川上未映子

新刊・近刊情報

川上未映子の新刊・近刊情報

川上未映子『魔法飛行』

川上未映子『魔法飛行』

レビューあり、レビューコーナーへ

2015年02月21日 中公文庫 648円 ISBN:9784122060791

お米のとぎ汁で大根をゆでる日がくるとはなあ――『きみは赤ちゃん』の川上未映子が大震災をまたぐ波乱の一年を綴る、日記的エッセイシリーズ第二弾

川上未映子『すべて真夜中の恋人たち』

川上未映子『すべて真夜中の恋人たち』

レビューあり、レビューコーナーへ

2014年10月15日 講談社文庫 691円 ISBN:9784062779401

『ヘヴン』の衝撃から2年、芥川賞作家が投げかける究極の恋愛。孤独な魂のふれあいから生まれた哀しみは、かけがえのない光となる。

川上未映子『きみは赤ちゃん』

川上未映子『きみは赤ちゃん』

2014年07月09日 文藝春秋 1404円 ISBN:9784163900704

35歳ではじめての出産。それは試練の始まりだった!
芥川賞作家の川上未映子さんは、2011年にやはり芥川賞作家の阿部和重さんと結婚、翌年、男児を出産しました。つわり、マタニティー・ブルー、出生前検査を受けるべきかどうか、心とからだに訪れる激しい変化、そして分娩の壮絶な苦しみ......妊婦が経験する出産という大事業の一部始終が、作家ならではの観察眼で克明に描かれます。時にユーモラスに、時に知的に、子供をもつということの意味を問いかけます。
さらに出産後の、ホルモンバランスの崩れによる産後クライシス、仕事と育児の両立、夫婦間の考えの違いからくる衝突、たえまない病気との闘い、卒乳の時期などなど、子育てをする家族なら誰もが見舞われるトラブルにどう対処したかも、読みどころです。
これから生む人、すでに生んだ人、そして生もうかどうか迷っている人とのその家族に贈る、号泣と爆笑の出産・育児エッセイ!

川上未映子『発光地帯』

川上未映子『発光地帯』

レビューあり、レビューコーナーへ

2014年02月22日 中公文庫 520円 ISBN:9784122059047

食、夢、別れ、記憶......何気ない日常が、川上未映子の言葉で肌触りを一新させる。心のひだに光を灯す、切なくも暖かな人気エッセイシリーズ第1弾。

川上未映子『りぼんにお願い』

川上未映子『りぼんにお願い』

2013年08月08日 マガジンハウス 1365円 ISBN:9784838725717

毎日をつつがなく送るには、何も考えずにルーティンを続けて行くことも必要。でも、ときにははた、と立ち止まり改めて考えてみる。「あたりまえに思っているけれど、それは本当にそうなの?」と。
結婚指輪って必要なもの? 悲しみと淋しさは扱われ方に違いがあるんじゃないか。失くしたポーチは何故見つからないのだろう......。
『乳と卵』や『ヘヴン』など、うねるような物語世界にぐいぐいと引き込む小説家・川上未映子。雑誌『Hanako』で現在も連載中の本エッセイは、一見楽しげな女子トークのようにも見えるけれど(未映子姉と呼びたくなる親しみやすさ!)、そこで問うのは本質。あたりまえに思うことも、必ずしもそうとは限らないこと。自分たちの意識を変えることによって、いくらでも自由になれることを軽やかにさりげなく伝えてくれる。つきつめて考えることの面白さ。哲学的思考の愉しさ満載。男性読者に響くポイントもたくさんあります。
装丁はガーリー・デザインのカリスマ千原徹也。今城純の写真、飯嶋久美子のスタイリングで著者をモデルにしたカバーは妖しく、キュートこの上なく、バッグに1冊、お守りがわりに持ち歩きたくなるエッセイなのです。

川上未映子『愛の夢とか』

川上未映子『愛の夢とか』

2013年03月29日 講談社 1470円 ISBN:9784062177993

『ヘヴン』『すべて真夜中の恋人たち』と一作ごとに新境地を開拓する川上未映子の多彩にきらめく魅力が一冊になった初・短編小説集!

川上未映子『安心毛布』

川上未映子『安心毛布』

2013年03月08日 中央公論新社 1365円 ISBN:9784120044786

結婚・妊娠・出産......作家・川上未映子に起きた心と体の大変化。果敢に創作と育児の両立に挑む日々を綴った日記的エッセイ最新刊。

川上未映子『水瓶』

川上未映子『水瓶』

2012年09月25日 青土社 1365円 ISBN:9784791766680

ありとあらゆる少女のよろこび。奔放にして芳醇な言語宇宙の炸裂を見よ。

川上未映子『六つの星星 川上未映子対話集』

川上未映子『六つの星星 川上未映子対話集』

レビューあり、レビューコーナーへ

2012年09月04日 文春文庫 560円 ISBN:9784167791032

川上未映子の思考の軌跡
芥川賞作家・川上未映子がその知力を発揮し、斉藤環、福岡伸一、松浦理英子、穂村弘、多和田葉子、永井均らと交わしためくるめく会話

川上未映子『人生が用意するもの』

川上未映子『人生が用意するもの』

2012年08月31日 新潮社 1365円 ISBN:9784103256236

悦びも哀しみも、震災も妊娠も、笑いも平安も、全ては私たちに音もなく近づいてくる。日経新聞&週刊新潮好評連載エッセイ単行本化!

このページへのコメント