レマン湖

物語の舞台への旅

レマン湖 - 小澤征爾/村上春樹『小澤征爾さんと、音楽について話をする』の舞台

スイス・レマン湖

ロールには泊まれるホテルがなかったので(小さな町だから宿泊施設の数は限られている)、車で十五分くらいの距離にあるニヨン(Nyon)という、やはりレマン湖畔の町に滞在した。ホテルの近くに、湖でとれた魚料理を出すおいしいレストランがいくつかある。

スイスはレマン湖畔、ロールという町で開催される「小澤征爾スイス国際音楽アカデミー」。村上春樹が「特別ゲスト」として参加、見てきたレポートが入っています。インタビュー集である本書のなかでも読んでて楽しい変化のある部分。

ロールはニヨンとローザンヌの間という位置ですが、レマン湖の北岸沿いにあります。

レマン湖について

レマン湖(レマンこ、Lac Léman) は、スイスとフランスにまたがる、中央ヨーロッパで二番目に大きい三日月型の湖。面積の約2/5がフランス(オート=サヴォワ県)に属し、約3/5がスイス(ヴォー州、ジュネーヴ州、ヴァレー州)に属す。英語での名称はジュネーヴ湖(Lake Geneva)と言う。漢字で「寿府湖」(旧字体では「壽府湖」)と表記される。

ローヌ川で地中海とつながっている。スイス-フランス間を渡航する個人船には税関の監視が比較的緩いといわれる。

約15,000年前の氷河期の後、ローヌ地方の氷河によって削られてつくられたといわれている淡水湖。ラムサール条約の指定湖沼の一つになっている。

by Wikipedia

このページへのコメント