札幌

物語の舞台への旅

札幌 - 穂村弘『現実入門』の舞台

札幌(北海道・札幌市)

写真

 札幌は相変わらず不思議な明るさを感じさせる町だ。
 アロハシャツの専門店がある。北国にアロハシャツっていうのは明らかに妙だが、この町のそういうリアリティのなさを私は気に入っている。

そういえば穂村弘は札幌生まれでしたね。そういう、リアリティのなさを包まれて育つとこういう作家ができあがるんでしょうか。大崎善生なんかも札幌出身の人ですね。

私は札幌には中学時代の子供会と、高校時代の修学旅行と、数年前の社員旅行と3回行ったのですが、どの回も「ラーメンを食べた」という記憶しかありません。どんな町だっけ?

札幌市について

札幌市(さっぽろし)は、北海道にある政令指定都市で、道庁所在地、および石狩振興局所在地。

国内有数の都市で、市域人口は約196万人で東京特別区、横浜市、大阪市、名古屋市に次ぐ国内第5位。

北海道の首位都市(プライメートシティ)で、市域人口では全道の約35%を、都市圏人口では約半分を占める。同道の政治、経済、産業、教育、文化、芸術ほか多くの分野の中心地。地理的には同道の西部であるが、鉄道網や高速道路網、航空網なども次第に同市を中心に整備が進み、現在では交通や観光の中心地ともなっている。

10の行政区がある。

by Wikipedia

このページへのコメント