古川日出男/黒田潔『舗装道路の消えた世界』

現代文学100字レビュー

作品情報

古川日出男/黒田潔『舗装道路の消えた世界』の表紙画像
タイトル
舗装道路の消えた世界
かな
ほそうどうろのきえたせかい
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
人 / 鰐 / π (ほか)
所要
1時間30分
評価
★★★☆☆
レビュー
ドローイングと朗読のパフォーマンスアートみたいになった短編集。ライブじゃないのに即興的。といっても絵と文はあまり呼応してなくて、ちょっと世界が掴みづらい、死者たちの物語。絵も記憶も消えてゆく道の先に。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント