椎名誠『もう少しむこうの空の下へ』

現代文学100字レビュー

作品情報

椎名誠『もう少しむこうの空の下へ』の表紙画像
タイトル
もう少しむこうの空の下へ
かな
もうすこしむこうのそらのしたへ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
島の映画会 / 海彦山彦 / 島の女 (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
紀行エッセイなのか私小説なのか、微妙な味わいだ。同じ浜辺でのキャンプでもあやしい探検隊的どたばたではなく一人旅の感傷であって、シェラカップのウィスキーがしみじみ効く。木のように踊る温枝さんがいい絵だ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント