2014年4月

新刊・近刊情報

2014年4月の新刊・近刊情報

大崎善生『さようなら、僕のスウィニー』

大崎善生『さようなら、僕のスウィニー』

2014年04月04日 ポプラ文庫 605円 ISBN:9784591139745

青春時代の儚い記憶がふんわりと浮かび上がる、大崎善生の新境地、鉄道を巡る十篇の短編小説。

田口ランディ『仏教のコスモロジーを探して 深くて新しい仏教のいま』

田口ランディ『仏教のコスモロジーを探して 深くて新しい仏教のいま』

2014年04月 サンガ 2,592円 ISBN:9784905425915

田口ランディ『仏教のコスモロジーを探して 深くて新しい仏教のいま』発売情報。

柴田元幸『死んでいるかしら』

柴田元幸『死んでいるかしら』

2014年04月08日 日経文芸文庫 734円 ISBN:9784532280338

「幸福とは、日当たりのことである」というのが僕の唯一の個人的哲学なのである、前世は亀だったのだ。 ――文学からラーメンまで、主に笑えて少し泣ける、人気翻訳家・柴田元幸氏による名エッセイを初の文庫化。

梨木香歩『海うそ』

梨木香歩『海うそ』

2014年04月09日 岩波書店 1620円 ISBN:9784000222273

昭和の初め,南九州の離島(遅島)に,人文地理学の研究者,秋野が調査にやって来た.かつて修験道の霊山があった,山がちで,雪すら降るその島は,自然が豊かで変化に富み,彼は惹きつけられて行く.50年後,不思議な縁に導かれ,秋野は再び島を訪れる──.歩き続けること,見つめ続けることによってしか,姿を現さない真実がある.著者渾身の書き下ろし小説.

穂村弘/東直子『短歌入門』

穂村弘/東直子『短歌入門』

2014年04月09日 ちくま新書 842円 ISBN:9784480689160

クラクラするほどかっこいい歌、情緒的で優しい歌、調べの心地よい歌......短歌は読めば読むほど面白い!まずは自分のお気に入りを見つけよう。

柴崎友香『星よりひそかに』

柴崎友香『星よりひそかに』

2014年04月10日 幻冬舎 1404円 ISBN:9784344025646

誰かが、わたしの恋人のことを好きなのだった。

「あんたさ、男を必死に追いかけるなんて、みっともないよ」
会いたいとかいっしょにいてほしいとか、仕事中の男に無理を言う女がどんなにつまらなくてみじめか、よくわかってる。だけど、そう思ったらいけないの? だってわたし、ただ好きな人といっしょにいたいだけ。そんな当たり前のことを、普通の、誰でも思うようなことを考えるのは、そんなに悪いことなの?――ほんとうにほしいものは、与えられない。どれだけ待っても。

辻仁成『ぼくから遠く離れて』

辻仁成『ぼくから遠く離れて』

レビューあり、レビューコーナーへ

2014年04月10日 幻冬舎文庫 583円 ISBN:9784344421837

辻仁成『ぼくから遠く離れて』発売情報。

村上龍『55歳からのハローライフ』

村上龍『55歳からのハローライフ』

2014年04月10日 幻冬舎文庫 648円 ISBN:9784344421875

村上龍『55歳からのハローライフ』発売情報。

辻仁成『醒めながら見る夢』

辻仁成『醒めながら見る夢』

2014年04月10日 角川書店 1728円 ISBN:9784041107287

行き場を失った愛はどこへ向かうのか――究極の恋愛小説! 華道の家元後継者として厳しく育てられた姉妹・亜紀と陽菜は、演出家の優児をめぐって三角関係に陥りながら、自らの心のありようを模索する。答えの無い不条理な世界で、行き場を失った愛はどこへ向かうのか――

多和田葉子『かかとを失くして 三人関係 文字移植』

多和田葉子『かかとを失くして 三人関係 文字移植』

2014年04月11日 講談社文芸文庫 1620円 ISBN:9784062902274

群像新人賞受賞作を含む初期中編三作。独特な作風と言語・文化への鋭く繊細な洞察から生まれる多和田ワールドの魅力が横溢する作品集

町田康『スピンク日記』

町田康『スピンク日記』

レビューあり、レビューコーナーへ

2014年04月15日 講談社文庫 918円 ISBN:9784062778183

私はスピンク。プードルです。小説家の主人・ポチ、美徴さん、キューティー・セバスチャンや猫たちとの暮らしについて申し上げます。

k.m.p.『おかあさんとあたし。1&2』

k.m.p.『おかあさんとあたし。1&2』

レビューあり、レビューコーナーへ

2014年04月16日 大和書房 1620円 ISBN:9784479670810

おかあさんといつもいっしょだった何気ない日常。なんてことのない一瞬に、おかあさんとわたしがいた。すべてのおかあさんに捧ぐ。

村上春樹『女のいない男たち』

村上春樹『女のいない男たち』

2014年04月18日 文藝春秋 1700円 ISBN:9784163900742

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」から1年、
村上春樹、9年ぶりの短編小説集。
表題作は書下ろし作品。

横尾忠則『ぬりえ横尾探検隊 COLORING LOST IN YOKOO JUNGLE』

横尾忠則『ぬりえ横尾探検隊 COLORING LOST IN YOKOO JUNGLE』

2014年04月20日 芸術新聞社 1620円 ISBN:9784875863977

ぬってみよう!
あなたの色を手がかりに
作品にひろがる色彩の密林を探検しよう!

厳選された13点の原画を細密に線描加工した「ぬりえ」素材を、ワイドな誌面に収載。
「横尾探検隊 LOST IN YOKOO JUNGLE」展の出品作品40点余りを収録。

読者が仕上げるぬりえ作品
はみだしても、ぬりかけでも
あなたはどこまで遊べるか?

井沢元彦『ビジュアル版 逆説の日本史 5 真説 秀吉英雄伝』

井沢元彦『ビジュアル版 逆説の日本史 5 真説 秀吉英雄伝』

2014年04月21日 小学館 1620円 ISBN:9784093798617

"日本一の出生人"その真の姿とは?

作家・井沢元彦氏が『週刊ポスト』誌上で1992年より連載中の、歴史ノンフィクションの金字塔『逆説の日本史』。『ビジュアル版 逆説の日本史』は、豊富な写真、図版、地図等を満載した歴史ガイドブックシリーズとして、好評を博しています。その待望のシリーズ最新刊第5巻は、まるごと一冊「豊臣秀吉」です。出自も知れぬ身ながら、信長の草履取りになり、さらに信長の重臣となって出世街道を驀進し、つには天下人にまで登りつめた秀吉の虚実入り乱れた人生を丹念に追うことで、その実像に迫っていきます。全国各地の博物館や寺社、個人等が所蔵する貴重な図版や史料類は、今回も可能な限り収録。また、全国4か所の「秀吉を知るためのミュージアム」ガイドや「秀吉の愛した温泉」も紹介しています。さらに、「清州会議」「黒田官兵衛」「のぼうの城」など、近年話題になっているエピソードや人物にも触れ、歴史ファンはもちろん、歴史に詳しくない方でも楽しめる内容になっています。

丸山健二『トリカブトの花が咲く頃 上』

丸山健二『トリカブトの花が咲く頃 上』

2014年04月22日 河出書房新社 2484円 ISBN:9784309022772

戦争の終わりとともに、「私」は覚醒する――静かなる覚醒の中、「巡りが原」に現れる、売僧、荘厳なる黒牛、逸れ鳥、盲目の少女、軍服を着た一人の青年。<文学>の新たな始まりを告げる書き下ろし長編!

丸山健二『トリカブトの花が咲く頃 下』

丸山健二『トリカブトの花が咲く頃 下』

2014年04月22日 河出書房新社 2484円 ISBN:9784309022789

戦争の終わりとともに、「私」は覚醒する――静かなる覚醒の中、「巡りが原」に現れる、売僧、荘厳なる黒牛、逸れ鳥、盲目の少女、軍服を着た一人の青年。<文学>の新たな始まりを告げる書き下ろし長編!

筒井康隆/町田康/松浦寿輝ほか『名探偵登場!』

筒井康隆/町田康/松浦寿輝ほか『名探偵登場!』

2014年04月23日 講談社 1944円 ISBN:9784062189033

美人の常盤津師匠から祝言を目前に行方不明になった男の捜索を依頼される十手持ち(町田康『文久二年閏八月の怪異』)、周囲の同級生、往年の名女優などが次々に謎の妊娠(筒井康隆『科学探偵帆村』)、詩人と官僚と探偵がプラハで旧交を温めるかに見えるが(松浦寿輝く『四人目の男』)念願かなって状況、本郷団子坂に下宿した男が見つけたものとは?(木内昇『遠眼鏡』)ほか全13篇収録。

白石一文『神秘』

白石一文『神秘』

2014年04月26日 毎日新聞社 2052円 ISBN:9784620108049

余命1年。末期がんを宣告された出版社役員の菊池は、治療を放棄し、ある確信をもって神戸に移住。病は果たして治るのか?渾身の長編。

椎名誠『カツ丼わしづかみ食いの法則 なまこのからえばり9』

椎名誠『カツ丼わしづかみ食いの法則 なまこのからえばり9』

2014年04月26日 毎日新聞社 1512円 ISBN:9784620322643

身のまわりから世界の果てまで、椎名誠が五感でとらえる森羅万象。特定秘密保護法に原発汚染水・・・。世の中の不穏な気配にもスルドク斬り込む。

中上健次『中上健次集1 岬、十九歳の地図、他十三篇』

中上健次『中上健次集1 岬、十九歳の地図、他十三篇』

2014年04月26日 インスクリプト 4212円 ISBN:9784900997417

中学一年時の作文「帽子」から、芥川賞候補作の三作品、そして芥川賞受賞作「岬」まで、主要な作品を網羅し、単行本『岬』『十九歳の地図』『鳩どもの家』『十八歳、海へ』をほぼ収録した初期作品集成決定版。
作家自身の関連エッセイ、大塚英志の書き下ろし解説48枚、解題等収載。片観音二色口絵に著者写真他重要資料掲載。月報44頁付き。

森茉莉/吉行理恵/金井美恵子ほか『猫は神さまの贈り物<小説編>』

森茉莉/吉行理恵/金井美恵子ほか『猫は神さまの贈り物<小説編>』

2014年04月29日 有楽出版社 1728円 ISBN:9784408594101

本好きには、「紙」で読みたい本がある。

孤高を愛する人(と猫)のための、少しくせものな《猫》短篇集。
1982年発行の≪猫≫をテーマにしたアンソロジー『猫は神さまの贈り物』を<小説編>、<エッセイ編>に分冊。
さらに新たな作品を追加し改訂復刊!

森茉莉、小松左京、星新一など、読書家垂涎の個性派作家たちが描く、
一癖も二癖もある≪猫≫と、それを取り巻く少しあまのじゃくな人間たち。
読後はまるで、心の深部を猫の舌でざらりと舐められたような、ひりっと不思議な味わい。

本改訂版<小説編>には室生犀星の詩を新たに収録。
人気美術家・ミヤケマイの木版画によるカバーも美しい、頬ずりして愛でたくなる珠玉の2冊!
紙の本を読む楽しみを、まずはお手軽なソフトカバーで。

沢木耕太郎『ポーカー・フェース』

沢木耕太郎『ポーカー・フェース』

2014年04月30日 新潮文庫 637円 ISBN:9784101235202

「初体験」から書き起こし、靴磨きの老人と鮨屋の主人の手がもたらす感懐へと導かれる「男派と女派」、銀座の酒場のエピソードがやがてカクテルの逸話へと姿を変える「マリーとメアリー」......波から波へと移るように、小路をふっと曲がるように意外な場所へと運ばれる、めくるめく語りの芳醇に酔う13篇。『バーボン・ストリート』『チェーン・スモーキング』に続く傑作エッセイ集。

宮本輝『満月の道 流転の海 第七部』

宮本輝『満月の道 流転の海 第七部』

2014年04月30日 新潮社 2160円 ISBN:9784103325178

悲劇はここから始まるのだろうか――。執筆三十余年。畢生の大河小説、ついにカウントダウン。昭和三十六年。東京五輪へ向け復興は進み、大阪行きの集団就職列車が満員となった時代。六十五歳を目前にした熊吾は中古車販売業を軌道に乗せ、かつての力を取り戻しつつある。息子・伸仁は絵画を愛する少年に成長し、妻・房江はアルコールから抜け出せずにいたが、確かに未来は拓きかけていた。熊吾があの女と再会するまでは。

大江健三郎『大江健三郎評論集<全3巻セット>』

大江健三郎『大江健三郎評論集<全3巻セット>』

2014年04月30日 朝日新聞出版 4320円 ISBN:9784022589071

ノーベル文学賞作家の珠玉のエッセイ集

「なぜ子どもは学校に行かなくてはいけないの! ?」など、
子どもたちの素朴な疑問に答える『「自分の木」の下で』。
家族とともに出会った27の大事な言葉について語った『「伝える言葉」プラス』。
そして最新刊の『定義集』。
ノーベル文学賞受賞作家の渾身のエッセイ集3冊です。

このページへのコメント