二俣尾

物語の舞台への旅

二俣尾 - 村上春樹『1Q84』の舞台

二俣尾(東京都・青梅市)

写真

二人が降りたのは「二俣尾」という駅だった。駅の名前には聞き覚えがなかった。ずいぶん奇妙な名前だ。小さな古い木造の駅で、二人のほかに五人ほどの客がそこで降りた。

青梅線の駅、二俣尾。「1984年」にはあった小さな古い木造の駅舎は現在は撤去されています。

引用してみると「ずいぶん奇妙な名前だ」という表現がずいぶん奇妙であることに気づきますが、二俣尾という言葉が何かキーにもなってるのでしょうか。

二俣尾駅について

二俣尾駅(ふたまたおえき)は、東京都青梅市二俣尾四丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)青梅線の駅である。

by Wikipedia

このページへのコメント