いしいしんじ『みずうみ』

現代文学100字レビュー

作品情報

いしいしんじ『みずうみ』の表紙画像
タイトル
みずうみ
かな
みずうみ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
みずうみ
所要
2時間40分
評価
★★★★☆
レビュー
水が至るところで溢れだす、明喩でも暗喩でも。湿気ばかりで前が見えず端的に読みづらいのだけど、産まれる前、意識が形造られる前の混沌に触れているような根源感がある。それゆえ第三章の哀しみが体の水分に届く。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント