2014年7月

新刊・近刊情報

2014年7月の新刊・近刊情報

西原理恵子『スナックさいばら おんなのけものみち 生きてりゃいいじゃん、笑っとけ篇』

西原理恵子『スナックさいばら おんなのけものみち 生きてりゃいいじゃん、笑っとけ篇』

2014年07月01日 角川書店 907円 ISBN:9784041019252

年下男にハマるワケ、ワタシの天敵、結婚の魅力、家族の看取り、終活のススメ......あなたには今、どんな景色が見えてますか?転んでも転んでもそこから巻き返していく、厳しく優しい人生のバイブル堂々の最終巻!

椎名誠『埠頭三角暗闇市場』

椎名誠『埠頭三角暗闇市場』

2014年07月01日 講談社 1728円 ISBN:9784062185127

「大破壊(ハルマゲドン)」後の世界を描いたSF長編小説。
地震で傾いた巨大ビルと大津波で打ち上げられた巨大豪華客船が、埠頭を挟んで上部を支え合うようにして出来た「埠頭三角暗闇市場」を舞台に物語は始まる。
「大破壊」後の東京では、異常気象と薬品による汚染で奇病が蔓延していた。生物は異態進化をとげ、見たこともない生き物が跋扈していた。
「危ない医師」北山は、倒れかけたビルの一室で生体融合手術を行っている。そのアングラクリニックう訪れるのは、ヤクザ、娼婦など怪しい客ばかり。首都警察の刑事・古島は聞き込みのため北山を訪ねた。手術した娼婦が、連続殺人事件の容疑者と思われるからだ。
一方、東京の西部では遺骨の盗難が頻発していた。捜査に当たった西部警察のビランジャー隊の翼隊長は不審な建造物を発見する。
国際情勢も大きく動く。中国・韓国連合がロシアを抱き込み、台頭するインド勢力とロシアの連携を絶とうとする。ロシアの特命全権大使ポトノフの不慮の死は何者の仕業か。
そして、巨大な足だけの未確認歩行物体「Q4」が現れ、混沌の時代は急展開をみせる。
ちなみに本作は、東日本大震災の前に書かれたものであるる。

西村賢太『一私小説書きの独語』

西村賢太『一私小説書きの独語』

2014年07月01日 角川書店 1728円 ISBN:9784041106822

私小説で書かなかった部分にこそ、本来、作者が語りたかった痛みの部分もかなりある――。「野性時代」連載の半自叙伝「一私小説書きの独語」が大幅加筆のうえ単行本化。その他単行本未収録エッセイも多数。

橋本治『結婚』

橋本治『結婚』

2014年07月04日 集英社 1620円 ISBN:9784087715668

28歳の倫子は結婚を意識し始めていた。卵子老化の話題も気になっている。
兄が結婚し、会社の同僚の花蓮が結婚するなか、結婚に結びつかない関係しかなかった倫子はついに具体的に動くことを決意する。

川上弘美『天頂より少し下って』

川上弘美『天頂より少し下って』

2014年07月08日 小学館文庫 551円 ISBN:9784094060638

川上マジックが冴えわたる極上の恋愛小説集

佐川光晴『牛を屠る』

佐川光晴『牛を屠る』

2014年07月08日 双葉文庫 570円 ISBN:9784575714173

著者が作家専業となる以前、1990年から埼玉の屠畜場に勤めていた日々を綴る。
「おめえみたいなヤツの来るところじゃねえ! 」と怒鳴られた入社初日から10年半、ひたすらナイフを研いで牛の皮をき続けるなかで抱いた、働くことの実感と悦び。
仕事と人生の関わりを普遍的に描き得た一冊。

赤坂真理『東京プリズン』

赤坂真理『東京プリズン』

レビューあり、レビューコーナーへ

2014年07月08日 河出文庫 994円 ISBN:9784309412993

16歳のマリが挑む現代の「東京裁判」とは? 少女の目から『戦後』に迫り、読書界の話題を独占。 "文学史的事件"と呼ばれた名作

いとうせいこう『自己流園芸ベランダ派』

いとうせいこう『自己流園芸ベランダ派』

レビューあり、レビューコーナーへ

2014年07月08日 河出文庫 756円 ISBN:9784309413037

いとうせいこう『自己流園芸ベランダ派』発売情報。

橋本治『古典を読んでみましょう』

橋本治『古典を読んでみましょう』

2014年07月09日 ちくまプリマー新書 842円 ISBN:9784480689207

古典は、とっつきづらくて分かりにくいものと思われがちだ。
でも、どれもがふんぞり返って立派なものでもない。
さまざまな作品をとり上げ、その魅力に迫る。

川上未映子『きみは赤ちゃん』

川上未映子『きみは赤ちゃん』

2014年07月09日 文藝春秋 1404円 ISBN:9784163900704

35歳ではじめての出産。それは試練の始まりだった!
芥川賞作家の川上未映子さんは、2011年にやはり芥川賞作家の阿部和重さんと結婚、翌年、男児を出産しました。つわり、マタニティー・ブルー、出生前検査を受けるべきかどうか、心とからだに訪れる激しい変化、そして分娩の壮絶な苦しみ......妊婦が経験する出産という大事業の一部始終が、作家ならではの観察眼で克明に描かれます。時にユーモラスに、時に知的に、子供をもつということの意味を問いかけます。
さらに出産後の、ホルモンバランスの崩れによる産後クライシス、仕事と育児の両立、夫婦間の考えの違いからくる衝突、たえまない病気との闘い、卒乳の時期などなど、子育てをする家族なら誰もが見舞われるトラブルにどう対処したかも、読みどころです。
これから生む人、すでに生んだ人、そして生もうかどうか迷っている人とのその家族に贈る、号泣と爆笑の出産・育児エッセイ!

橋本治『恋愛論 完全版』

橋本治『恋愛論 完全版』

2014年07月10日 イースト・プレス 文庫ぎんが堂 810円 ISBN:9784781671123

糸井重里氏絶賛!
「若いときにも泣いたけど、いまでもやっぱり泣いてしまう。」

山崎ナオコーラ『太陽がもったいない』

山崎ナオコーラ『太陽がもったいない』

2014年07月10日 筑摩書房 1620円 ISBN:9784480815217

山崎ナオコーラ『太陽がもったいない』発売情報。

鴻上尚史『八月の犬は二度吠える』

鴻上尚史『八月の犬は二度吠える』

レビューあり、レビューコーナーへ

2014年07月15日 講談社文庫 896円 ISBN:9784062778718

京都を襲う笑撃の作戦「八月の犬」、復活!『八月の犬』で俺を送ってくれ――23年音信不通だった、死の床についた友人は、ひとつの恋が崩壊させた極秘作戦の完遂を願った。身を焦がす青春が甦る感動作!

山田詠美『ジェントルマン』

山田詠美『ジェントルマン』

2014年07月15日 講談社文庫 605円 ISBN:9784062778756

誰もが羨む美貌と優しさを兼ね備えた青年・漱太郎。その正体は、紛うことなき犯罪者。哀切極まる衝撃の結末にあなたは耐えられるか。

中島らも『ロカ』

中島らも『ロカ』

2014年07月15日 講談社文庫 691円 ISBN:9784062778626

長らく文庫化されたなかった、中島らも、最後の小説。
天才が予見した自らの未来は。

作家・小歩危ルカ、六十八歳。巨額の印税を得て以来、新宿のホテルで一人暮らし。相棒はWネックのギター「ロカ」。あとは酒と大麻と鮟鱇鍋。「IQが185もあると予知能力が備わる。だから私の予知したことは、ほぼ、九十六パーセント当たるんだ」。著者が急逝直前まで書いていた、問題の近未来の私小説。

もう、エンターテインメントはやめよう。
お楽しみはここまでだ。
これからは本当のことだけを言おう。
私という人間の「骨」の部分だけをさらけ出そう。

町田康『猫とあほんだら』

町田康『猫とあほんだら』

レビューあり、レビューコーナーへ

2014年07月15日 講談社文庫 702円 ISBN:9784062778725

突如として引っ越しをしようと思い、物件を見に行ったら玄関の庇の下で二匹の子猫がふるえていた。掌に載るくらいに小さな猫だった。

青木淳悟『男一代之改革』

青木淳悟『男一代之改革』

2014年07月16日 河出書房新社 1728円 ISBN:9784309023052

質素倹約を重んじた寛政の改革の松平定信。源氏趣味の彼が、恋多き貴人・光源氏に自身を重ねた理由は!? 抱腹絶倒の著者最高傑作。

村田沙耶香『殺人出産』

村田沙耶香『殺人出産』

2014年07月16日 講談社 1728円 ISBN:9784062190466

10人産めば、1人殺してもいい──。「殺人出産制度」が認められた世界。殺人は、本当に悪なのか? 普遍のテーマに挑む衝撃作!

東野圭吾『マスカレード・ホテル』

東野圭吾『マスカレード・ホテル』

2014年07月18日 集英社文庫 821円 ISBN:9784087452068

都内で起きた不可解な連続殺人事件。次の犯行現場としてあるホテルが浮上、ターゲットも容疑者も不明のまま、警察は潜入捜査を決定する。東野圭吾の最高に華麗な長編ミステリ! 新シリーズ、スタート。

清水義範/西原理恵子『清水義範のイッキによめる! 日本史人物伝 戦国時代・江戸時代・明治維新編』

清水義範/西原理恵子『清水義範のイッキによめる! 日本史人物伝 戦国時代・江戸時代・明治維新編』

2014年07月23日 講談社 1188円 ISBN:9784062190626

清水義範氏が、織田信長や徳川家康などの三英傑から、坂本竜馬、吉田松陰、西郷隆盛など維新の志士たち、歴史上の人物を、小説方式で解説。
イラストは、清水義範氏とのコンビもおなじみ、人気漫画家の西原理恵子氏。インパクトのあるイラストは、子ども達にも支持されるはずです。
ユーモアたっぷりの語り口と、一度見たら忘れられないイラストのコラボレーションで、楽しく歴史を学べます。

鴻上尚史『ハッシャ・バイ/ビー・ヒア・ナウ[21世紀版]』

鴻上尚史『ハッシャ・バイ/ビー・ヒア・ナウ[21世紀版]』

レビューあり、レビューコーナーへ

2014年07月23日 白水社 2160円 ISBN:9784560083901

眠れぬ夜に祈りをこめて言う「おやすみ」がカーニバルの始まりを告げ、今ここに生きるあなたを力づける「讃歌」がハッピーなほどに響きわたる! 21世紀の夢と希望をテーマにした、2イン1の傑作戯曲集。

東浩紀『弱いつながり 検索ワードを探す旅』

東浩紀『弱いつながり 検索ワードを探す旅』

2014年07月24日 幻冬舎 1404円 ISBN:9784344026070

グーグルが予測できない言葉を手に入れよ! 統制されたネット時代に「かけがえのない生き方」は可能か?著者初の挑発的人生論

人間関係を大切にするな! 友人に囚われるな!

「かけがえのない個人」など存在しない。私たちは考え方も欲望も今いる環境に規定され、
ネットの検索ワードさえもグーグルに予測されている。
それでも、たった一度の人生をかけがえないものにしたいならば、環境を意図的に変え、
グーグルに与えられた検索ワードを裏切っていくしかない。
それを可能にするのが身体の移動であり、旅であり、弱いつながりなのだ――。
人生に自由と強度を与える「偶然性」と「ノイズ」へ向かう道筋を示す。

白石一文『翼』

白石一文『翼』

2014年07月25日 鉄筆文庫 648円 ISBN:9784907580001

白石一文『翼』発売情報。

馳星周『走ろうぜ、マージ』

馳星周『走ろうぜ、マージ』

2014年07月25日 角川文庫 648円 ISBN:9784041017791

人と犬を繋ぐ深く強い絆―― 涙を誘う、愛と感動のノンフィクション
11年間を共に過ごしてきた愛犬マージの胸にしこりが見つかった。悪性組織球症。一部の大型犬に高発する癌だ。治療法はなく、余命は3ヶ月。マージにとって最後の夏を、馳星周は軽井沢で過ごすことに決めた

花村萬月『弾正星』

花村萬月『弾正星』

2014年07月25日 小学館 1836円 ISBN:9784093863766

「悪の爽快感」が心を蕩かす血涙必至の物語

時は戦国、下剋上の世。京都・相国寺近くある三好家の屋敷に、その男松永久秀はいた。得体の知れぬ出自でありながら、茶の湯に通じ、右筆として仕える野心家である。気に食わぬ者は容赦なく首を刎ね、殺害した女を姦通し、権謀術数を駆使して戦国大名へと成り上がっていく。さらには将軍足利義輝を斃し、東大寺大仏殿を焼き討ちにしてしまう。信長ですら畏れた稀代の怪人・松永弾正を突き動かすものは、野望かそれとも......!?
戦国時代を彗星のように駆け抜けた武将の生きざま・死にざまを、「弟」として仕えた丹野蘭十郎の眼を通して活写する。

高橋源一郎『還暦からの電脳事始』

高橋源一郎『還暦からの電脳事始』

2014年07月26日 毎日新聞社 1404円 ISBN:9784620322667

ガラ携で充分だったはずなのに......遂にiPadの扉を開いてしまった。「アラ還」からはじまる驚きと発見に充ちたデジタルとの日々。

西原理恵子/佐藤優『とりあたまJAPAN』

西原理恵子/佐藤優『とりあたまJAPAN』

2014年07月28日 新潮文庫 724円 ISBN:9784101370750

無敵の漫画家・サイバラと、知の怪人・佐藤優の二人が、日本人に送る過激なエール! 国際社会になめられないよう、ひたすら復興を目指せ。スマホは知的活動の障害になるかも。嫌韓の原因は弱日か? フェイスブックは人間のマルチ商法。北方領土に尖閣、竹島......領土問題はヤクザのシマ取りに学ぶべし! 読むと世間がよくわかる、「週刊新潮」連載の爆笑マンガ&本音コラム全65本。

帚木蓬生『蛍の航跡』

帚木蓬生『蛍の航跡』

2014年07月28日 新潮文庫 1069円 ISBN:9784101288253

インパール作戦下、抗命によって師団長職を解かれた中将の精神鑑定を行う医師。祖国を遠く離れたシベリアやスマトラ島で、敗戦後を生き抜いた医師。満州からアジア全域、太平洋の灼熱の島々まで、陸海軍将兵あるところ、かならず軍医たちは存在した。十五名の目に映った戦争、そして生命の実相とは? 『蝿の帝国』と共に日本医療小説大賞を受けた著者のライフ・ワーク、完結篇。

いしいしんじ『ある一日』

いしいしんじ『ある一日』

2014年07月29日 いしいしんじ 432円 ISBN:9784101069326

「予定日まで来たいうのは、お祝い事や」。にぎやかな錦市場のアーケードを、慎二と園子は、お祝いの夕食にと、はもを探して歩いた。五年前には、五ヶ月でお腹の赤ちゃんの心音が聞こえなくなったことがある。今回は、十ヶ月をかけて隆起する火山のようにふくらんでいった園子の腹。慎二と迎えたその瞬間、園子に大波が打ち寄せた――。新たな「いのち」の誕生。その奇蹟を描く物語。

角田光代『今日もごちそうさまでした』

角田光代『今日もごちそうさまでした』

2014年07月29日 新潮文庫 562円 ISBN:9784101058306

「食べられない」から「食べる」に移行するときには、ダイナミックな感動がある(あとがきより)。自他共に認める肉好きのカクタさんに、食革命が起こった。なんと苦手だった野菜、きのこ、青魚、珍味類が食べられる! 次々出会う未知の食材は、買って作って味わう毎日を楽しい発見で彩ります。三度の食事に思いをこめて。読むほどに、次のごはんが待ち遠しくなる絶品食エッセイ。

中村航『小森谷くんが決めたこと』

中村航『小森谷くんが決めたこと』

2014年07月30日 小学館 1512円 ISBN:9784093863841

「100回泣くこと」作者最新作!

初恋相手が先生だった幼稚園時代。愉快だった小学生時代。暗黒面に落ちた中学生時代。悪友とのおバカな高校時代。美容師の女性と初めてきちんとした交際をした大学時代を経て、紆余曲折の後、憧れの映画配給会社に就職が決まる。しかし、そこで、彼に思わぬ出来事が出来してしまう--。作者が出会った、小森谷真というごく普通の男性の三十年近くに及ぶ半生の物語。

柴崎友香『春の庭』

柴崎友香『春の庭』

2014年07月30日 文藝春秋 1404円 ISBN:9784163901015

日常風景の中にこそ、「世界の秘密」は潜んでいる!

あの水色の家の中を覗いてみたい――一人の女性の好奇心が、街に積もる時間と記憶の物語をひもといていく。鮮烈な文学のパノラマ。

西村賢太『(やまいだれ)の歌』

西村賢太『(やまいだれ)の歌』

2014年07月31日 新潮社 1620円 ISBN:9784103032366

中卒で家出した19歳の北町貫多は、横浜で人生の心機一転を図ろうとした──。『苦役列車』の続編となる暗い青春を描く長篇小説。

笙野頼子『未闘病記 膠原病、「混合性結合組織病」の』

笙野頼子『未闘病記 膠原病、「混合性結合組織病」の』

2014年07月31日 群像ピース 1944円 ISBN:9784062190169

2013年2月、突然の高熱と激痛に襲われた作家は「難病」の診断を受ける。病名は、膠原病の中でも個人差が大きく判らない部分が多い、10万人に数名ともいわれる「混合性結合組織病」。振り返れば、子供のころから普通の生活がいつも困難で厄介だった、その原因も実は「難病」のせいだった――?
猫のために無理して買った千葉の一軒家のローンは半分以下になった。最後の一匹ギドウは年末に15歳になった。55歳にして大学に招かれ、初めて「お勤め」をした。文学のため闘い続けた作家にようやく訪れた静かな日々が「難病」に脅かされ、しかし投薬のおかげで、これまでずっとできなかったことが一見「なんでも/できる」ようになる。日常のささやかな喜びと病気の先行きへの不安。「微分するなら快適生活。積分したなら無明長夜」な1年半の軌跡を描くハイパー闘病記。

このページへのコメント