白石一文

新刊・近刊情報

白石一文の新刊・近刊情報

白石一文『幻影の星』

白石一文『幻影の星』

2014年09月02日 文春文庫 551円 ISBN:9784167901790

3・11が生み出した「傑作」

見つかるはずのない場所で見つかった「ぼくのコート」の謎を追う武夫は、やがてこの世界の秘密に触れる。「白石文学」の新境地!

白石一文『愛なんて嘘』

白石一文『愛なんて嘘』

2014年08月22日 新潮社 1728円 ISBN:9784103056546

誰といても孤独なのは、結局、この世界が人々の裏切りで満ち満ちているから。私にはもう、私しかいない。究極の自己愛を貫く短編集。

白石一文『翼』

白石一文『翼』

2014年07月25日 鉄筆文庫 648円 ISBN:9784907580001

白石一文『翼』発売情報。

白石一文『神秘』

白石一文『神秘』

2014年04月26日 毎日新聞社 2052円 ISBN:9784620108049

余命1年。末期がんを宣告された出版社役員の菊池は、治療を放棄し、ある確信をもって神戸に移住。病は果たして治るのか?渾身の長編。

白石一文『彼が通る不思議なコースを私も』

白石一文『彼が通る不思議なコースを私も』

2014年01月06日 集英社 1680円 ISBN:9784087715347

椿林太郎、元教師。本気で世界を変えようと思っている男。人は彼のことを「神の子」と呼ぶ──。
人間がそれぞれ生まれ持つ「時間」(寿命)とは何か。生への根源的な問いを投げかける渾身の一作。

白石一文『快挙』

白石一文『快挙』

2013年04月26日 新潮社 1365円 ISBN:9784103056539

変質しない夫婦関係などない。相手への興味を失っても、共に生きる。それこそが、夫婦――。結婚の有り様を問う傑作夫婦小説の誕生。

白石一文『砂の上のあなた』

白石一文『砂の上のあなた』

2013年03月28日 新潮文庫 662円 ISBN:9784101340722

僕が死んだら、愛する女性の骨と一緒に眠らせてほしい――。亡父が残した愛人への手紙。それは砂上の出会いから続く「運命」の結実だった。愛を失った夫。結婚を誓った元婚約者。愛人の息子を名乗る男。35歳の主婦・美砂子は、自らを取り巻く人間関係の根源に、千億の愛すら呑み込む「超越」をみる。生きるとは何か。人はなぜ、子を成すのか。果てなき愛への答えを示す、小説の究極。

白石一文『ほかならぬ人へ』

白石一文『ほかならぬ人へ』

2013年01月10日 祥伝社文庫 620円 ISBN:9784396338107

白石一文『ほかならぬ人へ』発売情報。

白石一文『火口のふたり』

白石一文『火口のふたり』

2012年11月09日 河出書房新社 1470円 ISBN:9784309021423

「私、賢ちゃんの身体をしょっちゅう思い出してたよ」純粋な、ひたすらの欲情に溺れるいとこ同士の賢治と直子。出口の見えない、男と女の行きつく先は? 極限の愛と官能を描く、著者新境地!

伊坂幸太郎/荻原浩/白石一文ほか『最後の恋 MEN'S』

伊坂幸太郎/荻原浩/白石一文ほか『最後の恋 MEN'S』

2012年05月29日 新潮文庫 578円 ISBN:9784101250557

男なら、とっておきの恋ほど誰にも見せない。だから本当の恋のクライマックスは、自分の心だけが知っている。忘れられない、忘れたくない気持ちはきっと、ひとりで大切にするものだから――男たちがどこか奥のほうにしまいこんだ「本気の恋」。7人の作家が描き出すのは、女には解らない、ゆえに愛すべき男心。恋人たちの距離を少しづつ、でも確かに近づける究極の恋愛アンソロジー。

このページへのコメント