佐川光晴『おれたちの故郷 (おれのおばさん)』

新刊・近刊情報

佐川光晴『おれたちの故郷 (おれのおばさん)』データ

2014年06月26日 集英社 1296円

ISBN:9784087715637

中学生ばかりが暮らす札幌の小さな児童養護施設・魴舎(ほうぼうしゃ)。
率いる恵子おばさんはいつだって真っ向勝負、エネルギッシュな変わり者で、
彼女の情熱にたくさんの子どもたちが生きる道を見つけてきた。
その魴舎が閉鎖の危機にさらされているという。
東北地方を襲った未曾有の震災から一年、耐震基準が問題視されたのだ。
今は魴舎を離れ仙台の高校に進んだ陽介、青森の高校で
バレーボール選手として活躍する卓也はすぐにおばさんのもとに駆けつける。
が、当の恵子おばさんは「無理する気はない」と宣言。
必死の思いで存続活動を始める陽介だったが、ある日、春高バレー進出を決める
大事な試合を前に卓也が寮を飛び出したとの連絡が。
卓也はどこへ向かっているのか? そしておばさんの真意は?
坪田譲治文学賞受賞作『おれのおばさん』、『おれたちの約束』、
織田作之助賞候補作『おれたちの約束』に続く待望の最新刊。

このページへのコメント