東京タワー

物語の舞台への旅

東京タワー - 高橋源一郎『「悪」と戦う』の舞台

東京タワー(東京都・港区)

さっきと同じように、そのことばが、『ALWAYS 三丁目の夕日』では建築中だった、いまはビルの陰から、上の三分の一ほどが見える、首都のシンボルでもある塔の方に向かって、昇ってゆくのを、わたしは、じっと見つめていました。

なんだか持って回った言い方ですが東京タワーですね。東京スカイツリーに役割としても話題としても奪われつつあり、これまで以上にノスタルジックな存在になってゆく東京タワー。

作中では「ミアちゃん」の母親のつぶやきを聞きながら、主人公が公園から見上げる東京タワー、です。

東京タワーについて

東京タワー(とうきょうタワー、Tokyo Tower)は、東京都港区芝公園にある総合電波塔の愛称である。。1958年12月23日竣工。東京のシンボル・観光名所として知られる。

日本の「塔博士」とも称される内藤多仲(ないとう・たちゅう)らによって設計された(詳細は設計を参照)。

高さは333mと広報されており(海抜351m)、塔脚の間隔は88.0m。総工費約30億円、1年半(1,974,015時間/543日間)と延べ219,335人の人員を要して完成した。地上125m(海抜約150m)と223.55m(海抜約250m)に展望台を有したトラス構造の電波塔である。

1963年4月15日に東京タワーを使用した社名として「東京タワー観光バス」が設立された。同社は1969年10月2日に国際興業に買収され、1972年4月1日に合併された。

;関連会社

*株式会社東京タワースタジオ

*株式会社東京タワーパーキングセンター

by Wikipedia

このページへのコメント