すすきの

物語の舞台への旅

すすきの - D[di:]『ファイアースターマン日記』の舞台

すすきの(北海道・札幌市中央区)

写真

札幌駅に着き、次に地下鉄に乗ってススキノのホテルにチェックインをすますと、萩原が、まずは腹ごしらえですねと言って、ホテルの近くにある札幌に来たら絶対行くというラーメン屋に入った。

自分たちを捨てて行方をくらませてしまった母親が札幌に住んでいると知り、訪ねてゆく主人公。それなりに緊迫する遠出なのだが恋人未満な男の子が一緒についてくるという、それもまた不思議なシチュエーションです。

すすきの周辺には有名なラーメン屋がいくつもありますね。

すすきのについて

すすきの(Susukino)は、北海道札幌市中央区にある歓楽街・繁華街である。薄野、ススキノとも表記される。歌舞伎町(東京都新宿区)、中洲(福岡県福岡市)と合わせて日本三大歓楽街と呼ばれる事もあり、東京以北で最大の歓楽街であるが、飲食店・風俗店から大型商業施設・外資系ホテルまで、あらゆるジャンルが混在する巨大繁華街でもある。現在では、日本国内はもとより外国人の姿も多く、特にさっぽろ雪まつり開催時には国外からの観光客も訪れ、更にも増して国際色豊かになる。

現在はすすきのという正式な地名はないが、すすきの交差点、すすきの駅(札幌市電、札幌市営地下鉄)などの名称として広く用いられている。すすきのという地名が示す地域の範囲は曖昧であるが、すすきの観光協会では、南北は南4条の都通から南6条の間、東西は西2丁目から西6丁目の間と定めている。

薄野という地名の由来は、当時の開拓判官であった岩村通俊が遊郭建設に携わった開拓監事の薄井龍之の名をとって命名したという説が広く知られているが、周辺にススキが生い茂っていたことから東京・吉原の「ヨシ」を「ススキ」に替えて洒落たという説もある。

by Wikipedia

このページへのコメント