池澤夏樹『室内旅行 ― 池澤夏樹の読書日記

現代文学100字レビュー

作品情報

池澤夏樹『室内旅行』の表紙画像
タイトル
室内旅行
かな
しつないりょこう
副題
池澤夏樹の読書日記
著者
NDC
019 総記>図書館・図書館学>読書 読書法
目次
室内旅行 / 言葉の職人と木の職人と / ケーキと春画 (ほか)
所要
4時間10分
評価
★★★☆☆
レビュー
「本を読む人は室内にいるままで既に旅人である」という前段から始まる書評集。旅に関する本をということでもないのでいくつもテーマがあるのだが、これだけ幅広いジャンルの書を生活実感で語れるのはすごい博識だ。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント