清水義範『博士の異常な発明』

現代文学100字レビュー

作品情報

清水義範『博士の異常な発明』の表紙画像
タイトル
博士の異常な発明
かな
はかせのいじょうなはつめい
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
史上最大の発明 / 文明崩壊の日 / 袁孫の発明 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
すべて発明にからんだ短編群。今から1万年後を舞台に、新宿遺跡の発見から見えてきた1万年前の日本人の生活を語る「鼎談」はやはりこの人独特。趣向はありがちでも「東京砂漠」という古詩とか細部の切り取りが抜群。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント