宮本輝『ひとたびはポプラに臥す 5』

現代文学100字レビュー

作品情報

宮本輝『ひとたびはポプラに臥す 5』の表紙画像
タイトル
ひとたびはポプラに臥す 5
かな
ひとたびはぽぷらにふす5
著者
NDC
915 文学>日本文学>日記 書簡 紀行
目次
第14章 生きて帰らざる海 / 第15章 群れからはぐれて / 第16章 遠くの雪崩
所要
1時間50分
評価
★★★★☆
レビュー
ヤルカンドに至り、タクラマカン砂漠の上を吹き抜ける熱風に乗せる想いはこの旅の一つのクライマックス。「生きて帰らざる海」で人生の仕切り直しだ。そして峻厳な国境クンジュラーブ峠を越えてついにパキスタンへ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント