川上未映子『発光地帯』

現代文学100字レビュー

作品情報

川上未映子『発光地帯』の表紙画像
タイトル
発光地帯
かな
はっこうちたい
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
スノードーム前々夜 / 濡れた髪もあたらない / わたしはあなたに感謝します (ほか)
所要
1時間30分
評価
★★☆☆☆
レビュー
「食のエッセイ」という依頼なのに食にぜんぜん関心ないのはプロとしてどうなんだというか、たまーに食べ物の話が出てきてもやっつけ仕事ぎみ。光る言葉はあるので半端にやらないで仕切り直したほうがお互いいいね。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント