椎名誠/沢野ひとしほか『帰ってきちゃった発作的座談会 ― 「超常的空論」ファイナル

現代文学100字レビュー

作品情報

椎名誠/沢野ひとしほか『帰ってきちゃった発作的座談会』の表紙画像
タイトル
帰ってきちゃった発作的座談会
かな
かえってきちゃったほっさてきざだんかい
副題
「超常的空論」ファイナル
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
朝、目が覚めたら一人だった!? / 最強の筆記具は何か / 百年後にはどうなっているか? (ほか)
所要
2時間10分
評価
★★★☆☆
レビュー
「老化でもう面白いこと話せません」という宣言が潔い座談会。しかも半分は既刊本からの再録なので明確にこれがファイナル。でも全部読んだ僕からしてもくだらなさすぎて(褒め言葉)過去の忘れてる。楽しい読み物よ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント