椎名誠『哀愁の町に霧が降るのだ 下』

現代文学100字レビュー

作品情報

椎名誠『哀愁の町に霧が降るのだ 下』の表紙画像
タイトル
哀愁の町に霧が降るのだ 下
かな
あいしゅうのまちにきりがふるのだ3
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
話はなかなか始まらない / まだ話は始まらない / 緊急対策中途解説の項 (ほか)
評価
★★★★★
レビュー
現在と過去を激しく行き交って、いろいろな挿話があって、どうやって終わったらいいのか分からない風に続いてきた物語もそれなりのトーンで終わる。でもまだ何も始まっていないので、続編へ引き継がれることになる。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント