栗田有起

新刊・近刊情報

栗田有起の新刊・近刊情報

栗田有起『卵町』

栗田有起『卵町』

2014年02月05日 ポプラ文庫 609円 ISBN:9784591137727

サナは、亡くなった母の願いを叶えるため、かつて彼女が過ごしたという卵町を訪れる。卵町は、とても静かで、とてもやさしい、特別な場所だった。サナは、そこで彫刻家のエイキ、妻を亡くしたクウさん、元看護師のタマキさん、そして母にとって特別な存在であったシイナと出会う。そして、想像もしなかった、母の秘密を知ることになり――。心温まる感動作が、いきなり文庫で登場です!

角田光代/栗田有起/川上弘美ほか『女ともだち』

角田光代/栗田有起/川上弘美ほか『女ともだち』

2013年03月06日 小学館文庫 440円 ISBN:9784094088052

人気女性作家5人が競演! 5編の女子小説
女ともだちは、恋人よりも愛おしい。

大崎梢/大島真寿美/栗田有起ほか『君と過ごす季節 春から夏へ、12の暦物語』

大崎梢/大島真寿美/栗田有起ほか『君と過ごす季節 春から夏へ、12の暦物語』

2012年12月05日 ポプラ文庫 609円 ISBN:9784591131831

一緒に桜を見に行かないか、と久しぶりに会う彼は言った。照り付ける日差しのなか、一緒に暮らそうと君に告げる――
立春、雨水、啓蟄など、一年を二十四の季節で分ける、二十四節気。大崎梢、大島真寿美、西加奈子、藤谷治ほか、旬の作家たちが細やかに移ろう季節のドラマを綴る、珠玉のアンソロジー春夏篇。いきなり文庫で登場!

山崎ナオコーラ/柴崎友香/中上紀ほか『29歳』

山崎ナオコーラ/柴崎友香/中上紀ほか『29歳』

2012年02月27日 新潮文庫 662円 ISBN:9784101285733

20代最後の晩、あなたは何をしているのだろう。あるいは、していたのだろう。もうとっくに大人になってしまったけれど、その夜はこれまでの人生を振り返るのにうってつけの日。捨てるもの、残すもの、変わるもの、変われないもの。8人の作家が向き合う、29歳それぞれのリアル――不完全でも途中でも、今をちゃんと生きてる女子たちへ送る、エネルギーチャージ小説!

いしいしんじ/栗田有起/西加奈子ほか『東と西 1』

いしいしんじ/栗田有起/西加奈子ほか『東と西 1』

2012年01月07日 小学館文庫 710円 ISBN:9784094086812

日本のどこかを描いた意欲的な小説集
突然、左半身だけになってしまった男が、長野・松本での人生最初の記憶と邂逅する『T』。世間の流れに乗れない二十代半ばの仲良し三人組女子が日光への旅であることに気づく『猿に会う』。一万五十歳で生を閉じたはずの河童らしき生物が思わぬ場所に漂着する『極楽』。デザイン事務所見習いの男が謎のインク製造所で働くことになる『赤、青、王子』。江戸の酒問屋の跡取り息子と吉原の花魁との恋の顛末を描いた『すみだ川』。ある習わしに縛られた岡山の一族から脱出した女優の生涯を綴った『東の果つるところ』。日本のどこかを描いた意欲的な短編集。

柴田元幸/小川洋子/栗田有起ほか『短篇集』

柴田元幸/小川洋子/栗田有起ほか『短篇集』

2010年04月20日 ヴィレッジブックス 1575円 ISBN-10:4863322402

この人に書いてもらえたら最高、と思った9人が書いてくれました。柴田元幸
角田光代/栗田有起/川上弘美ほか『女ともだち』

角田光代/栗田有起/川上弘美ほか『女ともだち』

2010年03月18日 小学館 1365円 ISBN-10:4093862710

人気女性作家による「派遣社員」作品集! 角田光代、井上荒野、唯野未歩子、栗田有起、川上弘美さんら人気作家5人が描く「女ともだち」。主人公は誰もが「派遣」。仕事や恋をからめた「友だち模様」が、じんわりとくっきりと描かれた魅力たっぷりの小説集。
栗田有起『コトリトマラズ』

栗田有起『コトリトマラズ』

2010年03月05日 集英社 1575円 ISBN-10:4087713385

インテリアデザインの会社に勤める望月華。密かな恋の相手は社長の能見。専務で社長の妻・裕恵が病気になり、二人の関係に少ずつ変化が起きてきた。彼の苦しみは華にとっても苦しみ。体が、心が悲鳴をあげる。楽になれるのではと実家に帰るも思い出したのは遠い日のこと。「ママが死体にキスをした」ことだった。あの記憶から私の人生ははじまったと華は思う。母に聞いてはみてもはぐらかされるばかりだった。同僚と裕恵のお見舞いに行った華は、彼女が能見と自分の関係に気づいていることを知るのだが。母の遠い昔の愛、そして今。華の現在の愛、そしてこれから。それぞれの愛を描いた恋愛小説。

このページへのコメント