襟裳岬

物語の舞台への旅

襟裳岬 - 松尾スズキ『ぬるーい地獄の歩き方』の舞台

襟裳岬(北海道・えりも町)

写真

『襟裳岬』の「何もない~春です~」っていう歌。あれ、本当。何もないんですよ。自衛隊の駐屯地があるだけなんですよ。あと、灯台。

北海道の日高山地から南に突き出した岬、襟裳岬。「何もない春です」というのは森進一が歌った「襟裳岬」の歌詞ですが、そんな何もないところに彼は何をしにきたのかと言えば、昆布漁バイト。

昆布の山地、襟裳岬で住み込みバイトする学生時代の地獄を、北原万誠氏が語っています。

襟裳岬について

襟裳岬(えりもみさき)は、北海道幌泉郡えりも町えりも岬に属し、太平洋に面する岬。北緯41度55分28秒、東経143度14分57秒。北海道の形を大きく表徴する自然地形の一つである。日高山脈の最南端で、太平洋に向かって南へ突き出した岬である。海上にまで岩礁群も伸びている。

日高山脈の南端部に位置するものであり、沖合い7 kmまで岩礁が連なる。岬の周囲は高さ60 mに及ぶ断崖となっており、三段に及ぶ海岸段丘が発達している。眺望が開けており、日高山脈襟裳国定公園の中核を成す観光地となっている。

風が強いことで知られる。風速が計測できる全国900以上の山岳を除くアメダス地点で、年平均風速がもっとも大きいのが襟裳岬の観測地点である。1981-2010年の年平均風速は8.2 m/s。風速10メートル以上の風の吹く日が年間290日以上ある。

岬上の襟裳岬灯台は海抜73 mに位置し、光達22海里。1889年に初点灯した。他に霧笛が備えられている。2009年4月10日までは無線方向探知局も備えられていた。沖合で暖流の黒潮(日本海流)と寒流である親潮(千島海流)とがぶつかり、濃霧が発生しやすいためである。また強風が吹きやすいことでも知られる。

地名の由来は、アイヌ語の「エンルム(enrum)」(岬)または「エルムン(ermun)」(ネズミ)などがある。

by Wikipedia

このページへのコメント