いとうせいこう

新刊・近刊情報

いとうせいこうの新刊・近刊情報

いとうせいこう/みうらじゅん『見仏記 メディアミックス篇』

いとうせいこう/みうらじゅん『見仏記 メディアミックス篇』

2015年04月01日 角川書店 1728円 ISBN:9784041014592

仏像めぐる仏友二人の旅シリーズ最新刊は、人気番組『新TV見仏記』の裏側を明かす初めてのメディアミックス版! そしていつもの二人旅は広島へ......次々と起こる奇跡とは! 仏像大使としての活躍も大紹介!

いとうせいこう『想像ラジオ』

いとうせいこう『想像ラジオ』

レビューあり、レビューコーナーへ

2015年02月06日 河出文庫 486円 ISBN:9784309413457

深夜2時46分、「想像」という電波を使ってラジオのOAを始めたDJアーク。その理由は...。東日本大震災を背景に生者と死者の新たな関係を描きベストセラーとなった著者代表作。野間文芸新人賞受賞。

いとうせいこう『親愛なる』

いとうせいこう『親愛なる』

2014年11月21日 河出書房新社 1728円 ISBN:9784309023410

時は近未来、韓国を舞台にした言語戦争(サイキック・パンク)と、今の貴方に届くメイル...。ネット限定販売で4000部完売。朝日新聞他メディア騒然の小説、ついに一般版を単行本化。

いとうせいこう『自己流園芸ベランダ派』

いとうせいこう『自己流園芸ベランダ派』

レビューあり、レビューコーナーへ

2014年07月08日 河出文庫 756円 ISBN:9784309413037

いとうせいこう『自己流園芸ベランダ派』発売情報。

いとうせいこう『南島小説二題』

いとうせいこう『南島小説二題』

レビューあり、レビューコーナーへ

2014年06月18日 河出書房新社 1944円 ISBN:9784309022987

南の島から毎日届く手紙の主は誰なのか?名作の誉高い『波の上の甲虫』と童話モチーフの連作『からっぽ男の休暇』2編を収録。

いとうせいこう『鼻に挟み撃ち 他三編』

いとうせいこう『鼻に挟み撃ち 他三編』

2014年05月02日 集英社 1296円 ISBN:9784087715552

御茶ノ水駅で、マスク男が奇妙な演説を始める。それをじっと聴いているひとりの男。ふたりにはそれぞれ理由があった。第150回芥川賞候補作となった表題作と、斜め上を行く不思議な3つの短編を収録。

いとうせいこう『未刊行小説集』

いとうせいこう『未刊行小説集』

2014年01月23日 河出書房新社 1890円 ISBN:9784309022475

「あれ、こんなの書いてたっけ...?」著者自身が驚嘆。『想像ラジオ』以前に執筆された幻の長篇「歌を忘れてカナリアに」を含む、記憶の空白を埋める企みに満ちた小説集。全て単行本初収録。

いとうせいこう『存在しない小説』

いとうせいこう『存在しない小説』

2013年11月26日 講談社 1470円 ISBN:9784062186834

大反響を呼んだ『想像ラジオ』に続く最新傑作小説。国境を超えて私たちの「今」を描く、新たな「地球文学」が誕生した! 2013年に発表され、「ポスト3・11の文学」として大反響を集めた前作「想像ラジオ」に続く、いとうせいこうの最新小説。フィラデルフィア、ペルー辺境の村、クアラルンプール、東京、香港、クロアチアのビーチ......世界のさまざまな土地を舞台に、それぞれ異なる作家名を冠した6編の短編小説は、いとうせいこうが超絶技巧で描く、作者も訳者もいない「存在しない小説」。国境を超えた声なき声が同時代のリアルを映し出す、新たな「地球文学」の誕生です。

いとうせいこう『解体屋外伝』

いとうせいこう『解体屋外伝』

レビューあり、レビューコーナーへ

2013年09月25日 河出書房新社 1995円 ISBN:9784309022192

「暗示の外にでろ。俺たちには未来がある」――洗脳のプロ・洗濯屋(ウォッシャー)と洗脳外しのプロ=解体屋(デプログラマー)の闘いが今、始まる。いとうせいこうの冒険活劇長編、待望の復刊。

いとうせいこう『ワールズ・エンド・ガーデン』

いとうせいこう『ワールズ・エンド・ガーデン』

レビューあり、レビューコーナーへ

2013年08月26日 河出書房新社 1995円 ISBN:9784309022062

「いとうせいこうレトロスペクティブ」シリーズ第一弾。ある日、ムスリム・トーキョーにふらりと現れた浮浪者。彼は偉大なる預言か?壮大なる詐欺師か? いとうせいこうの魔術的第二長編。

このページへのコメント