高橋源一郎『非常時のことば ― 震災の後で

現代文学100字レビュー

作品情報

高橋源一郎『非常時のことば』の表紙画像
タイトル
非常時のことば
かな
ひじょうじのことば
副題
震災の後で
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
非常時のことば / ことばを探して / 二〇一一年の文章
所要
2時間30分
評価
★★★☆☆
レビュー
震災後~を取っ払って文章読本として読めば、ジャン・ジュネも苦海浄土も美しい文章だし『神様2011』の意志にも感じ入るけど、高橋源一郎のことばとしては「震災前から言ってたこと」感がある。ブレないとも言うが。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント