中島らも

新刊・近刊情報

中島らもの新刊・近刊情報

中島らも『なれずもの』

中島らも『なれずもの』

2015年01月10日 イースト・プレス 文庫ぎんが堂 720円 ISBN:9784781671253

松尾スズキ絶賛!
「ロックは音楽の中にだけ流れているわけじゃあない。
会話の中からもロックは聞こえる」

2004年7月26日に急逝した、不世出のエンターテイナー中島らも最期の対談集。
「ずーっとならず者に"なれずもの"だった」
「なれずものの恨みゆうんは怖いもんやね」
柴山俊之、竹井正和、宇梶剛士、安部譲二、本上まなみ、松尾貴史。
一線で活躍する彼らもまた、小さい頃なりたかったものになれなかった"なれずもの"。
夢を叶えられない人のために書きたい、著者の熱い想いから生まれた一冊。

巻末特別寄稿「ロッカーに、なれずもの」では、
長女・中島さなえが、音源化されなかった幻の曲、最期にかわした言葉など、当時の記憶と今だからこその想いを綴る。

中島らも『ロカ』

中島らも『ロカ』

2014年07月15日 講談社文庫 691円 ISBN:9784062778626

長らく文庫化されたなかった、中島らも、最後の小説。
天才が予見した自らの未来は。

作家・小歩危ルカ、六十八歳。巨額の印税を得て以来、新宿のホテルで一人暮らし。相棒はWネックのギター「ロカ」。あとは酒と大麻と鮟鱇鍋。「IQが185もあると予知能力が備わる。だから私の予知したことは、ほぼ、九十六パーセント当たるんだ」。著者が急逝直前まで書いていた、問題の近未来の私小説。

もう、エンターテインメントはやめよう。
お楽しみはここまでだ。
これからは本当のことだけを言おう。
私という人間の「骨」の部分だけをさらけ出そう。

中島らも/ いしいしんじ『その辺の問題』

中島らも/ いしいしんじ『その辺の問題』

2013年08月28日 新潮文庫 662円 ISBN:9784101069319

思わず号泣した少女マンガ。ぞくぞくするくらいまずい塩辛。水瓶に用を足した上海の木賃宿。永遠に未遂に終わる美少年への恋愛。スーツにロンドンブーツで出勤した会社員時代。ジャマイカで襲ってきた山賊。ビーフシチューを食べていたなまぐさ坊主。破天荒なふたりが語り尽くした、世の中の隅っこにある愛すべき問題の数々。名言、名エピソード満載、世紀の爆笑対談エッセイ。

中島らも/中島さなえ『中島らもの置き土産 明るい悩み相談室』

中島らも/中島さなえ『中島らもの置き土産 明るい悩み相談室』

2013年07月05日 朝日文庫 714円 ISBN:9784022647085

2004年に惜しまれつつ逝った中島らもが、朝日新聞紙上で10年以上続けた人生相談のベストセレクション版! 代表作でありながら、没後、入手困難となっていた「Q&A」を中心に編み直し、イラストも新たに復刊。投稿された「お悩み」に対する、独自の発想と文体を駆使して綴られた「回答」ーーそこには、悩むことがアホらしくなる「らも節」の魅力が凝縮されていた!
編者は、らも氏の長女であり、作家としても活躍する中島さなえ氏。本文イラストは能町みね子氏の書きおろし!

中島らも『ロバに耳打ち』

中島らも『ロバに耳打ち』

2013年01月16日 講談社文庫 500円 ISBN:9784062774550

笑う門にもウツ来る!タイで悪戦苦闘した入院生活、初めて語った父と母。中島らもの独特なユーモアで綴る、笑って泣けるエッセイ集。

中島らも『あの娘は石ころ』

中島らも『あの娘は石ころ』

2012年01月17日 講談社文庫 580円 ISBN:9784062771573

ロックンローラー中島らもの音楽への愛! 爛酔の小説家そして孤高のロックンローラー中島らものハードコアエッセイ。十代の頃から書きためたオリジナルソング35篇と戯曲「ハードロックじじい」も収録!

中島らも『こどもの一生/ベイビーさん 中島らも戯曲選1』

中島らも『こどもの一生/ベイビーさん 中島らも戯曲選1』

2011年11月07日 論創社 1890円 ISBN-10:4846009769

中島らも『こどもの一生/ベイビーさん 中島らも戯曲選1』発売情報。

中島らも/小堀純『せんべろ探偵が行く』

中島らも/小堀純『せんべろ探偵が行く』

2011年07月20日 集英社文庫 600円 ISBN-10:4087467201

安くて美味い! 酒呑み垂涎の店が満載!!
「せんべろ」とは千円でべろべろになれるまで呑める店のこと。らもさん率いる酒をこよなく愛する中年たちが、全国津々浦々の安くて気取らない店をレポート。文庫化にあたり、特別座談会を収録。

このページへのコメント