池澤夏樹『キップをなくして』

現代文学100字レビュー

作品情報

池澤夏樹『キップをなくして』の表紙画像
タイトル
キップをなくして
かな
きっぷをなくして
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
キップをなくす / 駅の仲間 / 甲州焼肉弁当 (ほか)
所要
2時間10分
評価
★★★☆☆
レビュー
キップをなくした子供たちが駅のなかで生活する。電車乗り放題、駅弁食べ放題、でも家には帰れないなんてファンタジー。北海道旅行にもなっちゃって鉄道旅好きには楽しい展開なのだが、主調は死生観が鳴ってる作品。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント