宮沢章夫『彼岸からの言葉』

新刊・近刊情報

宮沢章夫『彼岸からの言葉』データ

2013年03月28日 新潮文庫 452円

ISBN:9784101463261

彼岸――それは人間の隠された暗部。精神科の待合室で「俺は何ともないけど、家族が行け行けってうるさいんだよ」と繰り返す老人。最大級の飴を「でかいでしょ」と誇らしげに口に含み、「アグァアガガ」と苦しんで訴える人。断るときは「やめてちょ」、驚くと「びっくりしたな、もう」、お礼は「ありがたや、ありがたや」と来る言葉のダダ漏れ男。元祖脱力エッセイスト、伝説の最高傑作。

このページへのコメント