ベルリン

物語の舞台への旅

ベルリン - 大江健三郎『取り替え子(チェンジリング)』の舞台

ドイツ・ベルリン

革命前の、ベルリンに別邸を建てる流行のなかで、ロシアの富豪が特別に贅をつくしたという、正面二階のバルコンから円柱が屋根を押し上げるファサドにはギリシァ風の壁画さえある巨大な建物が、内部を改造されて高等研究所のアパートになっている。

1999年にベルリン自由大学の客員教授としてドイツに滞在していた体験を下敷きに。主人公古義人はあくまでもnot大江健三郎なんですが、そのままっちゃあそのまま。

高等研究所は彼の滞在中に暮らした場所です。

ベルリンについて

by Wikipedia

このページへのコメント