尼崎

物語の舞台への旅

尼崎 - 宮本輝『花の回廊』の舞台

尼崎(兵庫県・尼崎市)

写真

阪神電車の尼崎駅には歩いて五、六分で、大阪と神戸を結ぶ阪神バスの東難波の停留所の前という立地条件は、何か小商いをするには有利なうえに、家賃が安い。それに国道二号線、通称「阪神国道」の北側の裏道に面していて、近辺には尼崎地方裁判所と家庭裁判所があり、弁護士事務所と司法書士事務所が集まっている。

一文無しになった熊吾が大阪でふたたび事業を展開する。10歳の息子・伸仁は熊吾の妹に預けられる形で、尼崎のアパートで暮らします。朝鮮人の住人が大半をしめる安アパートで、警察沙汰の事件がいっぱい起こる場所です。

東難波界隈は阪神尼崎駅のそばで、JR尼崎駅からはけっこう離れています。

尼崎市について

尼崎市(あまがさきし)は、兵庫県南東部に位置する市である。中核市に指定されている。

by Wikipedia

このページへのコメント