松浦寿輝『もののたはむれ』

現代文学100字レビュー

作品情報

松浦寿輝『もののたはむれ』の表紙画像
タイトル
もののたはむれ
かな
もののたはむれ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
胡蝶骨 / 彗星考 / 黄のはなの (ほか)
所要
1時間30分
評価
★★★★☆
レビュー
初の小説集。方法論として手探りな部分もあるように思うが、路地裏をくねり歩いた先の異世界というようなモチーフの確かさ、不安を掻き立てる文体に入り込んでしまう。短編の短さで放り出されたような感は良し悪し。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント