:9784087451511

江國香織『抱擁、あるいはライスには塩を 下』発売情報。

清水義範『心を操る文章術』

清水義範『心を操る文章術』

2014年01月17日 新潮新書 714円 ISBN:9784106105555

今日からあなたも名文家の仲間入り! 読み手の心を揺さぶるために必要な発想とテクニックをつぶさに伝授。メール、ツイッターから小説まで、あらゆる文章に応用可能な「一億総書き手」時代の文章読本!

伊藤比呂美『父の生きる』

伊藤比呂美『父の生きる』

2014年01月18日 光文社 1365円 ISBN:9784334977634

老いてなお生きる苦しみを、娘に打ち明ける父であります。

年老いた父は生きる気をすっかりなくして無為に生きております。
その寂しさが、その孤独が娘の私にひしと寄り添います。
いつか死ぬ、それまで生きる。
三年半の遠距離介護の記録を通して見つめる、親を送るということ。

井沢元彦『逆説の世界史 1 古代エジプトと中華帝国の興廃』

井沢元彦『逆説の世界史 1 古代エジプトと中華帝国の興廃』

2014年01月20日 小学館 1575円 ISBN:9784093883474

『逆説の日本史』著者の新たなライフワーク
構想に15年以上を費やした本企画は、民族、宗教、イデオロギーによる偏見や差別を極力排し、いわば「地球外生命体(ET)の視点」で人類の歴史を読み解く逆説史観による文明論。

いしいしんじ『京都ごはん日記』

いしいしんじ『京都ごはん日記』

2014年01月21日 河出書房新社 1943円 ISBN:9784309206370

ファン待望! いしいしんじの「ごはん日記」が帰って来た!! 長野県の松本を後にした、いしいさんと園子さんの新天地、それは著者縁の地・京都。いしいしんじの感性を通じて新たな京都を発見出来る一冊

いしいしんじ/池田進吾『そのように見えた』

いしいしんじ/池田進吾『そのように見えた』

2014年01月22日 イースト・プレス 1890円 ISBN:9784781610894

白泉社『MOE』に連載された、絵や映画についてのエッセイに、自身の半生をこれまで暮らしてきた場所に焦点を当てて書いた「みずのそば」など、書き下しを加えて書籍化! 全面に、池田進吾による絵をふんだんに掲載。カラーページ多数で、まるで絵本のような贅沢な味わい。
いつか出会った絵、音楽、人々。忘れられない風景、忘れていた記憶。じっと心を澄ませると、絵が浮かんでくる。その瞬間を捉えて書かれた言葉たち。

古川日出男『冬眠する熊に添い寝してごらん』

古川日出男『冬眠する熊に添い寝してごらん』

2014年01月22日 新潮社 1680円 ISBN:9784103060758

秘められた掟を生きる兄弟と、獣の詩を歌う女が交わるとき、百年の呪いは降りかかる――。蜷川幸雄に書下ろす、小説家の挑戦的戯曲!

いとうせいこう『未刊行小説集』

いとうせいこう『未刊行小説集』

2014年01月23日 河出書房新社 1890円 ISBN:9784309022475

「あれ、こんなの書いてたっけ...?」著者自身が驚嘆。『想像ラジオ』以前に執筆された幻の長篇「歌を忘れてカナリアに」を含む、記憶の空白を埋める企みに満ちた小説集。全て単行本初収録。

小川洋子/クラフト・エヴィング商會『注文の多い注文書』

小川洋子/クラフト・エヴィング商會『注文の多い注文書』

2014年01月23日 筑摩書房 1680円 ISBN:9784480804501

「バナナフィッシュの耳石」「貧乏な叔母さん」などなど、奇妙な縁から小説の登場品物の探索がクラフト・エヴィング商會に舞い込む。

小林恭二『これが名句だ!』

小林恭二『これが名句だ!』

2014年01月23日 角川俳句ライブラリー 1680円 ISBN:9784046526243

誰もが納得する名句のオンパレード! 作家でもある著者が、実作俳人と異なる広い視野から、数多くの名句を読み解き、俳人の業績、一句の背景、俳句への向き合い方など、俳句のすばらしさを、やさしく、深く、書き綴る。名句鑑賞の決定版。

谷川俊太郎/松本大洋『かないくん』

谷川俊太郎/松本大洋『かないくん』

2014年01月24日 東京糸井重里事務所 1680円 ISBN:9784865011074

ある日、ともだちのかないくんが学校を休んだ。
かないくんは親友じゃない。ふつうのともだち。
日常に訪れた、はじめての"死"。

死ぬって、ただここにいなくなるだけのこと?

詩人、谷川俊太郎が、一夜で綴り、
漫画家、松本大洋が、二年かけて描いた絵本。

吉田修一『怒り 上』

吉田修一『怒り 上』

2014年01月24日 中央公論新社 1260円 ISBN:9784120045868

殺人現場には、血文字「怒」が残されていた。事件から1年後の夏、物語は始まる。逃亡を続ける犯人・山神一也はどこにいるのか?

吉田修一『怒り 下』

吉田修一『怒り 下』

2014年01月24日 中央公論新社 1260円 ISBN:9784120045875

房総半島、新宿、沖縄。3組の家族の前に前歴不詳の男が現れて......。衝撃のラストまで一気に読ませる、吉田修一の新たなる代表作。

角田光代『西荻窪キネマ銀光座』

角田光代『西荻窪キネマ銀光座』

2014年01月25日 角川文庫 504円 ISBN:9784041009192

名作映画に寄せた想いを三好銀の漫画とともに綴る映画エッセイ!
ちっぽけな町の古びた映画館。私は逃亡するみたいに座席のシートに潜り込んで、大きなスクリーンに映し出される物語に夢中になる――名作映画に寄せた想いを三好銀の漫画とともに綴る極上映画エッセイ!

辻仁成『オリガミ』

辻仁成『オリガミ』

レビューあり、レビューコーナーへ

2014年01月25日 角川文庫 462円 ISBN:9784041011812

目に焼きつくほど愛した――幸せの予感に満ちあふれた極上の愛の物語!
角膜移植で光を取り戻したヴァレリーは術後、不思議な男性の幻を見るようになる。彼は誰? ブリュッセルの女と東京の男が運命によって呼び合わされたとき......幸せの予感に満ちあふれた、極上の愛の物語。

古川日出男『聖家族 上』

古川日出男『聖家族 上』

レビューあり、レビューコーナーへ

2014年01月29日 新潮文庫 882円 ISBN:9784101305349

狗塚(いぬづか)羊二郎は囚われていた。殺人罪。死刑。なぜ彼は人を殺したのか。なぜ彼は殺人術を使えたのか――。聞こえてくる兄の声。妹の訪問。祖母が語る歴史。やがて過去、現在、未来は混濁し、青森の名家・狗塚家に記憶された東北の「正史(ヒストリー)」が紐解かれる。戦国時代から明治維新、戊辰戦争から太平洋戦争へ。時空を貫く血の系譜は、どこに向かう......? 狗塚三兄弟が疾走する「妄想の東北(とうほぐ)」。

古川日出男『聖家族 下』

古川日出男『聖家族 下』

レビューあり、レビューコーナーへ

2014年01月29日 新潮文庫 987円 ISBN:9784101305356

狗塚家。青森の名家である彼の家とともに、東北の歴史は記憶されていた。親から子へ、子から孫へ。語り継がれる「正史(ヒストリー)」は、ふたたび現代と出会い、物語は狗塚三兄弟の逃亡劇から冠木(かぶき)兄妹の誘拐事件へと移る。異境を翔(かけ)る者、天狗。人を導く、犬。狗塚カナリアが新たな生命の鼓動を聞くとき、すべての時空は「鳥居」によって接続される――。小説史に屹立する「聖家族(サグラダ・ファミリア)」、ここに完成。

伊坂幸太郎『首折り男のための協奏曲』

伊坂幸太郎『首折り男のための協奏曲』

2014年01月31日 新潮社 1575円 ISBN:9784104596065

豪速球から消える魔球まで出し惜しみなく投じられた「ネタ」たち。技巧と趣向が融合した七編を収める贅沢すぎる連作集。黒澤も登場!

ポール・オースター『写字室の旅』

ポール・オースター『写字室の旅』

2014年01月31日 新潮社 1890円 ISBN:9784105217167

彼はどこに行くのか。どこにいるのか──かつてオースター作品に登場した人物を次々に連れ出す、新しいラビリンス・ノベル。

馳星周『ラフ・アンド・タフ』

馳星周『ラフ・アンド・タフ』

2014年01月31日 講談社 1575円 ISBN:9784062188357

賞金稼ぎを夢見て無茶ばかりする二人の男。ヤクザの借金を踏み倒した風俗嬢を見つけたが、女は言う。「好きときに、好きな穴を使っていいのよ」。堅い絆で結ばれた二人は何もかも投げ捨てて女を、そしてその幼い息子を逃がすことを決意する。血塗れの子守歌をききながら、明日なき暴走が始まる。魂の兄弟、そして夢のような女と健気なガキ――死にたいくらい焦がれた幸せが目の前にある!

このページへのコメント