町田康『スピンク合財帖』

現代文学100字レビュー

作品情報

町田康『スピンク合財帖』の表紙画像
タイトル
スピンク合財帖
かな
すぴんくがっさいちょう
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
地獄の箱根行で病を得る / シードのこと(一) / シードのこと(二) (ほか)
所要
2時間20分
評価
★★★☆☆
レビュー
『スピンク日記』続編、犬目線での身辺雑記エッセイ。猫エッセイと比べて犬だと全般に野外、おでかけ系のエピソードが多くなるので広がりが出るね。庭の鯉池の話がなかなかすごい、1m級の鯉もいる池が庭にある生活。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント