下高井戸

物語の舞台への旅

下高井戸 - 小林恭二『ゼウスガーデン衰亡史』の舞台

下高井戸(東京都・杉並区)

一九八四年、下高井戸二丁目十九番の二百坪そこそこの借地からスタートした下高井戸オリンピック遊技場は、一九八五年には借地を買いあげた上に、東進して明治大学和泉校舎まで達し、永福一丁目の六、七、八番地をその版図に収めた。

巨大化する遊園地の栄光の軌跡。SFです。

「下高井戸二丁目十九番」、地図を見てみたら、聞いたこともない宗教団体の本部がありました。小説には別に関係もないですが、Googleマップで見て「む?」と思ったのは事実。話を変えるわけじゃないですけど、下高井戸駅は世田谷区松原3丁目にあって、下高井戸2丁目は杉並区なんだな。わかりにくい。

そう言いながら写真は下高井戸駅です。

下高井戸駅について

下高井戸駅(しもたかいどえき)は、東京都世田谷区松原三丁目にある、京王電鉄・東京急行電鉄(東急)の駅である。

京王電鉄の京王線と、東急の世田谷線が乗り入れ、接続駅となっている。駅番号は京王線がKO07、世田谷線がSG10。

by Wikipedia

このページへのコメント