パリ

物語の舞台への旅

パリ - 平野啓一郎『葬送』の舞台

フランス・パリ

ノアンから帰った日よりずっと、パリでは陰々とした曇天の日が続いていたが、十二月に這入るとそれに雪が加わって、時折積っては、街全体を、水に濡れて白の滲んだ水彩画のような輪郭の甘い景色にした。

19世紀、革命のパリ。ショパンとドラクロワのパリ。日本では江戸後期、まだチョンマゲな時代のパリ。

歴史の表舞台に立つことをやめてしまった国という印象が、現代のヨーロッパ諸国には漂っていて(個人的見解)、フランスもまた然り。現代のパリに比べ、この頃の「パリ」のほうが存在感があります。
ドラクロワの『民衆を導く自由の女神』は、動の時代にあったパリがしっかり刻まれてますね。

『民衆を導く自由の女神』はみんな見たことあるでしょうけど↓このへんとかに。(ウィキペディア)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%AF

そういえば彼のデビュー作『日蝕』での舞台は15世紀のフランスでした。自ら「ロマンティック三部作」と呼ぶ、『日蝕』『一月物語』、そして『葬送』。ロマンティックな時代のロマンティックなパリです。

パリについて

by Wikipedia

このページへのコメント