阿部和重

新刊・近刊情報

阿部和重の新刊・近刊情報

阿部和重/伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』

阿部和重/伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』

2014年11月28日 文藝春秋 1944円 ISBN:9784163901947

4年を費やして完成した、世紀の合作!

現代を代表する人気作家の二人が、
構想・執筆に4年をかけた合作書き下ろし長編900枚。
2010年代、最強のエンターテインメント作品。

阿部和重『Deluxe Edition』

阿部和重『Deluxe Edition』

2013年10月28日 文藝春秋 1470円 ISBN:9784163825908

日本文学の最先端を疾走する芥川賞作家・阿部和重の残酷にして甘美な世界にようこそ! 十二の中短篇を収録した、超豪華版作品集。

本谷有希子『あの子の考えることは変』

本谷有希子『あの子の考えることは変』

レビューあり、レビューコーナーへ

2013年06月14日 講談社文庫 450円 ISBN:9784062775519

Gカップの「おっぱい」を自分のアイデンティティとする23歳フリーター・巡谷。アパートの同居人は、「自分は臭い」と信じる「自称・手記家」の23歳処女・日田。ゴミ処理場から出るダイオキシンと自分の臭いに異常な執着を見せ、外見にまったく気を遣わない変人・日田のことを、巡谷はどうしても放っておけない。日田だけが巡谷の「男への異常な執着」や「気が触れそうになる瞬間」を分かってくれるのだ。変なことばかり考えている二人だけれど、ゴミ処理場のダイオキシンが二人の変なところを益々悪化させているような気がするけれど、二人が一緒にいれば大丈夫。情けなくってどうしようもなく孤独な毎日もなんとかやっていける――。
芥川賞候補作としても話題となった、汚くて可愛い、前代未聞の青春エンターテインメント!

阿部和重『ピストルズ 下』

阿部和重『ピストルズ 下』

レビューあり、レビューコーナーへ

2013年06月14日 講談社文庫 800円 ISBN:9784062775632

語られてゆく一子相伝の秘術「アヤメメソッド」の正体、一族の忌まわしき宿命。あらゆる未知に彩られた谷崎潤一郎賞受賞の傑作巨編。

阿部和重『ピストルズ 上』

阿部和重『ピストルズ 上』

レビューあり、レビューコーナーへ

2013年06月14日 講談社文庫 680円 ISBN:9784062775625

魔術師の一族と噂される菖蒲家の人々。その謎に迫るインタビューから、『シンセミア』に続く神町トリロジー第二部は幕を開ける!

阿部和重『シンセミア 下』

阿部和重『シンセミア 下』

レビューあり、レビューコーナーへ

2013年05月15日 講談社文庫 1020円 ISBN:9784062775496

炎熱の夏、未曾有の洪水に水没した神町。2体の死体が発見され、不穏な噂が町を覆い尽くしていく。神の町の狂態の行き着く果ては!?

阿部和重『シンセミア 上』

阿部和重『シンセミア 上』

レビューあり、レビューコーナーへ

2013年05月15日 講談社文庫 990円 ISBN:9784062775489

神町。この片田舎の町では暴発寸前の欲望が渦巻いていた。伊藤整文学賞、毎日出版文化賞をダブル受賞した、興奮必至の超傑作長編。

阿部和重『□ しかく』

阿部和重『□ しかく』

2013年05月08日 リトル・モア 1470円 ISBN:9784898153642

『シンセミア』『グランド・フィナーレ』『ピストルズ』......作品を発表するごとに、高い評価を得る阿部和重、新たな世界を提示した最新長篇!
視覚、死角、刺客、詞客、始覚、四角......あらゆる「しかく」が襲いかかる地獄の四面楚歌!
4つの季節で描く、作家初のホラーサスペンス。破壊と再生の物語。
突如もたらされた奇妙で厄介なミッション。巻き込まれた男は、恐怖の先にどんな風景を見るのか。
「角貝ササミを蘇らせるには、まずは三六五日以内に、特定の四つのパーツをすべてそろえなければならない。」

阿部和重『クエーサーと13番目の柱』

阿部和重『クエーサーと13番目の柱』

レビューあり、レビューコーナーへ

2012年07月05日 講談社 1575円 ISBN:9784062177696

元写真週刊誌の記者・タカツキリクオは、雇い主のカキオカサトシの指示のもと、人気アイドルをターゲットとしたパパラッチ行為を生業とするモニタリングチームの一員。ターゲットの呼称は「Q」。ある日、カキオカは追跡のターゲットをそれまでのアイドル・ユイから新興のアイドルグループ・ED(エクストラ・ディメンションズ)のミカに突如変更する。それに伴いチームも再編されることになるが、ミカを追跡するにつれ、新たに加わったメンバー、謎の新人のニナイケントという男が不穏な動きを見せ始める......。
雇い主の真意は? 「Q」の意味とは? そしてニナイの本当の目的とは? 『ピストルズ』から2年、手に汗握るノンストップエンタメ長篇。

阿部和重『幼少の帝国: 成熟を拒否する日本人』

阿部和重『幼少の帝国: 成熟を拒否する日本人』

2012年05月22日 新潮社 1470円 ISBN:9784104180035

日本人って子供っぽくない? 「オタク」の故郷なら仕方ない......。「成熟拒否」は最尖端か退行現象か。作家が追う現代文化最前線。

このページへのコメント