椎名誠『続 怪しい雑魚釣り隊 ― サバダバサバダバ篇

現代文学100字レビュー

作品情報

椎名誠『続 怪しい雑魚釣り隊』の表紙画像
タイトル
続 怪しい雑魚釣り隊
かな
ぞくあやしいざこつりたい
副題
サバダバサバダバ篇
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
カンパチは八丈島の虚空に散った / チンポコ島奇譚―伊江島は高血圧に負けた / 妄想的アサリ・ハマグリザクザク作戦 (ほか)
所要
2時間50分
評価
★★★☆☆
レビュー
雑魚釣り隊、第二弾。年寄りからドレイまでわいわい釣りキャンプ。釣りじゃなくて潮干狩りの回もあったり、ビールと麻雀のほうが大事な時間だったりして、ゆるいレジャーで相変わらず。雑魚でも釣果はぜんぶ食うぜ。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント