堀江敏幸『いつか王子駅で』

現代文学100字レビュー

作品情報

堀江敏幸『いつか王子駅で』の表紙画像
タイトル
いつか王子駅で
かな
いつかおうじえきで
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
いつか王子駅で
所要
2時間20分
評価
★★★☆☆
レビュー
穏やかな下町生活。刺青と飲み屋と競馬と、でもこんなに洗練されてるのは性善的な慈しみゆえか。全体的に長センテンスなのに緩まない文章。特に咲ちゃんが走るラストシーンでのブレスの長さは技巧も熱量も完成品感。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント