小川洋子『猫を抱いて象と泳ぐ』

現代文学100字レビュー

作品情報

小川洋子『猫を抱いて象と泳ぐ』の表紙画像
タイトル
猫を抱いて象と泳ぐ
かな
ねこをだいてぞうとおよぐ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
猫を抱いて象と泳ぐ
所要
4時間
評価
★★★★★
レビュー
チェスの宇宙に生きた少年の物語。出会いと別れ、波乱に満ちた人生なのに、こんなにも静けさに満ちている。盤上(と机の下)に流れる美しく整った時間に見とれてる間に驚きのラスト。読み終わるのが惜しい親密な世界。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント