江國香織

新刊・近刊情報

江國香織の新刊・近刊情報

江國香織『犬とハモニカ』

江國香織『犬とハモニカ』

2014年12月24日 新潮文庫 497円 ISBN:9784101339283

外国人青年、少女、老婦人、大家族......。空港の到着ロビーで行き交う人々の、人生の一瞬の重なりを鮮やかに掬い取った川端賞受賞の表題作。恋人に別れを告げられ、妻が眠る家に帰った男性の心の変化をこぼさず描く「寝室」。"僕らは幸福だ""いいわ"――夫婦間の小さなささくれをそっと見つめた「ピクニック」。わたしたちが生きる上で抱え続ける、あたたかい孤独に満ちた、六つの旅路。

江國香織『ヤモリ、カエル、シジミチョウ』

江國香織『ヤモリ、カエル、シジミチョウ』

2014年11月07日 朝日新聞出版 1836円 ISBN:9784022512291

虫と話ができる幼稚園児の拓人、
そんな弟を懸命に庇護しようとする姉、
ためらいなく恋人との時間を優先させる父、
その帰りを思い煩いながら待ちつづける母――。

江國香織『抱擁、あるいはライスには塩を 下』

江國香織『抱擁、あるいはライスには塩を 下』

2014年01月17日 集英社文庫 630円 ISBN:9784087451511

江國香織『抱擁、あるいはライスには塩を 下』発売情報。

江國香織『抱擁、あるいはライスには塩を 上』

江國香織『抱擁、あるいはライスには塩を 上』

2014年01月17日 集英社文庫 630円 ISBN:9784087451504

江國香織『抱擁、あるいはライスには塩を 上』発売情報。

江國香織/山本容子『雪だるまの雪子ちゃん』

江國香織/山本容子『雪だるまの雪子ちゃん』

2013年11月28日 新潮文庫 704円 ISBN:9784101339276

ある豪雪の日、雪子ちゃんは空から降ってきたのでした。そして最初に彼女を発見した画家・百合子さんの物置小屋に住みつきました。雪子ちゃんはトランプや夜ふかしやバターが大好きで、数字が苦手な野生の雪だるま。近所の小学生と雪合戦やなわとびもします。夏の間は休眠するし、いずれは溶けてしまうので、いつも好奇心旺盛。「とけちゃう前に」大冒険! カラー銅版画12枚収録。

角田光代/江國香織/森絵都ほか『チーズと塩と豆と』

角田光代/江國香織/森絵都ほか『チーズと塩と豆と』

2013年10月18日 集英社文庫 504円 ISBN:9784087451221

4人の直木賞作家が、それぞれ訪れたヨーロッパの土地を舞台に描く、愛と味覚のアンソロジー。故郷のしがらみ、家族の絆、切ない恋心......温かな食卓に秘められた想いをすくいあげる珠玉の4編。

江國香織『金米糖の降るところ』

江國香織『金米糖の降るところ』

2013年10月08日 小学館文庫 700円 ISBN:9784094088663

姉妹は恋人を<共有すること>を誓い合った
アルゼンチン・ブエノスアイレス近郊の日系人の町で育った姉妹、佐和子(カリーナ)とミカエラ(十和子)。十代の頃、ふたりはいつも一緒にいて、互いの恋人を<共有すること>をルールにしていた。
古風で聡明な姉の佐和子は、留学先の日本で出会った達哉と結婚し、東京で暮らし始める。佐和子は達哉が共に生きたいと願った唯一の女であり、ミカエラは達哉に結婚を申し込んだ唯一の女だった。複数の飲食店を経営する達哉の周囲から、女性の影が絶えることはない。東京という場所から距離を置くために、佐和子は所沢の一軒家に引っ越した。
一方、気が強く奔放な妹のミカエラは、佐和子を追って留学した日本で妊娠し、アルゼンチンに帰国して父親の不明な娘・アジェレンを出産する。シングルマザーとして旅行代理店で働くミカエラにとって、アジェレンは大切な宝物だ。しかし、アジェレンには母親には言えない恋人がいた。
ブエノスアイレスと東京――華麗なるスケールで「愛」を描いた長編小説。

江國香織/松田奈那子『ちょうちょ』

江國香織/松田奈那子『ちょうちょ』

2013年09月20日 白泉社 1470円 ISBN:9784592761655

ずば抜けた色彩センスが満場一致で評価された「第1回MOE絵本グランプリ」受賞作品に、絵本に造詣の深い直木賞作家・江國香織が繊細な詩心溢れる言葉を乗せてつくりあげた、珠玉の絵本! 2013年9月刊。

江國香織『やわらかなレタス』

江國香織『やわらかなレタス』

2013年08月06日 文春文庫 483円 ISBN:9784167748029

読者を不思議な世界にいざなう、待望のエッセイ集
ひとつの言葉から広がる無限のイメージ......。江國さんの筆にかかると、日々のささいな出来事さえも、キラキラと輝いて見えだします。

江國香織『はだかんぼうたち』

江國香織『はだかんぼうたち』

2013年03月27日 角川書店 1575円 ISBN:9784041104101

終わりも答えもない恋愛の真実
9歳年下の鯖崎と付き合う桃。母の和枝を急に亡くした桃の親友の響子。桃がいながらも響子に接近していく鯖崎......。"誰かを求める"思いに、あまりに素直な男女たち="はだかんぼうたち"のたどり着く地とは――。

このページへのコメント