村田沙耶香

現代文学100字レビュー

村田沙耶香プロフィール&ガイド

村田沙耶香(むらたさやか)―1979年、千葉県出身。小説家。

2009年『ギンイロノウタ』で第31回野間文芸新人賞、2013年『しろいろの街の、その骨の体温の』で第26回三島由紀夫賞受賞。

マイベストはこれ!

レビュー一覧

村田沙耶香『マウス

『マウス』の表紙画像
評価
★★★☆☆
発行
2008/03 講談社
種類
文学(小説)
目次
マウス
所要
1時間10分

クラスのなかでの空気読みと陣地取り、その息苦しさを表現しようとしたら狂気の域に入っちゃった。強固すぎるペルソナも怖いし、それを歓迎する共同体も怖いよ。「マウス感」は非リアルとしての迫力で伝わるけどね。

これから出る本、最近出た本

村田沙耶香『殺人出産』
2014年07月16日 講談社 1728円
村田沙耶香『ギンイロノウタ』
2013年12月24日 新潮文庫 515円
村田沙耶香『星が吸う水』
2013年02月15日 講談社文庫 550円

新刊・近刊をもっと見る

このページへのコメント