富山駅

物語の舞台への旅

富山駅 - 宮本輝『天の夜曲』の舞台

富山駅(富山県・富山市)

写真

富山駅に着いたのは夜の十一時だった。神通川を渡るとき、吹雪は、風に吹かれて左右に舞うだけの、重そうな牡丹雪に変わっていた。

大阪を引き払い、人を頼って富山へやってきます。冬の北陸はずっとどんよりしてますからね、この先の運命を暗示するような、雪に埋もれた田舎町。

芥川賞受賞作である『螢川』も舞台は富山なのですが、宮本輝自身に富山生活の体験があるんでしたっけ。気候や風土の描写も堂に入ったものです。

「それがなかなか届かんがやちゃ。約束の納期は五月二十八日やったがに。あれがないと仕事が始まらんですちゃ」なんて方言は、ニュアンスみなさんお分かりになるものなんでしょうか。石川県生まれの私にはアクセントもパーフェクトに伝わりますが。

富山駅について

by Wikipedia

このページへのコメント