黒崎

物語の舞台への旅

黒崎 - 松尾スズキ『老人賭博』の舞台

黒崎(福岡県・北九州市八幡西区)

写真

白崎の空は勉強に集中できない子供の目つきのようにどんよりしていた。駅を出て振り返ると、駅ビルや隣接するデパートはデンとして大きいが、古いうえにメンテナンスができていないせいで、やたらとくすんでいる。

「白崎」は北九州、小倉駅から電車で数十分のところにある町ということになっています。現実に同位置に存在するのは「黒崎」です。状況から見ても黒崎と思ってまず問題はないでしょう。

黒崎は北九州の中心都市のひとつですが、2000年のそごう撤退をはじめ、駅周辺の商業施設が次々潰れたりして商業的にはかなり厳しい状況。

「シャッター商店街」になった町を復活させよう!とする映画を、白崎でロケする風景が描かれる小説です。

黒崎_(北九州市)について

黒崎(くろさき)は、福岡県北九州市八幡西区の中心街で繁華街かつ歓楽街。北九州市西部の黒崎駅周辺の地域を指し、北九州市の副都心を成す。

九州の大動脈である国道3号および鹿児島本線が中心部を東西に並行して貫いている。その南側は商業地で、北側は安川電機、三菱化学、黒崎播磨などの工場が洞海湾沿岸に立地し北九州工業地帯の一郭を形成しており、対照的な景観を見せている。

by Wikipedia

このページへのコメント