佐川光晴『おれのおばさん』

現代文学100字レビュー

作品情報

佐川光晴『おれのおばさん』の表紙画像
タイトル
おれのおばさん
かな
おれのおばさん
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
おれのおばさん
所要
1時間50分
評価
★★★☆☆
レビュー
父親が逮捕され児童養護施設に預けられる少年、施設を運営する豪胆な伯母、子供の成長と大人の役割みたいなものが軸。個性的な登場人物が多く、鉄オタとか余剰感があちこちに伸びてるけど、逆にルポ的に読みやすい。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント