町田康

新刊・近刊情報

町田康の新刊・近刊情報

町田康『残響 中原中也の詩によせる言葉』

町田康『残響 中原中也の詩によせる言葉』

レビューあり、レビューコーナーへ

2014年08月09日 講談社文芸文庫 1512円 ISBN:9784062902403

早世の天才詩人中原中也の詩57編に、現代文学を牽引する著者が耳を澄まし目を凝らして寄せた文章。時空を越え谺しあう詩人の魂!

町田康『猫とあほんだら』

町田康『猫とあほんだら』

レビューあり、レビューコーナーへ

2014年07月15日 講談社文庫 702円 ISBN:9784062778725

突如として引っ越しをしようと思い、物件を見に行ったら玄関の庇の下で二匹の子猫がふるえていた。掌に載るくらいに小さな猫だった。

筒井康隆/町田康/松浦寿輝ほか『名探偵登場!』

筒井康隆/町田康/松浦寿輝ほか『名探偵登場!』

2014年04月23日 講談社 1944円 ISBN:9784062189033

美人の常盤津師匠から祝言を目前に行方不明になった男の捜索を依頼される十手持ち(町田康『文久二年閏八月の怪異』)、周囲の同級生、往年の名女優などが次々に謎の妊娠(筒井康隆『科学探偵帆村』)、詩人と官僚と探偵がプラハで旧交を温めるかに見えるが(松浦寿輝く『四人目の男』)念願かなって状況、本郷団子坂に下宿した男が見つけたものとは?(木内昇『遠眼鏡』)ほか全13篇収録。

町田康『スピンク日記』

町田康『スピンク日記』

レビューあり、レビューコーナーへ

2014年04月15日 講談社文庫 918円 ISBN:9784062778183

私はスピンク。プードルです。小説家の主人・ポチ、美徴さん、キューティー・セバスチャンや猫たちとの暮らしについて申し上げます。

町田康『人間小唄』

町田康『人間小唄』

レビューあり、レビューコーナーへ

2014年01月15日 講談社文庫 630円 ISBN:9784062777421

国民の無意識に影響力を及ぼして混乱を招来する糺田両奴の文学を根底から破壊する。罠にはまった糺田に課された難題の行き着く果て。

町田康『猫のよびごえ』

町田康『猫のよびごえ』

2013年11月29日 講談社 1680円 ISBN:9784062186650

『猫にかまけて』以来、高い人気を誇るシリーズ待望の第4弾。
ボランティアに保護された猫を預かるうちに、猫の数が増えてゆく町田家。
ウイルスを持ち、人間におびえてなつかない猫から、海岸を散歩中に後をついてきた人なつこい猫まで、
さまざまな猫たちと不器用な飼い主との間で繰り広げられる、心温まる日常。
のどかな光景の中にも、生き物を飼うことへの真摯なまなざしと優しさが貫かれた傑作エッセイ。

町田康『ゴランノスポン』

町田康『ゴランノスポン』

レビューあり、レビューコーナーへ

2013年11月28日 新潮文庫 515円 ISBN:9784101319339

最高ってなんて最高なんだろう。僕らはいつも最高だ。明日またくる朝。浅漬――。現実から目を逸らし、表層的なハッピー感に拘泥する表題作「ゴランノスポン」。自らの常識を振りかざす人間の暴力性を浮かび上がらせ、現実に存在する歪みを描く「一般の魔力」。現代と中世が書物を介して烈しく混ざり合う「楠木正成」他、秘蔵小説7編を収録。笑いと人間の闇が比例して深まる、傑作短編集。

町田康『あなたにあえてよかった テースト・オブ・苦虫8』

町田康『あなたにあえてよかった テースト・オブ・苦虫8』

レビューあり、レビューコーナーへ

2013年11月23日 中公文庫 620円 ISBN:9784122058668

八年間毎週書き続けたエッセイを、書き終えて口中に広がったのは苦虫の味。一抹のさみしさとよろこびを胸に、いま堂々の最終巻!

橋本治/佐伯一麦/町田康ほか『12星座小説集』

橋本治/佐伯一麦/町田康ほか『12星座小説集』

2013年05月15日 講談社文庫 760円 ISBN:9784062775472

12星座作家豪華競演! 12人の作家が自らの星座に導かれて描き出す「運命と宿命」の物語。文庫オリジナル。

町田康『猫のあしあと』

町田康『猫のあしあと』

レビューあり、レビューコーナーへ

2012年12月14日 講談社文庫 580円 ISBN:9784062774239

縁あって町田家にやって来た猫たち。自宅だけでなく仕事場にも一頭、二頭と住み始め......。ロングセラー『猫にかまけて』待望の第二弾

このページへのコメント